« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の記事

2011/07/31

7月の花鳥虫

梅雨の戻りでしょうか、ここ2~3日は大雨が降ったりして、異常天気が続いています。今日で7月は終り、明日から8月ですが、まだまだ、暑い夏は続くかと思います。

一期一会、7月に咲いた花、出会った鳥や虫たちで、まだこのブログに登場していない花と鳥と虫、何か縁があったのでしょう、少し窮屈になりましたが、まとめてUPします。

                      

Ha0311071108300708hemerocallis01
↑ ヘメロカリス:畑中の散歩道でよく見かけます(撮影 2011/07/11)。

Ha0211071108250705hemerocallis01  Ha0111071108230702hemerocallis01

↑ ヘメロカリス:ユリ科ワスレグサ属 多年草 

畑中の誰に見せばやこの花を・・・・ 

Ha0111071108270702daria01

↑ ダリア:かっては人気の花でしたが・・・・

Ha0211071108290706daria01  Ha0311071108290705daria01

↑ ダリア:キク科ダリア属 非耐寒性球根植物 

Ha0011071108210704yabukanzou01
↑ ヤブカンゾウ:ユリ科ワスレグサ属 多年草 別名:ワスレグサ

                     

続きを読む "7月の花鳥虫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/30

初採りスイカの初味見・番外編:アゲハの前蛹

7月22日に初収穫した大玉スイカを2日ほどおいて24日に初味見しました。その後、7月27日には小玉スイカを初収穫し、これも2日後の29日に初味見しました。その結果、大玉は (´;ω;`)ウウ ・・・で、小玉は (v^ー゜)ヤッタネ!! ・・・・でした。 スイカは収穫する時期を見極めることが大切なんですね~

                  スイカの初味見

Ha0111072214100709suikaohdama01_2  Ha0111072812250711suikakodama01

↑ 左:大玉スイカ 収穫:7月22日 重量:3.5kg

   右:小玉スイカ 収穫:7月27日 重量:2.0kg

見た目には、大玉スイカも、小玉スイカも熟したように見えたが・・・

Ha0211072408380706suikaohdama01  Ha0211072908530703suikakodama01

↑ 割ってみたら、大玉スイカ(左)の方はまだ赤味が薄くてピンク色。これに対して小玉スイカ(右)は赤味が深い。種も、大玉の方がやや未熟。

 

Ha0311072413070711suikaohdama01  Ha0311072914000705suikakodama01

↑ 大玉スイカの方は、収穫がちょっと早すぎたようです。小玉スイカは丁度食べ時の適期のようでした。

左:大玉スイカ 初味見:7月24日 やや甘味が薄い。

右:小玉スイカ 初味見:7月29日 甘味があり美味しかった。

メロンは収穫後、追熟させて丁度よい食べごろの時を見つけて美味しく食べることができるが、スイカは収穫して日をおいても、味は良くならない。つまり追熟させることができないということを知りました。美味しいスイカを食べるには、その熟し加減を的確に判断して収穫し、なるべく早いうちに食べるのがベストなんですね~

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

          番外編: アゲハの前蛹 

 

続きを読む "初採りスイカの初味見・番外編:アゲハの前蛹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/29

ノンオイルポテトチップス

今年は、ジャガイモが沢山とれた(2011/07/14 UP) ので、東京の親類や息子たちに送ってあげたりしたが、それでもまだかなり残りました。いろいろなお料理に使っていますが、少し目先を変えて、ジャガイモのおやつを手作りでつくろうと思い立ちました。

料理のブログを検索すると、ノンオイルポテトチップスのレシピが目につきました。ポテトチップスは大好きですが、その油~脂肪の摂取過剰~メタボが気になり敬遠していました。油で揚げないポテトチップスなら、メタボの心配はなく、良いかなと思い、早速A社の「チンしてチップス・スライサー付)」を通販a○azonで購入し、ノンオイルポテトチップスをつくってみました(o^-^o)。

