« キジ(雉)が裏庭を訪問してくれました | トップページ | 四国周遊(2): 坂本竜馬と桂浜 »

2009/12/06

四国周遊(1): 金刀比羅宮

暦のうえでは冬に入りましたが、まだ山野は晩秋の紅葉に彩られている四国路を、バスでぐるりと一周りして来ました。12月1日、ANA533便で羽田をたち、高松空港に着いて、第1日目は海上交通の守り神として知られている金刀比羅様にお詣いりしました。

Ha01091201s01b2kotohiraguu01002
↑ 金刀比羅宮が鎮座する象頭山。

Ha01091201s01b2kotohiraguu06002 Ha01091201s01b2kotohiraguu08002

↑ 本宮まで785段、奥社までは1368段の石段を登ります。参道の両脇には色々なお店が並んでいます。目移りしますが、時間がないのでさっさと登ります。

Ha01091201s01b2kotohiraguu14003 Ha01091201s01b2kotohiraguu14503

↑ 疲れたら、綺麗な黄葉・紅葉を眺めて休みます。

Ha01091201s01b2kotohiraguu15002
↑ 最初のお社「旭社」:ご神体は天御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、御邪那美神、天照大御神、天津神、八百万神で、諸々の神が祀られています。

Ha01091201s01b2kotohiraguu25002
↑ 三穂津姫社:ご神体は三穂津姫(大物主神の后)です。 清水次郎長の名代で御参りに来た森石松は本宮と間違えて、次郎長に依頼された刀をこのお社に奉納したという。帰路命を落としたのは、この間違いによって、ご利益が得られなかったためであろうと言われている(地元のガイドさん談)

Ha01091201s01b2kotohiraguu29002 Ha01091201s01b2kotohiraguu33002

↑ 本宮までの石段は786を数えたが、この数は’悩む’に通ずるので、ここで一段下げました(左写真)。
そして、また石段をあがって(右写真)、正味785段で本宮につきます。

Ha01091201s01b2kotohiraguu34002
↑ 本宮:ご神体は大物主神と崇徳天皇。ここから、さらに登ると奥社があるが、そこまでは行きませんでした。 

Ha01091201s01b2kotohiraguu56502
↑ 境内の標高251mでここからの讃岐平野の眺望はすばらしい。
正面に見える山は飯野山(標高421.9m)で別名「讃岐富士」とも呼ばれている。

|

« キジ(雉)が裏庭を訪問してくれました | トップページ | 四国周遊(2): 坂本竜馬と桂浜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
金比羅宮は何度かお参りしましたが、石段がきつかったことが
印象に残っています。
好いお天気に恵まれて良かったですね。

投稿: mico | 2009/12/06 18:54

金毘羅宮の石段 800段近くも大変でしたね、
ぴょんぴょんさん健脚、すごい!good
私は途中でギブアップしてしまいそうですが、讃岐平野の眺望は素晴らしいですね。
森の石松の話も面白かったです。
四国の旅 これからも楽しみにしていますhappy01

投稿: zucca | 2009/12/06 20:10

ぴょんぴょんさん、お帰りなさい
四国へ行かれたのですね。
私はまだ一度も行ったことがありません。
金毘羅さんというと、「金毘羅船船・・・」と言う歌を思い出します。子供の頃のことで、「マワレバシコクハサンシュウナカノゴオリゾズサンコンピラダイゴンゲン」と、意味もわからず覚えていたのですが、象頭山と、初めて知りました(笑)
いつか行ってみたいです。

投稿: kyara-mama | 2009/12/07 00:02

四国へお出かけだったんですね。
この所、インフルエンザや風邪が流行っているので、
心配しておりました。
金比羅さんいいですね。
紅葉もきれいですし、山からの眺めも絶景ですね。
飯野山の別名「讃岐富士」と言われるように、
確かにミニ富士山のようですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2009/12/07 07:03

mico さん、今日は
四国を一巡りしてきました。
金比羅様、40年くらい前にお参りしたのですが、そのときは、階段がきつかったということは覚えているのですが、あとはすっかり忘れていました。
今度、登った時は、きついものと覚悟していたせいでしょうか、それほどばてずに登れました。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/12/07 16:40

zucca さん、今日は
休み、休み、景色を見ながら登ると、いつの間にか登れますよ。
地元のガイドさんの説明が大変おもしろかったです。
「あと1cm(地図上の)で本宮だよ、頑張って・・・」と皆んなを笑わせていました。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/12/07 16:48

kyara-mama さん、今日は
菜園や庭が一段落しましたので、旅行に出かけました。
「金毘羅船船・・・」と言う歌、私も最初の方は覚えていますが、全部は覚えていません。私の家内はかなり覚えています。子供の頃、意味も分からずに覚えた歌や方言などが、大人になって、「ああ、このことか」と、了解することがありますね。
子供には「象頭山金比羅大権現」とは何か、判らなかったかも知れませんね。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/12/07 17:07

どてかぼちゃ さん、今晩は
菜園、庭の仕事が一段落したので、暖かい四国に出かけました。四国は何回か出かけたのですが、断片的な旅行でしたのでゆっくりできませんでした。今回は、バスによるおまかせ四国一週観光旅行なのでゆっくりできました。四国では、まだ市電が走っていて面白かったです。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/12/07 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/46946282

この記事へのトラックバック一覧です: 四国周遊(1): 金刀比羅宮:

« キジ(雉)が裏庭を訪問してくれました | トップページ | 四国周遊(2): 坂本竜馬と桂浜 »