« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の記事

2010/05/31

5月の花が続々と咲き出しました:ホウズキ、白花ムラサキツユクサ、ラベンダー、ツキミソウ

5月に入って、庭の草花が続々と咲き出しました。そして、庭の雑草取り、虫退治も忙しくなりましたが、花を見ながらの仕事、”あに楽しからん哉”です。

Ha10052712270500houzuki01 ↑ ホウズキ:花は下向きに咲きます。 (撮影 2007/05/27)

 Ha10052807590501shiromtsuyukusa01 ↑ シロバナムラサキツユクサ(白花紫露草):花は白いのですが・・・(撮影 2010/05/28)

続きを読む "5月の花が続々と咲き出しました:ホウズキ、白花ムラサキツユクサ、ラベンダー、ツキミソウ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/30

ムラサキツユクサ、オオムラサキツユクサ

庭のムラサキツユクサ(紫露草)が咲き出しました。これとよく似たオオムラサキツユクサ(大紫露草)も咲き出しました。文字通り1日花で、咲いた直後の朝を見逃すと良い花は見られない。美人短命です。

Ha10052808030500mtsuyukusabp01 ↑ ムラサキツユクサ(撮影 2010/05/28 08:03)

Ha10053014340502mtsuyukusabp01 ↑ ガク(顎)には、僅かに毛が生えているがほとんど無毛。

 Ha10052808010501mtsuyukusarp01 ↑ この花も、赤紫色をしていますがムラサキツユクサと思われます。

Ha10053014350507mtsuyukusarp01 ↑ ガクにはほとんど毛がありません。しかし、雄しべをよく見ると、変異したものが見られました。

Ha10053009360504mtsuyukusarp01 ↑ 花びら化した雄しべが見られました。 上とは別の花ですが、もう少し、拡大してみると・・・

Ha10053007310502mtsuyukusarp01 ↑ 雄しべが花びらに変化して八重の花ができると言われています。ムラサキツユクサも、そのうちに八重咲きの花ができるかもしれませんね。

       オオムラサキツユクサも咲き出しました。

続きを読む "ムラサキツユクサ、オオムラサキツユクサ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/05/29

ハコネウツギ

花の色が、白い色から、次第に赤い色に変わります。このため、ニシキ(二色)ウツギとしていいだろう即断して、昨年までは「ニシキウツギ」として掲載してしいましたが、これは間違いで、花の形と葉の特徴から、「ハコネウツギ」とした方が良いようです。

Ha10052912350506hakoneutsugi04↑ 我が家の庭に咲き出したハコネウツギ(撮影 2010/05/29)

Ha0210052911450500hakoneutsugi03

Ha0110052813550504hakoneutsugi02↑ 花色が白色から赤色に変わっていきます。

続きを読む "ハコネウツギ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/28

ツバメが巣をつくり始めました:2010年ツバメの子育て(2)

昨日、お隣の納屋に様子を見にきたツバメが、今朝、見ると、盛んに出入りしていました。どうやら、この納屋が気に入って巣づくりを始めたようです。しかし、時期が少々遅いので、子育てが帰りの季節に間に合うのか、ちょっと気がかりです。近くの草地から枯れた草の切れ端をくわえてきて、これを道路脇の雨でできた水溜まりで泥をつけ、納屋の中に運んでいます。巣は納屋の蛍光灯の傘を利用してつくっています。巣が完成するまで、どれくらいの日数がかかるか、今のところ、見当がつきませんが、およそ1週間くらいかな~と思っています。

Ha10052810120500tsubametsugai01 ↑ ツバメが巣づくりを始めました。巣材は、枯れた草と泥んこです(撮影 2010/05/28)

 Ha10052810120502tsubametsugai01 Ha10052810120503tsubametsugai01 

↑ 雨の後、道路脇にできたぬかるみです。自動車のタイヤでこねられた泥んこが、粘り気があって、ちょうど巣材としてよいのでしょうか、口にくわえた枯れ草を、この泥濘に浸けて、何回も運んでゆきました。

Ha10052810120504tsubametsugai01 ↑ 夫婦(と思いますが)協力して、巣づくりに励んでいます。

続きを読む "ツバメが巣をつくり始めました:2010年ツバメの子育て(2)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/05/27

