« キジの来訪(7月編):ほろ打ちと畑の遊弋 | トップページ | オオスカシバの蛹が羽化しました »

2010/07/18

タチアオイが咲き終わり、梅雨が明けました。

タチアオイは梅雨の時期に、茎の下の方から、順次上の方へと花を咲かせ、丁度、梅雨の終わる頃に茎の先端部まで咲き進んで花を終わると言われています。今まで、花が綺麗に咲いたときだけおつき合いをしていましたが、今年は、花の終わりまで、おつき合いをさせてもらいました。

Ha0010071806200700tachiaoitsuyuake0 ↑ 我が家の菜園の脇に咲いたタチアオイです。1番花は6月10日に咲きました。そして、今年の関東甲信地方の「梅雨入り」は6月14日でした。ほぼ、梅雨入りの頃に咲きだしますね~

Ha0010071806200701tachiaoitsuyuake0  Ha0010071809350712tachiaoitsuyuake0

↑ そして、花は茎の下から上へと順次咲き進み、頂部まで来ました(撮影 2010/07/18)。そのとき、気象庁は、昨17日、関東甲信が梅雨明けしたと見られると発表しました。「タチアオイの花が茎の先端まで咲き進んだとき、梅雨が明ける」と言う、俚諺は、ほぼ、当たっていますね。

補足:はた衛門さんが「同花受粉」について解説しておられます。そこで、私も写真を撮って見たのですが・・・・・、

    

Ha1010071809330707tachiaoitsuyuake0 ↑ 花の中央部の黄色いかたまりはオシベのかたまり。このかたまりの中から、たくさん(20~30本くらい?)のメシベが伸びてきます。

Ha1110071809330709tachiaoitsuyuake0 ↑ そして、メシベの先端が、このオシベのかたまりに突っ込んで行きます。これによってオシベの花粉が、メシベの頭につき、受粉が行われる。多くの植物は、昆虫などの媒介によって、広く、よその花の花粉を授受するが、タチアオイは、自分の花の花粉を授受する同花受粉をするという。

|

« キジの来訪(7月編):ほろ打ちと畑の遊弋 | トップページ | オオスカシバの蛹が羽化しました »

ガーデニング」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

タチアオイがてっぺんまで咲いて梅雨明けですね。
これからの暑さが思いやられます。
同花受粉、勉強になりました。

投稿: mico | 2010/07/19 06:46

立派なスイカがなりましたね。
タチアオイが終わり、梅雨明け。
夏本番ですね-。
今の所、朝夕が涼しいのが助かりますが、
昨日も日中は暑かったですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2010/07/19 08:32

mico さん、今日は
タチアオイ、半野生化して咲いているのですが、今年は花の終わりまで、楽しみました。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/07/19 14:09

どてかぼちゃ さん、今日は
タチアオイの花が終わり、梅雨が明けて、暑い夏が始まりましたね。
スイカは、今日、娘夫婦らと一緒に食べました。
今日は、暑かったので、昼食の丁度良いデザートになりました。甘みは、お店で売っているものより、ちょっと落ちるかな~と思いましたが、上出来と、みなさん喜んでくれました(;´Д`A ```。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/07/19 14:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/48907671

この記事へのトラックバック一覧です: タチアオイが咲き終わり、梅雨が明けました。:

« キジの来訪(7月編):ほろ打ちと畑の遊弋 | トップページ | オオスカシバの蛹が羽化しました »