« ガガイモの果実:鞘と種子 | トップページ | NZクライストチャーチ大地震発生 »

2011/02/22

乙戸沼のヨシガモ;コハクチョウの北帰行

山形県酒田市最上川スワンパークで2月11日にコハクチョウの北帰行が始まったという情報(Yomiuri ONline)に接し、また、長野県でも犀川白鳥湖などでコハクチョウの北帰行が始まった(2月12日・信毎web)というブログの情報に、ここ、土浦市乙戸沼のコハクチョウの北帰行もそろそろかなと思いつつ、昨日(2月21日)、行って見たら、コハクチョウはすでに北に旅立ってしまったようで1羽もいませんでした。昨年は、水戸市大塚では、4月19日に北帰行が始まっているので、今年の茨城県からのコハクチョウの北帰行は大分早いようだ。旅立ちの見送りをしたかったが、間に会わず、少々名残り惜しい気持ちでした。でも、1月31日には、この池でコハクチョウたちと十分遊んだ(2月10日にUP)ので不満はありません。池には、残ったヨシガモの2つがいとカワウ、オオバンががちょっと寂しげでしたが仲良く遊んで帰りました。

Ha0011022115090212yoshigamo02

↑ コハクチョウが北に帰り、急に静かになった乙戸沼にとどまって遊泳しているヨシカモの群(撮影 2011/02/21)

Ha0411022115090202yoshigamo02

↑ オスの頭部の毛の色は、光の当たり具合によって、緑~暗緑色~黒色と変化します。

Ha0211022115090207yoshigamo02

↑ オスのナポレオン帽のような冠羽、鎌状に長く湾曲して伸びる三列風切りが、ヨシガモの特徴です。

Ha0311022115090209yoshigamo02

↑ メスは褐色で黒い斑紋があり、嘴は黒い。

Ha0011022115150210yoshigamo01

↑ ヨシガモは、北海道で一部は繁殖するが、大多数は冬鳥として九州以北に渡来するという。

Ha0111022115160217yoshigamo01

Ha0211022115160219yoshigamo01

Ha0311022115160220yoshigamo01_2

Ha0411022115160221yoshigamo01

 ↑ 同じ個体です。光線の当たり方で、頭の色が微妙に変化するのが面白く、見ていて飽きません。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 御来訪&ポチっと一押し、有難うございました。

|

« ガガイモの果実:鞘と種子 | トップページ | NZクライストチャーチ大地震発生 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ヨシガモの姿を楽しませていただきました。
湾曲している羽根がユニークですね。

投稿: mico | 2011/02/23 10:31

mico さん、お早うございます
コハクチョウは北帰行の途についたらしく池には1羽もいませんでした。その代わり、ヨシガモさんが遊んでくれました(゚m゚*)。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/02/23 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/50945157

この記事へのトラックバック一覧です: 乙戸沼のヨシガモ;コハクチョウの北帰行:

« ガガイモの果実:鞘と種子 | トップページ | NZクライストチャーチ大地震発生 »