ツバメさんこれから巣づくりしてくれるのかな~:2010年ツバメの子育て(1)

ツバメが田畑を飛び交うツバメの姿は、夏の農村の風物詩の一つでしたが、最近はめっきりその姿を見ることがなくなりました。先日久しぶりに2羽のツバメが近くの芝畑の上を飛び交う姿を見かけました。注意して見ていると、お隣のお家の納屋に、何度か入ったりたたりしました。この納屋は、2007年にツバメがづくりをし、一度カラスに襲われて卵を全部盗られ、2度目の産卵で雛を孵したところです。さては、巣でもつくってくれるのかな~と思ったのですが、2~3日来ただけで、その後また姿を見せなくなりました。カラスの襲来を恐れたのでしょうか、残念です。

Ha10052609140503tsubame01 ↑ 「巣づくりをしようかな~」と考えているのでしょううか。(撮影 2010/05/26)

Ha10052609140501tsubame01 ↑ 2007年に雛を孵して以来留守になっていたところです。蛍光灯や梁についた泥は、その時の巣づくりをした後です。

続きを読む "ツバメさんこれから巣づくりしてくれるのかな~:2010年ツバメの子育て(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/26

番外編:ハグマノキの花

はた衛門さんの記事に触発されて、我が家の近くの農家の裏庭に咲いているハグマノキの花を見に行きました。そして、今まで、花と思っていたのは、実は「花後の花糸房が羽毛状に伸びたもの」で花は、別であることを知りました。そして、さらに、この花は小さくて、まともに写真を撮るのは至難の業であることも思い知らされました。

Ha10052212330505hagumanoki01 ↑ ハグマノキ:大分大きく伸びています(撮影 2010/05/22)

Ha10052212330506hagumanoki01 ↑ よく見ると、黄色い小さな花がぽつぽつと咲いています。 

Ha10052213150507hagumanoki012 ↑ ハグマノキの花: 5弁花で真ん中の雌しべを囲んで、5本の雄しべが申し訳なさそうに取り囲んでいます。

続きを読む "番外編:ハグマノキの花"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スズメの雛:こちらも独り立ちの訓練中です

コゲラの親子に続いて、昨日はスズメの親子も裏の柿畑にやってきました。柿の枝に止まったスズメの雛が親が運んでくる餌を待っていました。ようやく親がやってきて、待構えた雛が大きな口を開けましたが、よく見ると、親は餌をあげるそぶりだけして餌をあげませんでした。餌は、自分でさがして食べなさいということでしょうか。

Ha10052507100502suzumeoyako01 ↑ 雛(左)が待っているところに親(右)がやってきました(撮影 2010/05/25)。

 Ha10052507100504suzumeoyako01 Ha10052507100507suzumeoyako01 

↑ お腹を空かした雛は大きな口を開けて餌のおねだりをしました。しかし、親は「もう自分のお食事は自分でしなさい」とでもいうように、雛に餌を与えようとしませんでした。

Ha10052507100508suzumeoyako02 ↑ そして、親は雛に餌を与えず横を向いてしまいました。独り立ちを促す親の厳しい特訓中のようです。

Ha10052507100509suzumeoyako01 ↑ そのまま親は行ってしまいました。雛は自分で餌をさがさなければなりません。

続きを読む "スズメの雛:こちらも独り立ちの訓練中です"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/25

