« 白い糸で吊り下げられた赤いコブシ(辛夷)の種子 | トップページ | 9月のキジ(2):秋の換羽が大分進みました。のんびりお散歩です »

2010/09/19

玉簾(ゼフィランサス)の花が咲き、コムラサキ(小紫)の実が色づきました。

毎年8月末に花を咲かせる玉簾(ゼフィランサス)が、今年は8月の猛暑のせいでしょうか、開花直前に枯れ込んでしまって、「こりゃ~駄目かな」と思ったら、涼しくなって急に息を吹き返したように芽を出し、あれよという間につぼみをつけて花を咲かせてくれました。開花は大幅に遅れたが、元気ですよと挨拶してくれました。

Ha0010091809550902tamasudare01

↑ タマスダレ(玉簾): 今年は開花が大幅に遅れたが、元気に咲いて秋の訪れを告げてくれました。例年は1列になってそろって咲いてくれるのですが、今年は株ごとにまちまち。まだ、これから花を咲かせようとしている株もあります。

Ha0010091809560905tamasudare01_2

↑ 花は朝の咲きたての姿が清々しい。

Ha0010091807390901tamasudare01

↑ 「花びらに傷がついた」と思ったらそうではないのですね。そのような’仕様’なのですね。

2007年に咲いたときのゼフィランサス(玉簾)は、→こちら です。

      コムラサキの実が色づくのも、今年は大幅に遅れました。

今年の夏(8月3日掲載に花を咲かせたコムラサキ(小紫)がようやく色づき始めました。

Ha0010091807150901komurasaki01

↑ 紫色に色づいたコムラサキのまん丸の実。

Ha0010091807190903komurasaki01

↑ コムラサキ:クマツズラ科ムラサキシキブ属。 落葉低木 コムラサキシキブとも言う。

Ha0010091807200904komurasaki01

↑ 緑色から次第に紫色に色づいてゆくコムラサキの実。

|

« 白い糸で吊り下げられた赤いコブシ(辛夷)の種子 | トップページ | 9月のキジ(2):秋の換羽が大分進みました。のんびりお散歩です »

ガーデニング」カテゴリの記事

果実」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/49492026

この記事へのトラックバック一覧です: 玉簾(ゼフィランサス)の花が咲き、コムラサキ(小紫)の実が色づきました。:

« 白い糸で吊り下げられた赤いコブシ(辛夷)の種子 | トップページ | 9月のキジ(2):秋の換羽が大分進みました。のんびりお散歩です »