Ha0111072813520704potetochips01

↑ 出来上がったメーイクインのノンオイルポテトチップス。

パリッとして油で揚げたポテトチップスと殆ど変りはありません。油を使っていないので、メタボを心配する必要がありません。

Ha0111072814270708potetochips01
↑ 器材はこれ。a○azonの通販価格で¥780、配送料¥0、代引きなら+¥260で、交通費ゼロ、居ながらにして手に入る。

Ha0211071216190711jyagaimosyuhkaku0  Ha0311071216220714jyagaimosyuhkaku0

↑ 材料はこれ。 菜園で採れた自前のジャガイモ。今回は「メイークイン」(左)と「はるか」(右)でつくりました。

両方とも形の揃ったチップができるという利点があります。イモはよく洗ったあと、芽の部分と傷やあばたは包丁で削り取ります。

      つくり方(レシピ)は以下を参照してください。

続きを読む "ノンオイルポテトチップス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/28

アブラゼミとアゲハの幼虫、そして招かざる客アカスジカメムシ

昨日(27日)夏らしい良いお天気、買い物をしにN公園を通って行くと、林の方からアブラゼミの合唱が聞こえて来ました。しかし、高い木の梢の近くに止まっているので、「声はすれども、姿は見えず」でした。

我が家の菜園の周りにも、セミの抜け殻が見つかっているので、アブラゼミに会えるかなと思って、今朝早く、アンズの木に行って見ると、いました。アンズの木の根元近くで樹液を吸って、朝のお食事の最中でした。お食事中はかなり近寄っても逃げません。今年の初見・初撮りのアブラゼミです。

Ha0211072811240704aburazemiseichyu0
↑ 朝、アンズの木の根元で樹液を吸っていたアブラゼミ(撮影 2011/07/28)。

Ha0211072710520707aburazeminukega_2
↑ アブラゼミの抜け殻。アンズの木の近くのヨモギの葉に止まって羽化しています(撮影 2011/07/27)。

   近くのユズ(柚子)の木にはアゲハ蝶が卵をうみつけていました。

続きを読む "アブラゼミとアゲハの幼虫、そして招かざる客アカスジカメムシ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/27

夏の宵の風物詩:カラスウリの花

秋になってオレンジ色に熟したカラスウリの果実を見るたびに、その花を見たいと思っていました。しかし、このカラスウリの花は、日が暮れて薄暗くなってから花を開き、夜中には満開となるが、その日の朝方には、もう花はしぼんでしまうので、なかなか見る機会がありませんでした。日中の明るい時間帯は、いくら待ってもカラスウリの花は咲かず、また咲いている花も見ることができません。花の咲きだす夕方まで待って、その念願が今年ようやく叶いました。

Ha0311072619030703karasuurihana01s
↑ 幻想的な花を咲かせ始めたカラスウリの花(撮影 2011/07/26 19:03)。

Ha0411072619060704karasuurihana01s
↑ 雌花の白い糸状の花弁が魅惑的です。今年は、丁度目線の高さのところに花を咲かせてくれたのでラッキーでした(撮影 2011/07/26 19:06)。

Ha0911072707340709karasuurihana01
↑ 翌日の朝(7月27日)、花はもうしぼんでしまいました。開花時には乱れ髪のように広がっていた糸状の花弁はきちんと再納入されています(撮影 2011/07/27 07:34)。