コゲラの雛:独り立ちの訓練中です

小鳥たちの雛の独り立ちの訓練が、ありらこちらで始まりましたね。裏の梅の木や柿畑にコゲラの親子の群が昨日やってきました。

Ha10052412110502kogeraoyako01 ↑ 梅の木の陰で、コゲラの雛(上)が親(下)に餌をねだっていました(撮影 2010/05/24)。

Ha10052413570503kogeraoyako01 ↑ 親(上)からまだ餌をもらっています(撮影 2010/05/24)。

Ha10052413570504kogeraoyako01 ↑ 餌は、梅の葉茎についたアブラムシのようです(撮影 2010/05/24)。

続きを読む "コゲラの雛:独り立ちの訓練中です"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/24

ジャガイモの土寄せ:花も綺麗に咲き始めました。

昨日、ジャガイモの第2回目の土寄せと、サツマイモの苗(紅東60本)の植えつけを済ませた。そして今日は、予報どうり朝から恵みの雨です。 よかった~

ジャガイモは、今年は、トウヤ、キタアカリ、ダンシャク、インカのめざめの4品種を3月19日に植えつけ、第1回目の土寄せと追肥は5月8日におこなった。春先に雪が降ったり、晩霜があったりして生長が心配されたが、「インカのめざめ」を除いて、まあまあ順調に育っているのでほっとしています。花が咲きだしたので、土寄せが終わった後、花をゆっくり鑑賞し、写真を撮って遊んでしまいました(o^-^o)。

Ha10052310010503jyagatouya01 ↑ ジャガイモの花(1)  トウヤ:白花です(撮影 2010/05/23)

Ha10052310040502jyagakitaakari01 ↑ ジャガイモの花(2)  キタアカリ:赤紫色の花です(撮影 2010/05/23)

Ha10052310050502jyagadansyaku01 ↑ ジャガイモの花(3)  ダンシャク:淡い紫花です(撮影 2010/05/23)

Ha10052310080501jyagainkanomezamei0 ↑ ジャガイモの花(4) インカのめざめ:赤紫花です。少々アブラムシがつきました。どう対応すべきか、要注意です。(撮影 2010/05/23)

Ha10052310110502jyagahatake01 ↑菜園のジャガイモ畑 左の畝から右へ 1:トウヤ、2:キタアカリ、3:ダンシャク、4:インカのめざめ。今年の春から、前の菜園と交換し、同じ地主さんから、新しく”岡の上の菜園”をお借りしました。前よりも広く150坪くらいあります。(撮影 2010/05/23) 

続きを読む "ジャガイモの土寄せ:花も綺麗に咲き始めました。"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/05/23

アオサギ

アオサギが繁殖期に入り、今年もコロニーを形成しました。今年はコロニーが二つに分かれたようで、昨年観察したコロニーは少し小さくなって20~30羽程度の群になりました。

Ha0110052115350512aosagieisou01 ↑ アオサギ:頭を高く上げて四周を警戒しています(撮影 2010/05/21)

Ha0210052115310506aosagieisou01 ↑ 今年生まれた雛のようです。親が運んでくる餌を待っているようです。

昨年(5月15日撮影)の、この同じコロニーで育った雛は→こちらをご参照ください。

続きを読む "アオサギ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/05/22

キジのお散歩:つがいで裏の畑にやってきました

雨上がり昨日の朝、キジのつがいが裏の畑にそろってやってきました。前回は、4月13日につがいで来訪しており、ほぼ1カ月ぶりの登場です。前回はやや警戒気味でしたが、今回は、オスがほろ打ちなどを披露して、大分長い間、遊んで帰って行きました。

Ha10052107100500kijiosu01 ↑ キジさんの御来訪です。雨上がりのすがすがしい朝でした。

   (撮影 2010/05/21)

 Ha10052107090500kijiosu021  Ha10052107090501kijiosu021

↑ 例によって、オスが二声叫び、豪快な「ほろ打ち」をしました。

「雉も鳴かずば・・・・・」といわれているように、大きな声で鳴き声をあげるので、すぐ居所が分かってしまいますね。

 Ha10052107120503kijimesu01 Ha10052107100504akijimesu02

↑ メスが安心して姿を現わし、野菜畑を足早に動き回って、餌をついばみはじめました。

Ha10052107120504kijiosu01 ↑ 傍でオスの雉が優しく見守っています。

続きを読む "キジのお散歩:つがいで裏の畑にやってきました"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/05/21

我が家の庭のバラが咲きだしました

昨夜来の雨が止んで、早朝は薄い靄がたなびいていましたが、やがて日の出とともに真っ晴れの天気となりました。一昨日咲きだした庭のバラが雨の恵みを受けて一斉に咲きだしました。今日は予報によると気温30度近くになるという。

Ha10051906250501barared01 ↑ 赤いバラの1番花が咲きました(撮影 2010/05/19)

