« カンタベリー博物館 | トップページ | ニュージーランド旅行(5):クライストチャーチからテカポ湖へ »

2010/03/20

クライストチャーチ市内散歩

自由時間を利用して、クライストチャーチの街中を散歩しました。出発点は市の中心地に建っている大聖堂のカテドラル・スクエアです。大聖堂に並んで建つ鐘楼(ベル・タワー)が、遠くからでも眺められるのでランドマークになります。

Ta100309092003003nzcathedral02 ↑ 大聖堂広場の鐘楼:高さ63m。36mのところに展望台があり、街を一望できる。入場は無料であるが、善意の寄付は喜んで受け付けます。 

  Ta100309090203019nzcccity01  Ta100309090403018nzcccity01 

↑ オールド・トラム:広場の近くにトラム(路面電車)の停留所があり、旧市街区を一周できる。日本では、ほとんど姿を消してしまった懐かしい「ちんちん電車」ですね。乗車券はNZ$6、1日券はNZ$10です。

Ta01100309093303001nzcathedral02 ↑ 大聖堂広場の一隅には、カンタベリー地方開拓の功労者、ジョン・ロバート・ゴドリーの銅像が建っていました。 

John Robert Godly:英国オックスフォード大学クライストチャーチカレジ卒業生で、移民団組織カンタベリー協会を率いて現カンタベリー地方の開拓に指導的役割を果たした政治家。

Ta100309091903014nzcathedral03 ↑ OKギフトショップ:大橋巨泉さんの経営するギフトショップです。広場の北側、Colombo St.に面した通りにあります。

Ta01100309090103003nzcathedral02 ↑ ビクトリア広場のキャプテン・クック像

James Cook(1728-1779):英国の海洋探検家。海軍士官で艦長となったため、キャプテン・クックという呼名で知られている。ハワイ諸島の発見者で太平洋探検を3回行った。第1回航海で、ニュージーランドを訪れ、南島、北島の測量を行い地図を完成させた。第3回航海のとき、ハワイ島で先住民との諍いを生じ、浜辺で先住民に襲われて無念の死を遂げた。

Ta100309115303012nzbotanicgarden01 ↑ ボタニカル・ガーデン(植物園):ハーグレー公園の一角にあり、北隣はカンタベリー博物館、道路を隔てて東側にはアートセンターがあります。

Ta100309123703011nzcccity01 ↑ アートセンター:1976年までカンタベリー大学の校舎として使用していたゴシック建築の建物を、そのまま生かし、芸術のセンターとして開設した。内部は、絵画や彫刻の展示場の他にレストランやカフェ、映画館、劇場などがあり、様々なイベントも開催されている芸術の大殿堂。

Ta100309131503010nzcccity01 ↑クライストチャーチ・カジノ:1994年にNZで初めてオープンしたカジノだそうです。ダーラムSt.とキルモアSt.の交差点北側にあります。外から見るだけで中には入りませんでした。

|

« カンタベリー博物館 | トップページ | ニュージーランド旅行(5):クライストチャーチからテカポ湖へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/47860153

この記事へのトラックバック一覧です: クライストチャーチ市内散歩:

« カンタベリー博物館 | トップページ | ニュージーランド旅行(5):クライストチャーチからテカポ湖へ »