Ha1211072712000720karasuurihana02
↑ 次に咲くつぼみが待っていました。つぼみの基部の膨らみは「子房」です。

Ha1411072710510714karasuurihana01s
↑ 拡大した雌花。

Ha1511072710530715karasuurihana01

↑ 先に咲いた花はもう実を結んでいました。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/26

裏庭のお客さん:コゲラ

コゲラが裏庭の梅の木に遊びに来ました。梅の木を動き回り、自立して餌を探している様子から、もう、今年生まれた幼鳥ではないように見えました。

とすると、昨年の5月(2010/05/25 UP )に親子連れで裏の梅の木に来たコゲラの幼子 が、この梅の木を覚えていて訪ねてきてくれたのかな~

Ha0011072315290702kogera01
↑ 裏の梅の木に遊びに来たコゲラ(の若?)(撮影 2011/07/23)。

夏羽への換羽がまだ完了しておらず、毛並みが揃っていません。

Ha0011072315290703kogera01
↑ 頭を見ると、赤いポチが見えます。♂のようですね。

Ha0011072315290704kogera01
↑ 梅の木についた虫(カイガラ虫やアブラ虫)を探して食べているようです。

 

続きを読む "裏庭のお客さん:コゲラ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/25

グラジオラス開花

庭のグラジオラスが次々と花を咲かせています。今年もオレンジ色の花を咲かせるグラジオラス が真っ先に咲いたのですが、写真を撮ろうと思っているうちに花が終わってしまいました。しんがりは黄花のグラジオラスです。

Ha0211071911330703gladiolusall01
↑ 赤花のグラジオラス:6月18日の10日振りの降雨で花を咲かせました(撮影 2011/07/19)。

Ha0311072216180712gladiolusall01
↑ 桃花のグラジオラス(撮影 2011/07/22)。

Ha0411072216180715gladiolusall01
↑ 淡い赤紫色のグラジオラス(撮影 2011/07/22)。

 

Ha0511072508110724gladiolusall01
↑ 黄花のグラジオラス(撮影 2011/07/25)。

            庭の何か所かに植えています。

続きを読む "グラジオラス開花"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/24

トウモロコシの収穫まじかですが、アワノメイガ(幼虫)の食入が心配です。

本土直撃かと思われた台風6号が、24日15時には三陸沖にあって、北東へ35kmの速度で進行中との気象庁の発表で、やれ、一安心とほっとしました。

菜園のトウモロコシは、台風通過後のやや強い吹き返しで、一部の茎がかなり傾いたが、致命的な打撃にはならず、いよいよ最後の収穫期を迎えました。

Ha0211072107470704morokoshitaifuh10
↑ 台風6号の後、立ち直ったトウモロコシ(ハニーバンタム・ピーターコーン:中生87日 ウタネ) (撮影 2011/07/21)。

  Ha0311072107590710morokoshitaifuh10  Ha0511072316590714morokoshitaifuh10

↑ 絹糸が茶色くなりはじめました(撮影 左:2011/07/21    

   右:2011/07/23)。

播種が5月14日、雄穂の出現が7月5日、絹糸(雌穂)出現が7月15日。

収穫日の大凡の目安は、ウタネの説明書に従えば、播種後87日で、8月11日頃が収穫適期となる。一般的には、絹糸が出てから3週間後と言われているので、この目安に従えは、8月5日頃が収穫適期となります。両者の目安を勘案すると、我が家のピーターコーンの収穫適期は、お盆直前の8月5日~11日と予想されます。

ここで、一見、順調そうに見えますが、一つ心配なのは、今後活発になりそうなアワノメイガの食害です。雄穂出現期の7月8日と雌穂出現期の2回、トレボン乳剤1000倍希釈液をそれぞれ個別的局所散布をしたのですが、まだ完全に退治出来ていないようです。これからは、薬剤は散布しないで、幼虫を見つけたたら手で捕殺することにしており、毎日見回ることにしています。

続きを読む "トウモロコシの収穫まじかですが、アワノメイガ(幼虫)の食入が心配です。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/23