 Ha10051906240500barared01  Ha10051906250502barared01

↑ 左:1番花     右:2番花のつぼみ

Ha10052108080506barared02 ↑ 雨のあと2番花が咲きました(撮影 2010/05/21)

続きを読む "我が家の庭のバラが咲きだしました"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/05/20

スナップエンドウを収穫しました

菜園のスナップエンドウの収穫をしました。初収穫で900グラム採れました。少人数なので、第1回目は、これで十分です。あと、2~3回は採れそうなので、happy01 です。

Haa10051906040500snackendou01 ↑ 初収穫のスナップエンドウ:これで500グラムです。全部で900グラム採れました。↓下はこれをどんぶりに盛ったところです。

Hab10051906070501snackendou01 ↑ スナックエンドウと呼ばれることもありますが、これは商品名で、スナップエンドウが農水省で定めた正式名(昭和58年農水省)だそうです。

続きを読む "スナップエンドウを収穫しました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/19

クレマチス:’パゴタ’と’ビオラ’が今朝、同時に開花しました。

昨日は暖かったが風が強く、庭の土が乾燥し、埃が立ちはじめたので、庭に打ち水をしました。これが効いたのでしょうか、今朝起きて庭を見ると、クレマチス・テキセンシス・パゴダクレマチス・ジャックマニー・ビオラが咲いていました。わが家の庭で、今年度、第9、第10番目に開花したクレマチスです。今年は、同日に咲きましたが、昨年はパゴダがやや早く5月9日頃開花し5月15日にUPしています。またビオラは2日遅れの5月17日にUPしています。

Ha10051906320500clematispagoda01 ↑ クレマチス・テキセンシス・パゴダ:花は淡いラベンダーピンクで、裏面は濃いラベンダーピンクの筋が入る。花弁は3~4枚。昨年は3弁花が1番花となったが、今年は4弁の花が1番花となりました。下向きに咲く。

Ha10051915210507clematisviola01 ↑ クレマチス・ジャックマニー・ヴィオラ(ビオラ): 花は、濃い紫色で6弁の剣弁花。葯は黄色~黄緑色で、下向きに咲く。

     いづれも下向きに咲くが、中を覗いて見たいですね。

続きを読む "クレマチス:’パゴタ’と’ビオラ’が今朝、同時に開花しました。"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/05/18

イチゴとシジミチョウ

暖かくなったので菜園のイチゴ畑をのぞいてみました。今年は、昨年に比べて10日ほど成熟が遅れているようです。大きさや粒ぞろいは、専業農家には、かないませんが、数は我が家としてはまあというところでしょう。

Ha10051513150501ichigo01 ↑ イチゴがほんのり色づき始めました(撮影 2010/05/15)

昨年は5月7日に3個初採りしました。今年は、今日5月18日に3個初採りをしました。去年より10日ほど、収穫が遅れました。でも、味は美味しかったです(食べた後で、写真を撮るのを忘れたのに気がついたが、後の祭りです。↑の写真は3日前の収穫寸前のイチゴです)。

 Ha10051513160503ichigo01  Ha10051513190504ichigo01

↑ 2007年の秋、園芸店で購入した「とよのか」1株が増えて、1坪くらいの大きさのイチゴ畑になりました。昨年は、さらに子株が沢山出来たので、別の畑に30株ほど移植しました。その収穫も期待できそうです。

Ha10051513100500ichigo01

↑ もう花はお終いですが、出遅れた花が2輪ほど咲いていました。

続きを読む "イチゴとシジミチョウ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/17

ツマグロヒョウモン(♀)

ツマグロヒョウモン(♀)が庭を訪れて、舞っているのに気がつきました。昨年の今頃(2009/05/24 UP)、ツマグロヒョウモンの♀が来て、庭に植えてあったパンジーに産卵したので、今年も多分、産卵が目的で我が家の庭に来たのではないかと思います。しかし、昨年と違って、今年は裏庭に廻ってクレマチスやダイアンサス(石竹の園芸品種)の花で、しばらく遊んでくれました。

Ha10051614430508tsumagurohyoumon01 ↑ ダイアンサスで吸蜜するツマグロヒョウモン(♀)(撮影 2010/05/16)

Ha10051614430507tsumagurohyoumon01 ↑ ツマグロヒョウモンの特徴は、後翅の縁が白と黒のレースのような模様になっていることです。これに加えて、♀は前翅の表側の上部(いわゆる翅の褄の部分)が黒紫色で白い模様があることです。♂は’ツマグロ’になっていません。

続きを読む "ツマグロヒョウモン(♀)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/16

揚げヒバリとジャコウアゲハ?

