« ツバメの雛・食事とウンチ:2010年ツバメの子育て(5) | トップページ | ツマグロヒョウモンの幼虫と蛹 »

2010/07/10

梅干しの「赤じそ漬け」「甘酢漬け」をちょっと味見。ラッキョウも「甘酢漬け」をつくりました。

今までは、青梅を使って梅酒をつくっていたのですが、orengeさんの梅干し作りに惹かれて、今年は梅干し作りに挑戦しました。6月25日に漬け込みをした塩分12%の梅干が、ほぼ2週間ほど経ったので、一昨日の8日に「ちりめん赤紫蘇の葉」2束を地元の野菜園芸品市場「あれこれ」で購入し、orengeさんのレシピを参考にして、梅干しの「紫蘇漬けと、紫蘇入り甘酢漬けをつくりました。

Ha0010071007240710tsukemonoume01 ↑ 8日に漬け込んだ、梅干しの「赤紫蘇入り甘酢漬け」を本日取り出して、味見をしました。いけそうです~(゚m゚*)

Ha0010071007200709tsukemonoume01  Ha0010071007160708tsukemonoume01

↑ あとは、この入れ物に入っています。丸い瓶には紫蘇入り甘酢漬け」、切立瓶には「紫蘇漬けが入っています。

勢いに乗って、昨日はラッキョウの「甘酢漬け」もつくりました。

Ha0b10071012150711tsukemonoume01  Ha0c10071007100707tsukemonoume01

↑ ラッキョウの甘酢漬け。左:材料 右:出来上がり(中身のラッキョウは350g)。ビンは大きいのに、中身は少ないですね~(o^-^o)

        つくり方(レシピ)は続きをご覧ください

        梅干しの「赤じそ漬け」、「赤じそ甘酢漬け」の作り方

            orengeさんのレシピを参考にしました。

Ha0010070815140700tsukemonoume01_2

(1)縮緬赤紫蘇2束・・・1束120g(120円)、2束で合計240g(240円)を購入

(2)赤じその葉を茎から摘み取る。摘み取った葉の重さは240gありました。

(3)葉の重さの10%の塩(24g)を用意する。

Ha0010070815370701tsukemonoume01_3 Ha0010070816270702tsukemonoume01_2 

(4)葉をよく水洗いして、ざるにあげ、よく水を切る。

Ha0010070817330703tsukemonoume01 Ha0010070817400705tsukemonoume01

(5) ボウルに葉を入れて、塩半分の量(12g)を振り、よく揉んでアクを出し、アク汁を捨てる。残りの塩を入れて、再び強く揉んでアクを出し、このアク汁も捨てる。orengeさんはこれを3回行いましたが、ここでは手抜きして2回ですましてしまいましたm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン。もちろん3回の方が良いに決まっています。

Ha0010070817550706tsukemonoume01 (6)ボウルに梅を漬けた容器から少量の梅酢を入れ、絞った紫蘇の葉をほぐす。

(7)ほぐした紫蘇の葉を、容器の上に平らに乗せる。できた、赤梅酢も一緒に容器に戻す。

注:ここでは、できた紫蘇の葉は、重量を量って、塩漬け(梅1.7kg)用と甘酢漬け(梅0.4kg)用に比例配分して使いました。

       梅干しの赤じそ入り甘酢漬けの作り方

 6月25日に漬け込みをした塩分12%の梅干(350g)に、砂糖140gを追加し、容器の中で、梅がかぶるくらいに酢をいれました。

        ラッキョウの甘酢漬けの作り方

(1)ラッキョウの甘酢漬けは、6月25日に漬け込み、14日(2週間)ほど経った塩ラッキョウ(1.4kg)を使う。、昨日(7月9日)に取りだしました。

(2)取り出した塩ラッキョウを、水洗いして塩を抜き、3%濃度の塩水に2~3時間ほど浸してラッキョウの塩分を調節する。

(3) 甘酢は、ステンレスの鍋に砂糖200g、酢600mlをあわせ、中火で砂糖が溶けるまで暖め、溶けたら火を止めてさます。

(4) さめたら、ビンに入れたラッキョウに(3)でつくった甘酢を入れる。赤唐辛子1本も、種子を取り除いて入れる。出来たのが上↑のガラス瓶の写真です。

 

|

« ツバメの雛・食事とウンチ:2010年ツバメの子育て(5) | トップページ | ツマグロヒョウモンの幼虫と蛹 »

ガーデニング」カテゴリの記事

果実」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

ラッキョウの美味しい季節になりましたね。
我が家も家内の父がいつも漬けたものを
お裾分けしてもらっていただいています。

投稿: どてかぼちゃ | 2010/07/11 06:33

どてかぼちゃ さん、今晩は
今年はラッキョウの甘酢漬けにも挑戦しました。
うまくいきそうなので、来年もつくろうかと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/07/11 20:51

ぴょんぴょんさん、こんばんは
赤じそ漬け出来ましたネ♪
紫蘇をもむのは、力のある男性の方が簡単に出来たのではないでしょうか?
梅干しの赤じそ入り甘酢漬けも作られて、すごいですねぇ~
私は梅干しの甘酢漬けは、作ったことありません。
ちょっと興味津々です♪
これからも、いろいろ挑戦なさって下さいネ
奥さまのお仕事が無くなっちゃうかな?(^^ゞ

投稿: orenge | 2010/07/12 01:06

orenge さん、お早うございます
青梅で梅酒をつくって楽しんでいましたが、
梅干しの赤じそ漬け、orengeさんのブログに触発されて、つくってみようとする気なりました。
orengeさんのレシピと首ぴきでつくりましたよ~ 有り難うございます。あとは、土用干しで完成ですね。梅雨明けが、待ちどおしィ~(゚▽゚*)

投稿: ぴょんぴょん | 2010/07/12 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/48842629

この記事へのトラックバック一覧です: 梅干しの「赤じそ漬け」「甘酢漬け」をちょっと味見。ラッキョウも「甘酢漬け」をつくりました。:

« ツバメの雛・食事とウンチ:2010年ツバメの子育て(5) | トップページ | ツマグロヒョウモンの幼虫と蛹 »