ムクドリの若

裏の柿畑を何気なく覗いたら、斜めに傾斜した柿の木をひょいひょいとよじ登っていく小鳥のシルエットが目に映りました。

ありゃ~と思ってカメラを取り出しシャッターを切り、そのシルエットの正体をパソコンの画像で確かめたら、なんとムクドリの若鳥ではありませんか。

Ha0011071715140702mukudoriwaka01
↑ 柿の木をよじ登る変な小鳥のシルエットに気がつきました(撮影 2011/07/17)。

Ha0011071715140703mukudoriwaka01
↑ 「鳥ならば、飛んで木の上に行けばいいのに・・・」と思って、はっと気がつきました。「この鳥、まだ十分に飛べない雛~若鳥なんだ~」と。

Ha0011071715140704mukudoriwaka01
↑ 明るいところに出てきたので、顔を確かめると・・・ムクドリの若でした。巣立ったばかりの、ほやほやの若様で、体が重いので飛ぶのはまだ苦手、足を使ってよじ登った方が楽なのかもしれません。

Ha0011071715140705mukudoriwaka01
↑ ようやく、木の繁みにたどりつき、木の葉の間に身を隠しました。

裏の柿畑は、今、野鳥の雛・若鳥たちの遊園地になっています。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/22

スイカ初収穫、メロン2個目の収穫

昨日、今日と、涼しくなったので菜園の作業がしやすくなりました。

この涼しさ、台風6号が鳥島東方に去った後に、千島近海の高気圧が北日本から東日本に張りだしたことによるらしい。

このお陰で、関東地方は気温が下がり、土浦の21日の最高気温は22.2℃、22日は23.2℃となった。しかし、来週からはまた暑さがぶりかえす様なので、菜園の野菜の収穫、サトイモの土寄せと草取り作業に精をだしました。

Ha0011072214100706suikadai10

↑ 大玉スイカ初収穫です(撮影 2011/07/22)。

大玉スイカでも今年は小振り、昨年は初収穫の大玉スイカが7.4kgでしたか、今年は3.5kgしかありませんでした。「収穫してから2~3日たって食べると果肉がしまり甘味が増える」というので、食べるのは2~3日後。それまでお預けで、味見の結果を今日お知らせ出来ないのが残念です。

スイカの真ん中にちょっと傷がついているのがお判りでしょうか?これはキジさん(と思う)が突っついた名誉の傷です。この傷跡を発見して、鳥除けネットを張りました。

Ha0011072107310704suikadai10  Ha0011072107300702suikadai10

↑ 左:ネットに守られた大玉スイカ 右:大玉スイカはあと3個くらい採れそうです。小玉スイカも間もなく採れそうです。

       プリンスメロン2個目を収穫しました

続きを読む "スイカ初収穫、メロン2個目の収穫"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/07/21

エダマメの莢が膨らみはじめ、ササゲ、アズキがいま花盛りです。

夏のビールに’エダマメ(枝豆)’は最高のおつまみで、そのおつまみを自前で調達しようとの一念から、枝豆を栽培しました。

Ha0111072107360706edamameyuagari10

↑ ようやく莢が膨らみはじめたエダマメ(撮影 2011/07/21)。

Ha0511072107200704edamameyuagari10

↑ 枝豆は「やせた畑でも容易に栽培でき、病気にも強くて育てやすい」と栽培手引書に書かれていたので組易しと思ったのが大間違い。4年くらい作っていますが、まだ満足する収穫を得るには至っていません。

種を直播して栽培する方法をとったが、発芽しないものや根切り虫あるいはヨトウの被害を受けたりして畝に’空き地’ができてしまいました。その空き地は遊ばせておくのはもったいないので余ったアズキの種を播きました。

        ササゲ、アズキは今花盛りです。

続きを読む "エダマメの莢が膨らみはじめ、ササゲ、アズキがいま花盛りです。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/20