昨日、岡野畑の休閑地の草むらに立ったら、すぐ近くからヒバリ(雲雀)が飛び立ち、ピイチク、パアチクと囀り始めました。近くに巣があるらしいのですが、判りません。

Ha10051506520509agehibari01 ↑ ヒバリ:スズメ目ヒバリ科。(撮影 2010/05/15) 

 Ha10051506510500agehibari01 Ha10051506520508agehibari01

↑ 昨年は、6月20(UPは6/21)に幼鳥に会いました。今年もその頃に生まれた子供達に会えたらうれしいな~

続きを読む "揚げヒバリとジャコウアゲハ?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/15

オオヨシキリ

昨日は、オオヨシキリが大きな口を開けて囀っているところを撮れなかったので、今朝は6時に家を出て川辺の葦原に行きました。葦原では昨日のオオヨシキリと思しき個体が、もう大きな声をあげて囀っていました。人通りはほとんどなく、安心したのでしょう、今朝は葦原から一段と高い位置にある道路わきの街路樹のてっぺんに止まって囀っていました。

Ha10051507030508ohyoshikirisaezuri0 ↑ 川辺の葦原より一段と高いところに位置している街路樹の頂上に止まって囀るオオヨシキリ(撮影 2010/05/15)

 Ha10051507030511ohyoshikirisaezuri0 Ha10051507030512ohyoshikirisaezuri0

続きを読む "オオヨシキリ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/05/14

西洋オダマキ:アキレギア・タワー・ホワイトが開花し、オオヨシキリが朝から名のりをあげていました

昨日(13日)、西洋オダマキアキレギア(アクイレギア)’タワー・ホワイト’が咲きだしました。我が家に迎え入れて3年目で、同時に迎えた’カイザー’は今年は未だ蕾がついていません。

Ha10051409540500odamakiwtower01 ↑ 西洋オダマキ:アキレギア’タワー・ホワイト’(撮影 2010/05/14)

キンポウゲ科オダマキ属。 耐寒性多年草。 原産地:欧州、シベリア。

ミヤマオダマキと花姿はかなり違いますが、オダマキ属特有の’距’があるので、オダマキの仲間であることが納得できます。

 Ha10051409560501odamakiwtower01 Ha10051410090502odamakiwtower01

↑ タワー・ホワイトは、昨年は5月11日に開花(掲載は2009/05/12)しているので、昨年より僅か2日遅れの開花ということになります。昨年と同じ株の花ですが、花姿は昨年とちょっと変わっています。

Ha10051414280504odamakiwtower01 ↑ 今年は見るだけではなく、花柄を切り取らないで、種子を採取しようかと思っています。はたしてうまく種子が採取できるかは??です。

 

続きを読む "西洋オダマキ:アキレギア・タワー・ホワイトが開花し、オオヨシキリが朝から名のりをあげていました"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010/05/13

サンズンアヤメが咲きだしました

2日続きの雨のあと、昨日、今日と暖かいお天気が続きました。この陽気で、サンズンアヤメ(三寸文目、綾目)が咲きだしました。

Ha100513145405013zunayame01 ↑ サンズンアヤメが開花しました(撮影 2010/05/13)

名前の通りコンパクトなアヤメで、我が家のような小さい庭には、場所をとらずに咲いてくれるのでうってつけの花です。

Ha100513150105113zunayame01  ↑ 我が家のこのサンズンアヤメはクレマチスのミゼットブルーと仲よしで、ほぼ同じ頃に花を咲かせます。

 Ha100513145605043zunayame01 Ha100513145705053zunayame01

↑ 上から見ると、外側の花びらは互いに120度離れて広がっています。

 昨年は、5月9日に、UPしていますが、2006年は、5月16日にミゼットブルーをUPした翌日にサンズンアヤメの花をUPしていました。

  

