« アジュガ、アザレア | トップページ | ジャーマンアイリス、シラユキゲシ »

2010/04/19

シャガ、ムラサキハナナにキタテハ

シャガ(射干)の花が咲き始めました。今年は、雪が何度も降ったりして開花がやや遅れ気味ですが、蕾は沢山ついいています。一日花で夕方にはしぼんでしまいますが、毎朝、生き生きとした花を次々と咲かせてくれます。

Ha10041811290405shyaga01 ↑ シャガ:アヤメ科アヤメ属。 常緑多年草。 原産地:中国、日本、東アジア。 (撮影 2010/04/18)

Ha10041811340401shyaga01  Ha10041811310403shyaga01

↑ ひ弱いように見えますが、地下茎をどんどん伸ばして増えて行きます。

          ムラサキハナナにキタテハが舞っていました。

   散歩の途中、道端に半野生化して花を咲かせているムラサキハナナに出会いました。見とれていると、そこへキタテハがひらひらと飛んできました。

Ha10041312520404murasakihanana01

↑ ムラサキハナナ:アブラナ科オリコフラグムス(オオアラセイトウ、ムラサキハナナ)属。 耐寒性多年草(寒冷地では1年草~2年草扱い)。 原産地:中国。 学名:Orychophragmus violaceus  和名:オオアラセイトウ(大紫羅欄花) 一般名:ムラサキハナナ 通称:ハナダイコン 別名:諸葛菜、紫金草。 

牧野富太郎博士命名のオオアラセイトウが正式名のようですが、ここでは一般名を使用しました。

Ha10041312510405murasakihanana01 ↑ ムラサキハナナの蜜を吸うキタテハ。このキタテハは、この冬越冬したキタテハかと思います。

|

« アジュガ、アザレア | トップページ | ジャーマンアイリス、シラユキゲシ »

コメント

こんにちは
シャガやムラサキハナナが咲き始め春本番ですね。
キタテハも無事に冬を越して何よりです。

投稿: mico | 2010/04/19 13:12

ムラサキハナナ、志木の辺ではダイコンバナと呼ぶのがフツウに思います。
ぴょんぴょんさんのところではどう呼ぶ人が多いですか?

投稿: はた衛門 | 2010/04/20 06:38

mico さん、今晩は。
このところ急に暖かくなりましたね。
庭の花も山野草も一斉に咲きだしたという感じです。昨日は暖かかったので、里芋と生姜を植えつけました。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/04/20 17:46

はた衛門 さん今晩は、
こちらでも、地元の農家の人はダイコンバナと呼ぶ人がいます。この方が、言いやすいからと思いますが、ダイコンバナと言う人が多数派かどうかは、まだ確かめていません。少し、いろいろ聞いてどのような言い方が多いのか調べてみます。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/04/20 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャガ、ムラサキハナナにキタテハ:

« アジュガ、アザレア | トップページ | ジャーマンアイリス、シラユキゲシ »