夏野菜の収穫(2):トマト(桃太郎)、シシトウ、シロウリ(白ハグラ)の初採り。

プリンスメロンの初採りに続いて、16日には大玉トマト(桃太郎)シシトウ18日はシロウリ(白ハグラ)の初採をしました。

今年の夏野菜の出来栄えは、いまのところ桃太郎が、期待したよりは大玉に育たず、ツブが小さかったので、ちょっぴり不満でしたが、そのほかは大満足の出来栄えでした。

               6月16日の収穫

Ha0211071618440704tomatomomotarou01

↑ 桃太郎1番果、2番果:今年初採りです(撮影 2011/07/16 )。

ほぼ完熟で、重量は左140g、右150g。 形はよいが中玉くらいの大きさになりました。味はさすがトマトの王様、生食が抜群で、大変美味しかったです。

Ha0311071918260708tomatomomotarou_2  Ha0411071918250707tomatomomotarou01

↑ 1段目の次回収穫予定の桃太郎が控えています。

Ha0511071618470705tomatomomotarou01  Ha0611071618490706tomatomomotarou01

↑ 左:この日はシシトウも初採リです 。20本収穫しました。

  右:他に青ズッキーニ2本、ピーマン4個、中玉トマト4個、アイコ2個を収穫しました。

               6月18日の収穫

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

続きを読む "夏野菜の収穫(2):トマト(桃太郎)、シシトウ、シロウリ(白ハグラ)の初採り。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/19

夏野菜の収穫(1):メロンの初採り

5月上旬に定植した夏野菜が収穫最盛期となりました。6月に初採りしたキュウリ、ナスは、今のところ、毎日何個か収穫できています。7月に入って、9日に梅雨が明けてからは、連日の猛暑、人間様はぐったりしてしまいましたが、夏野菜は元気旺盛、、我が家では13日にプリンスメロン初採りしました。

Ha0111071307080706meronprince01

↑ 5月18日に定植したプリンスメロンの1番果が採り頃となりました。

Ha0211071306570704meronprince01

↑ 収穫の適期は、果実の表皮が白くなってくるのと、ツルのところに’分離層’ができることである。上↑の写真は、分離層が未だはっきり生じていないが、果実にひび割れが生じたので収穫することにしました。計量したら950グラムありました。

Ha0311071611190709meronprince01

↑ 果実は肉厚で、香りも甘味も、素人づくりにしては上出来と自画自賛しながら美味しくいただきました。

Ha0511071306580705meronprince01

↑ まだ2番果、3番果と5個ぐらい結実しています。お友達がきたら分けてあげようかと思っています。未熟果は果皮は緑っぽい。収穫まで、もう少し時間がかかります。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/18

ツバメの偽傷行動?

16日に巣立ちをした日の出来事です。ツバメ雛たちは、巣の近くのTVケーブルに止まり、地上に降りたり、飛び上がったりして、飛行訓練をしているように見えました。

そして、時々地面に降ります。地面と言っても、電線やTVケーブルは道路に沿って張ってあるので、降りた下はアスファルトで舗装された道路です。

Ha0311071610400710tsubamegisyoukoud

↑ アスファルト舗装した路上(県道)にツバメの雛たちが降り立ちました。あまり動きまわりません。この日は土曜日の休日の朝10時、車や人どうりの数が少なくてよかったかな。

巣立ちした16日、雛たちは、短い距離は飛べるので、巣から離れて巣の入り口の軒下やTVケーブル、あるいは電線などに止まって、親から餌をもらっていました。まだ、自力で餌を捕えるまでにはいっていないようです。

Ha0211071610390708tsubamegisyoukoud

↑ 電線の陰が路面を横断していました。 その日陰の線に雛たちが寄って来ました。カモフラージュのつもりで寄ってきたのでしょうか?それとも暑かったので涼を求めるために寄ってきたのでしょうか?

