« ニュージーランド旅行(1):クライストチャーチ「モナ・ヴェイル」 | トップページ | マオリの踊り »

2010/03/16

ニュージーランド旅行(2):クライストチャーチ「大聖堂」

クライストチャーチ・大聖堂(The Cathedral)は、クライストチャーチ市を象徴する教会で、1864年に建設が開始され、40年の工事を経て 1904年に完成したコロニアル・ゴシック様式のキリスト教会です。

Ta01100309092003016nzcathedral01 ↑ クライストチャーチ大聖堂。 設計者は英国生まれで、1850年にツライストチャーチに移住して、クライストチャーチの建設に功績をあげた建築家ベンジャミン・マウントフォート。大聖堂の他に、カンタベリー博物館、カンタベリー地区議会堂などの設計をしている。

    Ta01100309095003007nzcathedral02  Ta01100309095203006nzcathedral02_2

↑ 大聖堂の内部。設計の特色は、ゴシック・リバイバル様式を基本として、石材と木材をうまくとり合わせたデザインで建物が建てられていることで、石と木が見事に調和し、建物に温かみが感じられる。

Ta01100309095003008nzcathedral02   ↑ 大聖堂の天井。船底のような構造になっている。木材は、現地のバンクス半島から切り出したマタイとトタラ(いずれもマキ科の針葉樹)を使用している。

Ta01100309093103013nzcathedral01 ↑大聖堂前の広場。マオリ族の人が、マオリの踊りを披露していました。

広場の脇には、2001年にカンタベリー創設150周年を記念して造られた「聖杯」のモニュメントが見られる。

  Ta01100309093003014nzcathedral01  Ta01100309093203012nzcathedral01

↑ マオリの踊り。 動画(↑別掲)をとりましたのでご参照ください。

|

« ニュージーランド旅行(1):クライストチャーチ「モナ・ヴェイル」 | トップページ | マオリの踊り »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

突然のコメントで申し訳ありません。
私はニュース番組のディレクターをしているものですが、
ブログ内の大聖堂の写真をお借りできないかという
ご相談をしたくてコメントしました。
全くこちらの事情ですが、早急に、本日(22日)中に
連絡を取れればと思います。
不躾で申し訳ありませんがメールくださいませ。

投稿: 大黒 | 2011/02/22 20:15

大黒 さま
ちょっと気がつくのが遅れました。今からでも間に合うようでしたら、出典・撮影者ぴょんぴょん を明記してくださるのなら、どうぞご自由にお使いください。
TVでクライストチャーチ大聖堂・ベルタワーが大地震で破壊されているのを見ました。日本の語学研修生も災難に会ったようで、その安否が気使われます。がれきの下に埋もれてしまった人たちの救助は、一刻も早い救助を要します。特別救援機を派遣するなど、ニユージーランド政府と協力して、日本政府の危機管理機能の迅速にして、かつ遺憾無き発揮を切望します。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/02/23 06:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/47828350

この記事へのトラックバック一覧です: ニュージーランド旅行(2):クライストチャーチ「大聖堂」:

« ニュージーランド旅行(1):クライストチャーチ「モナ・ヴェイル」 | トップページ | マオリの踊り »