« 公園通りのサザンカと裏庭のアカハラ | トップページ | 最後のキク、最後のカキ、そして冬の到来 »

2010/12/14

冬の花壇づくり:パンジーとサクラソウ

春の花壇づくりも楽しいが、冬の花壇づくりも私にとってはたのしい庭仕事の一つです。パンジーは冬の寒さにもめげず綺麗な花を咲かせてくれるので、私の好きな花の一つです。昔は、というと笑われそうですが、20年くらい前は、毎年種を蒔いて苗を育てていました。しかし、今は、HCで安価な苗が容易に入手できるので、そのポット苗を購入して移植するという安易な方法をとっています。多少堕落したかも知れませんね。

Ha0010120711161205pangy01

↑ 今年も昨年と同じく、手前にパンジーを植えました。その後方には、サクラソウで花壇を飾ろうかと思っています。サクラソウの後方に見える緑色の植物はタマスダレ(ゼフィランサス)で、毎年秋(9月)に花を咲かせています。タマスダレの後方には、夏(8月)に花を咲かせるグラジオラスが植えてあります。そして、パンジーの花後は、2007年はニチニチソウ、メランポジュムを植えました。1年草は品種やアレンジを自由に変えることができるので、家内などの要望を受けいれて変えたりしています。2008年4月のパンジーとサクラソウは→こちらをご覧ください。

Ha0010120610171201pangy01 Ha0010120610171202pangy01

↑ 今年もパンジーの要望が強くパンジーにしました。

Ha0010120610171203pangy01 Ha0010120610181204pangy01

↑ 花色は昨年と少し変えています。

              アカハラ君裏庭に再来

Ha0010121408581201akahara01

↑ 裏庭のイヌツゲの生垣で四周の様子を見るアカハラ。

Ha0010121408591202akahara01

↑ 昨日裏庭を訪れたアカハラかと思われます。昨日と違って今日は少し大胆になったようです。全身を見せて、イヌツゲの黒い実を食べていました。近すぎて、姿が画面からはみ出してしまいました。画面はすべてノートリです。

Ha0010110612241101inutsugemi01 Ha0010121409591203inutsugemi01

↑ イヌツゲの果実。 アカハラはこの実を食べていました。

|

« 公園通りのサザンカと裏庭のアカハラ | トップページ | 最後のキク、最後のカキ、そして冬の到来 »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
何時も拝見させて頂いています。

アカハラ君は初めてです。

イヌツゲの果実
私の投稿した(サカキ(榊))と良く似ていますね~。

イヌツゲ今ネットで見ましたら良く似ています。
でもチョット違うかな?
きのこと同じですね。見分けが難しいですね。

投稿: トラ | 2010/12/14 20:19

トラ さん、お早うございます。
アカハラ君は、この冬はこの子が我が家の周辺をテリトリーとして定着したようです。
これから、ちょくちょく顔を見せてくれるものと期待しているところです。
イヌツゲの黒い実、右図は朝露に濡れて光っています。
味は、不味いのか、美味いのか、判りません。今度、試食して見ようかと思っています。おそらく、ぺっぺっではないかと思っているのですが・・・・

投稿: ぴょんぴょん | 2010/12/15 09:25

アカハラ君、いいですね。
かなり近づいてくれたのですね。
名前の通りお腹の赤が綺麗です。
犬柘植の実を試食しようと考える、ぴょんぴょんさんは相当鳥好きですね。

投稿: taka | 2010/12/15 10:26

冬の花壇作り楽しそうですね。
アカハラの写真、図鑑を見ているようです。

投稿: mico | 2010/12/15 11:03

taka さん、今晩は
アカハラ君、我が家の裏庭へも進出して来ました。しかし、裏の柿畑は、ツグミ君やヒヨドリ君が頑張ったいるので、そう易々とは占拠できないかと思っています。当分は、朝方、ゲリラ的に侵入して、昼間は前のSさん脇の柿の木周辺で過ごすのではないかな~と思っています。
犬柘植の実、ちょっと見では、舐めても何ともなさそうです。でも、私よりも上手のH大先生がいます。ひょっとしたら、H大先生、もう味見をしているかも知れません。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/12/15 17:25

mico さん、今晩は
花壇の中で、1年草を主体とした、自由に植え替えの効くコーナーを設け、毎年、ああでもないこ~でもないと言いながら、花壇をつくって楽しんでいます。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/12/15 17:31

今は、種から育てる手間暇を考えると、
ポット苗を買った方が
はるかに安上がりとなりましたね。
私も、種から育てることは
ほとんどなくなりました。
これから春に向けて
いろいろと楽しみな花壇ですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2010/12/15 18:16

ぽちっとありがとうございました。
ぱっと見た時、うちの花壇と感じが似てる!と思いましたが、広さだけでなく、1年通して計画的に植えてみえるところが全然違いますね。
うちは狭いので、季節毎に楽しむのが精一杯。
それでも今年の夏はここで千成りひょうたんが40個育ちました。(^-^;
パンジーやビオラは華やかで、育てやすくて、安いので(゚m゚*)ガーデニング初心者には欠かせません。
ぴょんぴょんさんのブログは四季の移り変わりを感じて楽しいです。

投稿: mint | 2010/12/16 16:54

ぴょんぴょんさん
 初めまして。
 きょうぴょんぴょんさんのブログを拝見させていました。これからも、冬の花壇作りをしようと思っていますので、とても参考になりました。
ちなみにブログに書いてる花達は一緒に植え付けたのでしょうか?教えていただければ有り難いです。

投稿: トットちゃん | 2012/12/13 11:48

トットちゃん 今晩は!
一つの花壇で、春夏秋冬と花を楽しめたらいいな~と思って選んだ花たちです。
< ブログに書いてる花達は一緒に植え付けたのでしょうか?
いえ、一緒に植えなくて、植え付けの適期に順次植え付けて行ったものです。
初めての場合は、グラジオラス、タマスダレ、サクラソウなどは春先に植えてもよろしいかと思います。いずれも多年草なので、2~3年はそのままにしても花を咲かせてくれると思います。ただし、サクラ草は、夏場は半日陰の環境を好みますので、日当たりの良い花壇では夏を越せないかもしれません。そのような場合にはプリムラ・ポリアンサなどがよいかもしれません。
それと、御存知かと思いますがグラジオラスは草丈が高く伸びますので、一番後ろに植え付けることです。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/12/13 19:04

ぴょんぴょんさん
  こんばんは!色々詳しく答えてくださってどうもありがとうございました。園芸の素人で分からないことばっかりです。とても参考になりました。
good

投稿: トットちゃん | 2012/12/13 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/50300127

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の花壇づくり:パンジーとサクラソウ:

« 公園通りのサザンカと裏庭のアカハラ | トップページ | 最後のキク、最後のカキ、そして冬の到来 »