« ニュージーランド旅行(3):クライストチャーチ「エイボン川のほとり-追憶の橋・ビクトリア広場」 | トップページ | カンタベリー博物館 »

2010/03/18

ニュージーランド旅行(4):クライストチャーチ「エイボン川のほとりの野鳥」

クライストチャーチの街中を流れるエイボン川(Avon River)河畔の散策で、いろいろな水鳥に会いました。

Ta100309073703021nzavonriver05 ↑ ビクトリア市西北郊外モナ・ベール(Mona Vale)庭園の中を流れるエイボン川。

  Ta100309073003013nzavonriver01_2  Ta100309074403016nzavonriver02_2

↑ カルガモの親子に会いました。

Ta100309073103012nzavonriver01↑  この鳥もカルガモ? カルガモにしては顔が黒っぽい。

Ta100309074103012nzavonriver06l_2 ↑  モナ・ベールのパント乗り場。"Punting on  the Avon"

Ta100309090703009nzavonriver01 ↑ ビクトリア広場:タウンホール前の川岸には、カワウがいました。人慣れしているようで、すぐ近くに寄っても逃げようとしませんでした。 緑色をした瞳が印象的です。

Ta100309090003019nzavonriver04 ↑ マオリの彫刻ポウ(Pou)。マオリ族との紛争を解決するために締結されたワイタンギ条約を記念して建てられたという。ビクトリア広場タウンホール前。

  Ta100309090803006nzavon02_2  Ta100309090803008nzavonriver01_2 

↑ カモメの仲間のようです(ビクトリア広場)。

  Ta100309090503011nzavonriver01_2  Ta100309091003007nzavonriver01_2 

↑ 左:種名不祥。  右の鳥はカモの仲間かな?(ビクトリア広場)。

|

« ニュージーランド旅行(3):クライストチャーチ「エイボン川のほとり-追憶の橋・ビクトリア広場」 | トップページ | カンタベリー博物館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい!
よいお天気でよかったですね。
すばらしい写真、堪能させていただいておりますheart02
素敵な風景だけでなく、鳥も忘れずばっちり撮られて、
さすがぴょんぴょんさん!scissors

で、調べてみました。
カルガモはマミジロカルガモ、 
一番下の写真はクロアカツクシガモのメス(左)、オス(右)のようです。
カモメは、日本のでさえ難儀している初心者weepなのではっきりはわかりませんが、
アカハシギンカモメ・・・かも?
左が2、3年目の若、右が成鳥に見えます。
若いうちは、くちばしや足が黒っぽいのだそうです。
よく似たハシグロカモメは逆に、
若いうちはくちばしや足が赤っぽいのだとか・・・coldsweats02
写真のくちばしの形や翼の模様から
両方ともアカハシギンカモメではないかと思いましたが、どうでしょう?

投稿: kyara-mama | 2010/03/19 01:15

kyara-mama さん、今晩は。
ニュージーランドから、無事、帰ってきました。
日本で見て、おなじみの鳥もいましたが、ちょっと変わっているなと思われる鳥にも沢山会いました。珍しい鳥にも会いましたが、ゆっくりできなかったので、なかなか良い写真は撮れず、涙をのんで帰ってきました。でも、見るだけ、見れたので良かったと思っています。
鳥の種名の判別、早速して下さり、ありがとうございました。

一番下のカモは「クロアカツクシガモ」ですか、どうもありがとうございます。日本でも見かけますか、私は初見です。

カモメは「アカハシギンカモメ」ですか。これもありがとうございます。私の手持ちの図鑑では調べ切れませんでした。私も、もう少し調べてみます。謝々です。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/03/19 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/47842241

この記事へのトラックバック一覧です: ニュージーランド旅行(4):クライストチャーチ「エイボン川のほとりの野鳥」:

« ニュージーランド旅行(3):クライストチャーチ「エイボン川のほとり-追憶の橋・ビクトリア広場」 | トップページ | カンタベリー博物館 »