« 福寿草:早春の筑波山ハイク(1) | トップページ | 番外編:啓蟄と春雪・我が家の庭 »

2011/03/08

カヤクグリ、ルリビタキ:筑波山ハイク(2)

前日の続きです。ケーブルカーに乗って、筑波山頂上駅に到着。駅前広場に出ると、天気は良かったが冷気が身を引き締めます。駅前広場は雪がなかったが、林の中はまだ残雪に被われており、今の時期、運動靴やパンプスの軽装登山はちょっと無理でしょう。四周を散策したあと、「かたくりの里」で、しばらくただずんでいると、お目当てのカヤクグリの群が姿を現してくれました。

Ha0111030411260301kayakuguritsukuba

↑ 雪の中で採餌するカヤクグリ(撮影 2011/03/04 筑波山) 

カヤクグリ:スズメ目イワヒバリ科。 全長14cm 日本固有種

雌雄同色でスズメ大の鳥。体は上面は茶色、下面は暗灰色。翼や腹には黒褐色の縦斑がある。分布が限定的で、日本固有種といえる。

Ha0211030412130310kayakuguritsukuba

↑ 細かく動きまわり、用心深くてなかなか姿を見せません。しかし、雪が降ったりして、おなかが空いているのでしょう、雪融けあとの草地で、一生懸命、餌を探していました。 

Ha0311030412130318kayakuguritsukuba

↑ 分布:「本州中部以北の北海道までの高山帯。本州中部以南では紀伊半島の弥山、四国の石鎚山、剣山などに繁殖の記録がある。冬は山地、山麓部に見られる(中村登流:野鳥の図鑑・陸の鳥①による)。

          ルリビタキ♀も遊んでくれました

ハギマシコが姿を見せてくれるかなと期待したのですが、姿を見せてくれませんでした。その代わり、ルリビタキのお嬢が、長いこと遊んでくれました。

 

Ha0311030411200301ruribitakitsukuba

↑ ルリビタキ♀も姿を見せてくれました。「枝かぶり」といって、CMやCWには歓迎されませんが、ルリちゃんにとっては安全な場所なんですね。

Ha0111030411330304ruribitakitsukuba

↑ この子、割合と人なっこくて、だんだんと近づいてきました。

Ha0211030411200302ruribitakitsukuba

↑ サービスよく、後姿も見せてくれました。今年は、どうしたことか、ルリビタキの当たり年で、あちらこちらでルリビタキに会いました。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 ご訪問有難うございました。

|

« 福寿草:早春の筑波山ハイク(1) | トップページ | 番外編:啓蟄と春雪・我が家の庭 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
雪とカヤクグリ 素敵な組み合わせですね。
筑波山でお目当ての鳥に会えてよかったですね。
ルリビタキは最近女の子にも逢えません。
ぴょんぴょんさんは 男の子にも逢えて 当たり年ですね、うらやましいnote

投稿: zucca | 2011/03/08 21:55

カヤクグリ初めてです。
ルリビタキニも出合えて何よりでしたね。
おかげさまで楽しませていただきました(感謝

投稿: mico | 2011/03/09 08:25

zucca さん、今日は
筑波山、山頂でカヤクグリとルリビタキに会いました。
山頂はまだ雪が残っており、春はまだまだという感じでした。カタクリの花が咲く頃、また来ようかと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/03/09 18:04

mico  さん、今日は
4年前(2007年3月3日)にも、カヤクグリに会いましたが、その時は筑波山の麓でした。
カヤクグリは寒さに強いようですね。冬の間だけ筑波山にきて、夏は涼しい高山んで過ごすようです。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/03/09 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/51067320

この記事へのトラックバック一覧です: カヤクグリ、ルリビタキ:筑波山ハイク(2):

« 福寿草:早春の筑波山ハイク(1) | トップページ | 番外編:啓蟄と春雪・我が家の庭 »