« シャコバサボテン(クリスマスカクタス)が咲きだしました | トップページ | イチゴの花が咲いてしまいました。 »

2010/12/10

露地植えのアブチロン(チロリアンランプ)

大方の花が終わってしまったというのに、庭のアブチロン(チロリアンランプ)の赤い花が、「山小屋の灯」のように風に揺らいでまだ咲いています。

Ha0110120610101210abutilon01

↑ アブチロン:アオイ科アブチロン属 半つる性常緑低木 原産地:南米(熱帯・亜熱帯) 和名:浮釣木(ウキツリボク) 別名:チロリアンランプ

Ha0310120610041207abutilon01

 ↑ このアブチロンは、ブラジルの熱帯~亜熱帯地域が原産地であると言われており、寒さに弱い(最低温度5℃)ため、2007年春までは、鉢植えにして春から秋までは戸外に置き、冬季は屋内に取り込んで寒さを凌いできました。

Ha0410120610081209abutilon01

↑ しかし、屋内に取り込むと、管理が大変なので、できれば年間を通して戸外で育たいと思っていました。数年育てて、関東の北部でも、暖かいところに置いて、寒さよけの対策をすれば、何とか冬越ができそうだとの触感を得ました。

Ha0510120910581201abutilon031

↑ 2007年春、思い切って挿し木をした苗木を戸外に4本移植しました。その苗木の1本が無事に根付き、2冬を越して今年3年目の冬を迎えようとしています。

Ha0710120609591205abutilon01

↑ 赤い提灯を連ねたように咲いています。「山小屋のともしび」のようにも見えるし「赤いランタン」を連ねたようにも見えます。

Ha0810120613401212abutilon01

↑ ジャングルのように繁ったアブチロン。このアブチロンも年内に剪定しょうと思っているのですが・・・どこから手をつけてよいのか、持て余し気味です。゜゜(´□`。)°゜。。

|

« シャコバサボテン(クリスマスカクタス)が咲きだしました | トップページ | イチゴの花が咲いてしまいました。 »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

アプチロンランプ我が家でも戸外で咲いています。
環境に順応するようですね。

投稿: mico | 2010/12/11 14:16

アブチロン、あの独特のお花が可愛らしいですよね。
我が家でも斑入り種を露地植えしていますが、
昨年は、結構寒い日が続いたのでダメかと思いましたが、
冬場も関係なく花をつけて元気に冬越ししてくれました。

投稿: どてかぼちゃ | 2010/12/12 05:36

チロリアンランプのほうが、和名のウキツリボクより
ぴったりくる気がします。
露地のままで蔓延ってるのをあちこちで見かけますから、
寒さには案外強いのかもしれませんね。

投稿: waiwai | 2010/12/12 21:18

mico さん、今晩は
チロリアンランプ、冬の寒さが心配でしたが、戸外を2冬過ごしてくれたので、やや安堵といったところです。
mico さんのお家でも、元気に冬越をして咲いていますか。南国生まれでも、意外と寒さに強いようですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/12/12 21:56

どてかぼちゃ さん、今晩は
アブチロン、どてかぼちゃ さんのお家でも、戸外で冬越をして、花を開いてくれましたか。
熱帯系の植物であるから寒さに弱いかと思ったのですが、意外と耐寒性があるので驚きました。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/12/12 22:03

waiwai さん、今晩は
私も、この花は風情があって、チロリアンランプと呼んだ方がぴったりだと思っています。
花が次々と咲くので、なかなか剪定ができないでいます。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/12/12 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/50263263

この記事へのトラックバック一覧です: 露地植えのアブチロン(チロリアンランプ):

« シャコバサボテン(クリスマスカクタス)が咲きだしました | トップページ | イチゴの花が咲いてしまいました。 »