続きを読む "サンズンアヤメが咲きだしました"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/05/12

クレマチス・ミゼットブルー、キジのお出まし

昨日(11日)、小雨降る中で、クレマチス・ミゼットブルーが咲きだしました。我が家のクレマチス8番目の開花です。

Ha10051116490503midgetblue02 ↑ ミゼットブルーが雨に濡れながら咲きだしました(撮影 2010/05/11)

Ha10051213200510midgetblue01

↑ 今日は晴れたので改めて撮り直しました(撮影 2010/05/12)

花色は、咲き始めは、このように赤っぽい青紫色ですが、やがて淡い青紫色に変わります。花弁は6~8枚。

Ha10051209280509midgetblue011 ↑ 葯の色は紫~赤紫色です。

花は、前年伸びた旧枝の節から新芽を出し、1~3節伸ばして花を咲かせる。したがって、花が終わった後、汚いからと言って、つるを根元から切ったりすると翌年は花が咲かなくなる。すなわち、花後は、強い切り戻しをしないで「弱剪定」とするのが花を咲かせる’こつ’です。

続きを読む "クレマチス・ミゼットブルー、キジのお出まし"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/05/11

キンギョソウ(金魚草)

昨年、「花いっぱい運動」に協賛した某新聞社販売店から頂いたキンギョソウ(金魚草)の種を蒔いて花を咲かせ、大いに花を楽しむことができました。多年草ということで、鉢植えの株を越冬させ、今年も花を咲かせることができました。しかし、花の姿は、1年目に比べてずっと落ちてしまいました。放任したままだったのでそのせいかも知れないと、ちょっと反省しています。

Ha10051111470525kingyosou01 ↑ 4色寄せ植えのキンギョソウ(撮影 2010/05/11)

昨年(2009/08/10 UP)は、黄、赤、オレンジ、白のキンギョソウが花茎をすっくと立てて房状に沢山の小花を咲かせてくれましたが、今年はご覧の通り、ちじこまってしまいました。肥料不足かも?

キンギョソウ:ゴマノハグサ科キンギョソウ属。 耐寒性多年草。 原産地:南欧、地中海沿岸地方。  別名:スナップドラゴン

続きを読む "キンギョソウ(金魚草)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/10

シラン(紫蘭)

我が家の庭のシラン(紫蘭)が咲きだしました。毎年、5月10日頃に咲きだします。日本には、奈良時代に渡来したと言われている帰化植物ですが、日本の風土にすっかり馴染んでいますね。

Ha10051014070501yaburan01 ↑ シラン:ラン科シラン属。 宿根草。 原産地:日本、台湾、中国

(撮影 2010/05/10)

Ha10051014090504yaburan01 Ha10051014100506yaburan01

↑ 野生のシランは「準絶滅危惧種」として環境省レッドリストに指定されている。

続きを読む "シラン(紫蘭)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/05/09

ニワセキショウ

ニワセキショウ(庭石菖)が、かわいらしい花を咲かせました。我が家ではポット鉢でそだてていますが、乾燥にも強く、丈夫で頑強です。

Ha10050914100500niwasekisyou01 ↑ ニワセキショウ:アヤメ科ニワゼキショウ属。 常緑多年草。 原産地:北米。 明治時代に渡来した帰化植物。 

小さいけれど、均斉のとれた綺麗な花です。

 Ha10050914150504niwasekisyou01 Ha10050914120502niwasekisyou01

↑ ニワセキショウの名は、葉がサトイモ科のセキショウ(石菖)に似ていることに由来している。 別名:ナンキンアヤメ(南京文目) 。 病害虫に強く、丈夫で、原野に自生しているのも見られます。 

続きを読む "ニワセキショウ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/08

アマドコロの花

アマドコロの花が咲きました。この花は実に奇妙な花です、普通の花のように花びらをパッと開かないのです。実に用心深い花ですね~。しかし、花が咲き進むにつれて、花の先端部で、花びららしきものが開いていきます。これは花びらであると認めてよいのでしょうかね~

