« 梅干しの「赤じそ漬け」「甘酢漬け」をちょっと味見。ラッキョウも「甘酢漬け」をつくりました。 | トップページ | サルスベリ(百日紅)が咲きだしました »

2010/07/11

ツマグロヒョウモンの幼虫と蛹

春先から花壇を飾ってくれたパンジーは、花はとっくに終わってしまったので、以前はすぐにお次の花と交代で、取り去ってしまったのですが、ツマグロヒョウモンが訪ねてきて産卵することを知り、少しの間残して置くことにしました。しかし、葉も枯れ込んでしまったので、いよいよ片づけようと思って枯れ枝に手をかけたら・・・、ツマグロヒョウモンの終齢幼虫がいました。よかった~ もし早く、このパンジーを片づけてしまっていたら、このツマグロヒョウモンの幼虫は、ここまで生きていられなかったかもしれません。

Ha0010070912020705tsumagurohyoumon0 ↑ ツマグロヒョウモンの終齢幼虫(7月9日)。枯れかけたパンジーの株間をごそごそと動いていたので、餌付きで、より安全な虫篭にお引っ越しを願いました(撮影 2010/07/09)。

Ha0010071109180709tsumagurohyoumon0 ↑ 翌10日、午後、虫籠の中を覗いたら、もう蛹になっていました。あまりの早さにびっくりです(撮影 2010/07/11)

Ha0010071109180711tsumagurohyoumon0  Ha0010071109190712tsumagurohyoumon0

↑ この銀色の宝石のようにきらきら光っている方がお腹。睨んでいるようで、ちょっと怖いですね。

羽化は、蛹になってから、通常は10日~2週間ですが、昨年の我が家の記録では、蛹化後5日で羽化したので、予断を許しません。無事、羽化したら、またその姿をお披露目します。

育った場所は、春から花を咲かせてくれているパンジーの花壇です。

Ha0010041811270402tsumagurohyoumon0 ↑ 春早くから花を咲かせてくれているので、6月に入ったらお次の花と交代なのですが、我が家では、ツマグロヒョウモンの幼虫のために、最近は枯れ込むまで残しておきます(撮影 2010/04/18)

Ha0010051614400504tsumagurohyoumon0 ↑ 庭に遊びに来たツマグロヒョウモンのメス。ひょっとすると、本当の目的はパンジーに産卵するために来たのかな?(撮影 2010/05/16)。

Ha0010071116480713tsumagurohyoumon0 ↑ こんな枯れ込んだパンジーの茂みにツマグロヒョウモンの幼虫が隠れていました(撮影 2010/07/11)。

|

« 梅干しの「赤じそ漬け」「甘酢漬け」をちょっと味見。ラッキョウも「甘酢漬け」をつくりました。 | トップページ | サルスベリ(百日紅)が咲きだしました »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ウチの町内で、去年これ(ツマグロヒョウモンの蛹)を見つけた人がいて、
すわ、新種(珍種)発見か!と大騒ぎしました。
新聞社に通知したのに無視されてガッカリしたのですが、
わかってみれば恥ずかしい騒動でした。
先日、ルリタテハの幼虫に出会ったのですが、
これも蛹になると金銀に光る部位があるようですね。

投稿: はた衛門 | 2010/07/11 21:47

蛹になってから、5日後位で羽化するのですか?
早いですねぇ~
我が家で見つけた蛹も、知らぬ間に無くなっていたので、鳥のエサにでもなってしまったのかな?
と、思っていたのですが、羽化して飛んで行ってしまったのかも知れませんネ
虫カゴに入れておけば良かったなぁ~
残念!

投稿: orenge | 2010/07/12 01:12

パンジーを残しておいて良かったですね。
羽化の写真、楽しみにしています。

投稿: mico | 2010/07/12 05:37

蝶蝶って成虫のみが注目を集めますが、
このようにほんのちょっとお裾分けしてあげれば、
自宅でも手軽にバタフライガーデンが楽しめますね。
我が家もホトトギスや柑橘系の庭木が、
よく食草になっていて、
時として丸坊主状態になってしまいますが、
まっ、それも良しとしています(泣・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2010/07/12 06:11

ノはた衛門 さん、お早うございます。

ツマグロヒョウモンの食草の一つである、パンジーやビオラが、園芸ブームで広く一般家庭でも栽培されるようになって、今まで、暖かいところにだけしかいなかったのが、食草のおかげで、関東や東北まで見られるようになったと言われていますね。初めて、銀色や金色に光った蛹を見た人は、誰でもびっくりしますね。私も、初めて見たときは「何だこりゃ」とびっくりしましたヾ(*゚A`)

投稿: ぴょんぴょん | 2010/07/12 07:50

orenge さん、お早うございます
ツマグロヒョウモンは、蛹になってから羽化するまでは、通常は10日から2週間くらいかかると言われていますね。でも、中には早く羽化するのもありそうで、昨年の我が家での観察では5日で羽化したのもあり、びっくりでした。ただし、これは我が家の出来ごとで、まだ一般には認知されていないと思います。個人的には、昨年の羽化は8月の暑い時期だったので、暑い時は羽化の日時がはやまるのかな~とも思っています。ただし、これも私めの素人判断ですので、聞き流してください。

< 虫カゴに入れておけば良かったなぁ~
今度出会われたら、虫カゴの別荘へお招きしたら、いかがでしょうか。

終齢まぎはの大きくなった幼虫、せっかく育ったのに鳥に食べられては可哀想ですね。ですから、3食餌つきの虫かごに、お引っ越し願ったほうが良いかと思います。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/07/12 08:10

mico さん、お早うございます。
パンジーのあとは、例年は、日々草を植え込んでいるのですが、いつ植え替えるのか、なかなかタイミングがつかめません。

< パンジーを残しておいて良かったですね。

好意的に見てくださって、有り難うございます。

我が家の花壇、知らない人が見たら、何んだ、無精をして、花の咲かなくなったパンジーなどまだ残しておくのか、言われるかもしれませんね。手抜きの、いいわけも出来るので、ツマグロヒョウモン様々です(゚m゚*)

投稿: ぴょんぴょん | 2010/07/12 08:25

どてかぼちゃ さん、お早うございます

< このようにほんのちょっとお裾分けしてあげれば、
< 自宅でも手軽にバタフライガーデンが楽しめますね。

そ~なんです。花の咲いたあと、一部を、お裾分け用と残しておくと、手軽な、バタフライガーデンになりますね。

どてかぼちゃ さんの庭園鉄道も、柑橘類やホトトギスなどが植えられているので、バタフライガーデンも楽しめますね。我が家では、ホトトギスは、鑑賞コーナー、ルリタテハの幼虫に食べられて丸坊主になってもよい揺籃コーナー、 餌用コーナーと3か所に分けて植え込んでいます。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/07/12 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/48852277

この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロヒョウモンの幼虫と蛹:

« 梅干しの「赤じそ漬け」「甘酢漬け」をちょっと味見。ラッキョウも「甘酢漬け」をつくりました。 | トップページ | サルスベリ(百日紅)が咲きだしました »