« 田圃のお客さん(続):ダイサギ(訂正)→チュウサギの毛繕い | トップページ | アマリリス »

2010/06/08

マツヨイグサ

朝、ゴミ集積場にゴミを運ぶ途中、路傍の空き地にマツヨイグサが咲いているのに気がつきました。しかし、花はもう、大分萎れかかっていました。せっかく花を咲かせてくれたのだから、咲くところを見たいと思い、夕方になって、再びその空き地に出かけました。半ば野生化したマツヨイグサは、昼間見た哀れな姿とはうって変わって、夕闇迫る中、生き生きとした姿を見せてくれました。

Ha0110060619140605matsuyoigusa011

↑ マツヨイグサ:6月6日夕方:19時14分に撮りました。

Ha0210060806090606matsuyoigusa02 ↑ 上と違う花で、6月7日夕方に開花、翌8日朝:6時6分に撮影。

   以下、花は同じではありませんが、時刻を追って花の変化を見てゆきます。

Ha0310060813410609matsuyoigusa02 ↑ 6月8日昼間:13時41分。7日の夕方咲いた花が、翌日の昼間にはもう萎んでしまい、濃いオレンジ色になりました。すべての花が1日花で、こうなってしまうので、昼間は良い花が見られません。

Ha0410060507020604matsuyoigusa01 ↑ 丸一日経つと花はこの通り、哀れな姿になります。

 

 Ha0510060806110607matsuyoigusa02 Ha0610060815050607matsuyoigusa03

↑ 左:6月8日6時11分  右:6月8日15時5分

午前中は、何とか花は咲いていますが、午後3時過ぎは殆どが萎れてしまいます。

Ha0710060815090610matsuyoigusa03  Ha0810060813370606matsuyoigusa02

↑ 左:種子はすぐできます。  右:茎の毛はまばらで、基部が赤いオオマツヨイグサの毛とは異なっています。

 Ha0910060815080608matsuyoigusa03 Ha1010060815120614matsuyoigusa03

↑ 左:葉は細長くて縁に粗い歯牙がある。 右:種子は細かくて紡錘形で平滑。これが、ばらまかれるとどんどん増えますね。

よく似た花にオオマツヨイグサ(2008/07/22 UP)があります。

 

|

« 田圃のお客さん(続):ダイサギ(訂正)→チュウサギの毛繕い | トップページ | アマリリス »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

マツヨイグサの花に夏の訪れが近いと感じました。

投稿: mico | 2010/06/09 06:58

野に咲く姿が美しいですね。
それにしても、花の連続写真を見ると、
同じ花とは思えない
まるで七変化って感じがしますね。

投稿: どてかぼちゃ | 2010/06/09 20:22

mico さん、今日は
マツヨイグサの花は昼間は萎れてしまって、あまり注目されませんが、夕方になって咲き始めの得は、本当に綺麗ですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/06/10 13:25

どてかぼちゃ さん、今日は
一時は、オオマツヨイグサやセイタカアワダチソウなどとともに大繁殖し、厄介者扱いされましたが、最近はそれぞれ、ところを得て適当に繁殖し、道行く人々を楽しませてくれていますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/06/10 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/48578870

この記事へのトラックバック一覧です: マツヨイグサ:

« 田圃のお客さん(続):ダイサギ(訂正)→チュウサギの毛繕い | トップページ | アマリリス »