                   4月23日

Ha10042310180400amadokoro01 ↑ アマドコロの花芽(撮影 2010/04/23)

Ha10042311060402amadokoro01 ↑ 花は2個づつつきます(撮影 2010/04/23)。

Ha10042311050401amadokoro01 ↑ よく見ると、花の先端の中央の穴から毛のようなものが出ています(撮影 2010/04/23)。

続きを読む "アマドコロの花"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/05/07

フジ(ノダフジ)の花

足利フラワーパークの藤の花は、その規模の大きさと見事さに圧倒されますが、今年は、その藤の花の見物には行かれそうもないので、我が家の庭で、一房のフジ(野田藤)の花を楽しみました。

Ha10050713280507fujiselect01 ↑ 今年は花つきが悪く、蕾は1個、1房しか花は咲きませんでした。昨年の夏、乾燥した時の水不足が花芽形成に影響を与えたのでしょうか。やはり、高温乾燥期には腰水をすれば良かったかも知れません。(撮影 2010/05/07)

Ha10050711230502fujiselect01 ↑ フジ(ノダフジ):マメ科フジ属。 つる性落葉小高木。

学名:Wisteria floribunda (Willd) DC

 Ha10050713330508fujiselect01 Ha10050715320516fujiselect02

↑ ノダフジのつるは右巻きでヤマフジのつるは左巻きと言うが、巻き方が明瞭でないので、この判定はちょっと難しいです。小葉の数はノダフジ 11~19枚(↑の写真では15枚)、ヤマフジは9~13枚と言われているので、写真のフジはノダフジと見てよいでしょう。

続きを読む "フジ(ノダフジ)の花"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/05/06

クレマチス:マンシュウキ、ネリーモーザ、ドクターラッぺル、ルージュカーデナル、マルチブルー、ザプレジデント

今年は昨年とちょっと様子が違います。昨年は、我が家のクレマチスは、マンシュウキ(4月28日) ネリーモーザ、ドクターラッぺル(5月1日)、  マルチブルー、ルージュカーデナル(5月7日)、  ザ・プレジデント(5月13日)と、順次、間隔を開けて咲いてくれたのですが、今年は、昨日と今日のたった2日間で、これら6品種がいっぺんに花を咲かせてしまいました。今年の春の異常気象のなせるわざでしょうか、こういう年もあるのですね。

Ha10050607120500mansyuki01 ↑ マンシュウキ(満州黄):昨年は4月28日にUPしています。

花色:クリーム色~白色 葯の色:クリーム色 花弁数:8~10枚 

剪定:弱  花期:早咲き パンテス系 

Ha10050607320501nmoser01 ↑ ネリー・モーザ:昨年は5月1日にUPしています。

花色:桃色地に赤色の筋 葯の色:暗紫色 花弁数:7~8枚 

剪定:弱  花期:早咲き  パンテス系      

Ha10050607300500nmoser01 ↑ ネリー・モーザ:花数は多い。

Ha10050607210503drruppel01 ↑ ドクター・ラッぺル;昨年は5月1日にUPしています。

花色:桃色地に赤紫色の筋 葯の色:濃橙色 花弁数:8枚 

剪定:弱 花期:早咲き ザ・プレジデントの枝変わり パンテス系

続きを読む "クレマチス:マンシュウキ、ネリーモーザ、ドクターラッぺル、ルージュカーデナル、マルチブルー、ザプレジデント"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/05

スズラン

スズランが咲きだしました。ここでは、単にスズランと呼んでいますが、写真のスズランは、ヨーロッパ起源の帰化植物です。日本には、北海道や東北地方に古くから自生しているスズラン(学名 Convallaria keiskei)があるので、この自生種との混同を避けるために、前者を「ドイツスズラン」、後者を「ニホンスズラン」と呼んでいます。

Ha0310050414420510suzuran01 ↑ ドイツスズラン: ユリ科スズラン属。 多年草(球根植物) 原産地:ヨーロッパ。

学名:Convallaria majalis  英名: lily of the valley(谷間のユリ)

