« パッションフルーツの花が咲きました | トップページ | オオスカシバの幼虫とカマキリの子 »

2010/06/28

サルビアにナミアゲハ、パセリにキアゲハの幼虫が・・・・

梅雨の晴れ間のひととき、ナミアゲハが舞ってきました。

単に、アゲハとも呼ばれているナミアゲハが庭のサルビア・グラニチカの花を訪れてきてくれました。サルビア・グラニチカはメドー・セージ(あるいはメドウ・セージ)とも呼ばれていますが、これは流通名で分類上は別名だそうですね。

Ha0010062510360600agehaseri01 ↑ 庭に咲くサルビア・グラニチカの花を訪れたナミアゲハ:キアゲハに似ていますが、翅の模様が微妙に違います。(撮影 2010/06/25)

Ha0010062510390602agehaseri01 ↑ サルビア・グラニチカ:シソ科サルビア属。 常緑低木。 原産地:南アメリカ。長さ25cmくらいの花穂に濃い青紫色の花を付けます。怪獣が大きく口を開けたような形で花を咲かせます。そこへ、ナミアゲハが密を吸おうとして口吻を差し込みます。

Ha0010062510400606agehaseri01 ↑ ナミアゲハの幼虫の食草は柑橘類のはず。我が家には柑橘類は植えていません。花の蜜だけ吸いに来たのかな~と思って念のため、庭のパセリを調べて見たら・・・・葉の陰に、白い斑のある黒いケムシがいました。

             白い斑のある黒いケムシ          

Ha0010062712070613agehaseri01 ↑ もしやと思ってパセリの茂みを覗いてみたら。白い斑のある黒いケムシがいました。 ↑の「ナミアゲハ」の訪問には気がついたのですが、いつのまにか「キアゲハ」も、庭のパセリを訪れて、産卵していたようです。白い斑のある黒いケムシは、キアゲハの幼虫に違いありません。今年も、成虫になるまで、様子を見ようと思っています。

Ha0010062712040611agehaseri01 Ha0010062712030610agehaseri01

↑ パセリの葉と花

パセリ:セリ科オランダゼリ属 

|

« パッションフルーツの花が咲きました | トップページ | オオスカシバの幼虫とカマキリの子 »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ナミアゲハの写真、バッチリです。
幼虫の成長、羽化が楽しみですね。

投稿: mico | 2010/06/28 12:52

沢山の幼虫だと草花や野菜への被害が心配されますが、数匹のことならおおらかに見守りますか(笑い)
飛び交う蝶の艶やかさが楽しみですね!

投稿: ゴンタ | 2010/06/28 16:55

mico さん、今晩は
だんだん暑さが厳しくなりましたね。このところ、モンシロチョウなどに続いて、大型の蝶々も遊びに来てくれるようになりました。お食事だけでなく、産卵場所もあちこち探しながら来るようですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/06/28 21:12

ゴンタ  さん、今晩は
そ~です。キアゲハなどは、ぽつりぽつりと卵を産み付けるので、被害も限定的で、大目に見ています。しかし、パセリは食膳の材料にもなるので「カミさん」に見つかると、大騒ぎになり、最悪の場合には処刑される恐れもあります。そう言う訳で、この幼虫がパセリにいるところを見つけても、カミさんが気が付くまでは知らぬ振りをしています( ^ω^ )。これまで、これで運良く、カミさんの目を逃れて、無事に蛹化した幼虫が何匹かいます。見つかった場合は、私が延命を乞い、虫篭の特別室で育て、羽化するまで面倒を見ます(@Д@;

投稿: ぴょんぴょん | 2010/06/28 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/48740585

この記事へのトラックバック一覧です: サルビアにナミアゲハ、パセリにキアゲハの幼虫が・・・・:

« パッションフルーツの花が咲きました | トップページ | オオスカシバの幼虫とカマキリの子 »