« キジの”ほろ打ち”が始まりました | トップページ | カケス »

2011/03/29

ラッパズイセン、ハナニラ(セイヨウアマナ)、スノーフレイクが開花

春の到来です。庭のラッパズイセン(喇叭水仙)が、この2~3日の晴天で、元気よく咲きだしました。近くの公民館に植えられたハナニラ(セイヨウアマナ)スノーフレイクも、M9の大地震、大津波、原発事故の喧騒をよそに、一斉に花を咲かせました。

Ha0111032810110304rappazuisen01

↑ 庭に咲きだしたラッパズイセン(撮影 2011/03/28)

スイセン:ヒガンバナ科 球根植物。原産地:地中海沿岸地方、南ヨーロッパ。

Ha0111032907140311rappazuisen01

↑ ラッパズイセン:副冠がラッパ状で、その長さ花弁と同じかそれ以上のものを言う。

Ha0411032907200321rappazuisen01

↑ つぼみ。花は1茎に1個つく。

Ha0111032709540304amana01

↑ ハナニラ(花韮):ユリ科 多年草。 別名:セイヨウアマナ

このハナニラ(セイヨウアマナ)は、2007年にも3月に咲きはじめました

Ha0211032709500302amana01

↑ 白い花びらに暗紫色の筋が入っています。

Ha0311032709540304snowflake01

↑ スノーフレイク : ヒガンバナ科 球根植物。

Ha0511032709460301snowflake01

↑ 花びらは白く、その先端に緑色の斑点があり、この花のチャームポイントとなっています。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

|

« キジの”ほろ打ち”が始まりました | トップページ | カケス »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 もうそちらはアマナが咲いているのですか。早いですね。こちらで野生のアマナが名咲くのは、4月もなかば近くになってからです。

投稿: Frank-Ken | 2011/03/30 09:48

Frank-Ken さん、今晩は
緊張感が緩んでしまった証拠ですね。また、やってしまいました!(大汗)
アマナはアマナでも、本種はセイヨウアマナと呼んでいる種で、日本在来のアマナとは別種なのです。安易に使って誤解をさせてしまい申し訳ありません。そしてセイヨウアマナは別名で、本名(和名)は、ハナニラ(花韮)です。2007年3月27日のこのブログに掲載したハナニラと今回掲載したハナニラは、ほぼ、同じ場所に咲いたものです。本文を訂正してアマナをハナニラに書き直しました。どうも有難うございました。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/03/30 23:25

こんにちは。

スノーフレイクかわいい花ですね。私は義母に「すずらん水仙」と教えてもらいました。ここ何年か見かけないので、絶えてしまったかもしれません。
ラッパ水仙は、たくさん咲いています。

投稿: sono | 2011/03/31 13:36

sono さん、今晩は
スノーフレイクの花はスズランに似ていて印象的ですね。スノーフレイクはかなり頑強な植物なので、ひょっとしたらまだ元気に頑張っているかも・・・
ラッパ水仙も、頑強な植物ですね。我が家でも年々増え続けています。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/04/03 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/51249447

この記事へのトラックバック一覧です: ラッパズイセン、ハナニラ(セイヨウアマナ)、スノーフレイクが開花:

« キジの”ほろ打ち”が始まりました | トップページ | カケス »