Ha0410050407380509suzurand01_2  Ha0410050407380509suzurand01_3

↑ スズランは、はにかみ屋です。みんな、うつむいて花を咲かせます。 

Ha1010050508080506suzuran05 ↑ ドイツスズランは、花茎を葉の頂部まで伸ばして花を咲かせる。これに対してニホンスズランは、花茎が短く、花が葉の陰に隠れてしまう。このため、観賞用として園芸店で市販されているスズランのほとんどはドイツスズランである。

続きを読む "スズラン"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/05/04

オオアマナ(オーニソガラム・ウンベラータム)

昨年の開花より少し遅れたがオオアマナ(大甘菜)が咲きだしました。花は日がさすと開き、日が陰ると閉じます。夜は、当然ながら花びらを閉じ、そして朝日が当たると花を開きます。

Ha10050411360514ohamana00 ↑ オオアマナ:ユリ科オオアマナ属。 球根植物。 原産地:ヨーロッパ(地中海沿岸地方)、西アジア。(撮影 2010/05/04) 

Ha10050410490507ohamana00

↑ 学名:Ornithogalum umbellatum  別名:ベツレヘムの星、オーニソガラム・ウンベラータム。(撮影 2010/05/04)

続きを読む "オオアマナ(オーニソガラム・ウンベラータム)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/03

ホオベニエニシダ(頬紅金雀枝)

ホオベニエニシダ(頬紅金雀枝も咲きだしました。エニシダの変種(園芸種)の一つです。古くから知られている通常のエニシダは、花が黄色の単色であるのに対して、本種は翼弁の外側に赤色の斑紋があります。この赤い斑紋が、丁度、若い乙女が頬に頬紅をつけたように見えることから「頬紅金雀枝」と呼ばれるようになりました。

Haa10050208060505hohbenienishida01 ↑ 乙女が頬に頬紅をつけたように見えませんか。初めて頬に頬紅をつけた時は、肌に頬紅がなじまないので、頬紅が少しかすれます。

(撮影 2010/05/02)

Hab10050117520507hohbenienishida01  Hab10050208070503hohbenienishida01

↑ このように見ると金色の雀が木の枝に止まっているように見えませんか。

上の黄色い花弁が「旗弁」、下の赤い花びらが「翼弁」、「竜骨弁」は翼弁に包まれている。そして、雌しべ雄しべは竜骨弁に包まれている。

ホオベニエニシダ:マメ科エニシダ属。 落葉性低木。 原産地:地中海沿岸地方。 漢字表記:(頬紅)金雀枝。

 

続きを読む "ホオベニエニシダ(頬紅金雀枝)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/02

ハマカンザシ

ハマカンザシ(浜簪)が咲きだしました。浜簪と呼ぶと日本に古くから自生していた植物のように思われますが、違うんですね。原産地はヨーロッパで江戸時代に渡来した帰化植物です。

Ha10043008090402hamakanzashi01 ↑ 咲き始めの頃のハマカンザシ

ハマガンザシ:イソマツ科ハマカンザシ属。 常緑多年草。 原産地:ヨーロッパ。 学名:Armeria maritima   別名:アルメリア

Ha10043008110404hamakanzashi01 ↑ 満開直前、開花直後のハマカンザシ

Ha10043008100401hamakanzashi01 ↑ 全盛期を過ぎたハマカンザシ。

海岸に自生し、花と茎の形が、簪のように見えることから「浜簪」と名付けられたという。 

この子とは長いお付き合いで、2005年から毎年UPしています。

それぞれクリックすると見られます→2005年2006年2007年2008年 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/05/01

ダッチアイリス(黄花)が開花し、ジャーマンアイリス(白花)が満開です

青花のダッチアイリス(20010/04/24)に遅れること5日で黄花のダッチアイリスが花を咲かせてくれました。これで、ダッチアイリスの青花、黄花、ジャーマンアイリスの青花、白花が咲きそろいました。

Ha10043008530407diriski01 ↑ 黄花のダッチアイリスが咲き始めました(撮影 2010/04/30)

Ha10043008540404diriski01  Ha10050117250502diriski01

↑ 黄色い花びらは垂れ下るので、上から見ると白花のように見えます。

続きを読む "ダッチアイリス(黄花)が開花し、ジャーマンアイリス(白花)が満開です"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »