« キアゲハの羽化 | トップページ | 8月の庭の花:バラ(スペクトラ)、ガイラルディア、オシロイバナ、サルビア・ガラニチカ »

2010/08/30

バジルの花が咲きだしました

裏庭の脇に植えたバジル(スイートバジル)が小さな白い花を咲かせました。バジルは、花を咲かせたままにしておくと、葉が固くなってしまうので、食用とする場合は摘み取ってしまう方がよいが、我が家では、全部花を摘まないで、種子を採るために一部残しておきます。

Ha0010082715030800basilhana01_2

↑ スイートバジル:シソ科メボウキ属。 多年草(日本では1年草扱い)。 原産地:熱帯亜細亜、インド。 通称:バジル 和名:メボウキ(目箒) 別名:バジリコ(イタリー語)。

Ha0210083009480808basilhana01

↑ 花は、通常、夏の終わり頃に咲く(撮影 2010/08/30) 

Ha0210083010450810basilhana01

↑ 和名の「メボウキ(目箒)」は、種子を水に浸し、表面にできるゼリー状のもので、目に入ったゴミを取るのに使われたことから、目を掃除する箒の意をもって名付けられた。

Ha0310082716190802basilhana01_2

↑ スイートバジルの葉。

野菜サラダ、肉料理などの香りづけとして重宝しています。夏は、ショウがなどとともに、食欲増進などの効果があります。

Ha0410082715030801basilhana01  Ha0510083009380806basilhana01

↑ 日本には漢方薬として、江戸時代後期に渡来したという。葉茎に、抗ウツ、殺菌、解熱、食欲増進などに効果のある成分が含まれているという。但し、妊婦は授乳により、赤ちゃんに影響を与える可能性があるので、多量の摂取は避けけた方が良いかもしれません。

|

« キアゲハの羽化 | トップページ | 8月の庭の花:バラ(スペクトラ)、ガイラルディア、オシロイバナ、サルビア・ガラニチカ »

家庭菜園」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

バジルの白い葉が爽やかですね。
効能の多さに驚きました。
戦後に入ってきた植物だと思っていましたが
江戸時代から栽培されてるんですね。

投稿: mico | 2010/08/30 18:27

mico さん、今日は
バジルは裏庭の隅に植えて育てていますが、ほっておいてもどんどん生長してくれます。
野菜サラダに香りづけとして使っています。
梅酢をちょっと加えると和風のサラダになります。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/08/31 14:55

こんばんは
バジル、とても元気にいっぱい成長していますネ
これだけあると、お料理におしみなく使えていいですねぇ~
ドライバジルも作っておくと、冬場でも重宝しそうですネ
我が家は、種まきが遅かったので、今頃やっとです(^^ゞ
まだ、お料理に使える程でも無いのですが・・・(^^ゞ
大葉は、こぼれ種からいっぱい出てきたのですが、途中から虫が好んでしまいました~(/_;)

投稿: orenge | 2010/08/31 23:38

orenge さん、お早うございます。
近いところに植えてあるので、必要なとき好きなだけ選んで採ってこられるので重宝しております。
種は採取して来年また蒔こうと思っています。

< ドライバジルも作っておくと、冬場でも重宝しそうですネ

ドライバジルをつくるという方法もあるんですね。
沢山あるので、つくてみます(._.)アリガト ~

投稿: ぴょんぴょん | 2010/09/01 06:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/49295288

この記事へのトラックバック一覧です: バジルの花が咲きだしました:

« キアゲハの羽化 | トップページ | 8月の庭の花:バラ(スペクトラ)、ガイラルディア、オシロイバナ、サルビア・ガラニチカ »