雛たちは、このアスファルト舗装をした道路が、人や車が往来する野鳥にとっては危険な道路であることをまだ認識していません。

Ha0411071610400711tsubamegisyoukoud

↑ 育ちの遅かった末っ子の雛子が、一羽だけ離れて、道の真ん中でエンコしてしまいました。

心配した親が、傍に寄って来て、こう言ったように聞こえました。 

「雛子、 ここは、人や車が通って危ないから、ケーブル線に上がりなさい」

         そこへ、怪しげな人が近づいてきました。

続きを読む "ツバメの偽傷行動?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/17

巣立ちしたツバメ’延泊’してくれました:2011年ツバメの子育て(4)

昨日巣立ちをしたツバメの雛、すぐ姿を消さなかったので、もう一日くらい延泊してくれるかな~と、淡い期待をしていたのですが。思ったとうり、延泊してくれました。

延泊は、巣の中では無く納屋の梁や渡し棒などに止まって休んだようです。朝、納屋の中にいるのを確認して、それから暫く経って、また見に行ったら、、今度は雛5羽(ムム5羽です)が入口の梁のところに並んで止まっていました。大家さんは、確か雛4羽が育ったと言ったし、昨日撮った写真でも4羽だったのに・・・

今朝は5羽の雛がいました。1羽増えていますアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!よその子が紛れ込んだのでしょうか?(ノ∀`) アチャー

Ha0011071706440704tsubametomari01

↑ 昨日巣立ちした雛が、’延泊’しました(撮影 2011/07/17  6:44)。

Ha0011071706440705tsubametomari01

↑ お父さん、お母さんも雛たちと一緒に’延泊’しました(撮影 2011/07/17  6:44)。

Ha0011071712440711tsubamekyoudai01

↑ あれ!昨日は雛はたしか4羽だったのに、今朝は5羽Σ(・ω・ノ)ノ!

Ha0011071712390710tsubamekyoudai01

↑5羽の雛が並んでいました。でも、排斥されずに一緒にいました。

続きを読む "巣立ちしたツバメ’延泊’してくれました:2011年ツバメの子育て(4)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/16

ツバメの雛が巣立ちました:2011年ツバメの子育て(3)

4月18日に姿を見せたツバメの夫婦が、お隣の納屋に巣づくり をし、産卵して雛を孵えしましたが、何としたことか、子育て半ばで巣が落下してしまいました。

巣は納屋の蛍光灯の上につくられたのですが、今年は、昨年つくった古い巣の上に、新しい泥を積み上げて巣がつくられました。この重みの増加によって、古い巣が、新らしく増築された巣の重さに耐えられず、落下してしまったようです。

巣は、家主のおじさんが、すぐ元のところに戻してあげたが、もうツバメは子育てを放棄してしまったそうです。心優しき家主のおじさんは、雛を引きとって、ねり餌をあげたりして懸命のお世話をしましたが、野生の雛の飼育は難しいのですね。とうとう天国へと行ってしまったそうです。でも、嬉しいことに、このツバメのご夫婦、間もなく2度目の巣ずくりを開始し、再び産卵して、雛を育てはじめました。そして今日、ついに4羽の雛の巣立ちまでこぎつけたのです。長いこと、御苦労さんでしたね。お疲れさまでした。今夜はゆっくりおやすみなさい。

Ha0211071610490707tsubamesudachi0_3

↑ 今日、雛4羽が巣立ちました(撮影 2011/07/16 10:49)。

Ha0311071610490702tsubamesudachi011

↑ 巣の中は空っぽです。巣は、蛍光灯の上につくられたので地震などの振動が与えられると滑りやすくなるかも知れません。

Ha0411071610460704tsubamesudachi011

↑ 末っ子は。外に出ても、すぐ納屋に入ってしまいました。

Ha0511071610440703tsubamesudachi011

↑ お父さん(お母さん?)が、「元気を出しなさい」と励ましているようでした。

続きを読む "ツバメの雛が巣立ちました:2011年ツバメの子育て(3)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/15

ハクセキレイの若;カボチャ1番果収穫!

先日(7月13日)、シジュウカラの若が裏の梅の木に遊びに来ましたが、今朝はわが家のバルコニーにハクセキレイの若が遊びに来ました。小鳥たちの巣立ちの季節なのですね、この子にも「元気に育ってね」と声援を送りました。

Ha0211071508440702hakusekireiwaka01

↑ バルコニーの物干し竿に止まったハクセキレイの若鳥(撮影 2011/07/15)。

Ha0611071508450706hakusekireiwaka01

↑ この子も、今年生まれた若ですね。まだ嘴が黄色いです。

Ha1311071508520713hakusekireiwaka01

↑ ようやく独りで餌を見つけて食べられるようになった頃かと思います。しかし、親を呼んでいるのでしょうか、大きな声を張りあげて盛んに鳴いていました。

Ha1811071508520718hakusekireiwaka01

↑ ここまで育ちました。元気に育って、また訊ねてきてね。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

菜園のカボチャが大きくなり、「ぼちゃん」と「エビス」の一番果を収穫しました。

続きを読む "ハクセキレイの若;カボチャ1番果収穫!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/14

ジャガイモ(6品種)の収穫が終わりました

3月18日から4月5日にかけて植えつけたジャガイモ6品種の収穫が7月12日に完了しました。我が家だけでは食べきれないので、これからジャガイモ大好きの知人、親類に分けてあげようかと思っています。

Ha0211071216350717jyagaimosyuhkaku0

↑ 収穫したジャガイモ6品種です(撮影 2011/07/12)。

1:ワセシロ 2:キタアカリ 3:ダンシャク(イモ)  4:メーイクイン 5:はるか 6:らんらんチップ

Ha0311052614200524jyagaimosyuhkaku0

↑ 5月の中旬から花が咲き始めました(撮影 2011/05/26)。

Ha0011070512130704jyagaimosyuhkak_2  Ha0011070308590722jyagaimosyuhkak_2

↑ 収穫 左:メーイクイン 右:ダンシャク

種イモの植え付け月日:

3月18日:ワセシロ、キタアカリ、ダンシャク 3月19日:メーイクイン 4月5日:はるか、らんらんチップ

植え付け量:

ワセシロ、キタアカリ、ダンシャク 、メーイクイン は1kg

はるか、らんらんチップは300g

収穫月日:収穫は梅雨期なので、お天気と相談してきめました。今年は、

7月2日:ワセシロ 7月4日:キタアカリ 7月5日:ダンシャク、メーイクイン 

7月12日:はるか、らんらんチップ

収穫量:

ワセシロ:25.04kg  キタアカリ:26.06kg ダンシャク:23.75kg

メーイクイン:34.75kg はるか:12.26kg らんらんチップ:11.00kg

(はるか、らんらんチップの収穫は、それぞれ300gに対する収穫量です)。

      以下は、今回収穫したジャガイモの図鑑です↓

         

 

続きを読む "ジャガイモ(6品種)の収穫が終わりました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/13

シジュウカラの若;ラッキョウの酢漬け

裏庭の梅の木陰に、小鳥らしきものがちらちらと動いているのに気がつきました。よく見たら、嘴が黄色くて、あどけない顔をしたシジュウカラの若鳥ではありませんか。今年、巣立ちをしたばかりの’若ちゃん’のようで、しばらく梅の木で遊んでくれました。

Ha0111071308060706shijyukarawaka01

↑ シジュウカラの若鳥が裏の梅の木に遊びに来ました(撮影 2011/07/13)。

親鳥は、近くにいるのかなと思って見廻しましたが、見当たりませんでした。ようやく独り立ちして、単独で餌を探せるようになったようです。

Ha0211071308060703shijyukarawaka01

↑ 嘴の周りには、まだ産毛が残っています。

Ha0311071308060705shijyukarawaka01

↑ この角度から見ると、もう立派な一人前の姿ですね。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

       ラッキョウの甘酢漬けをつくりました↓

続きを読む "シジュウカラの若;ラッキョウの酢漬け"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/12

サルスベリ、ムクゲ(八重)が開花しました

気象庁は9日、関東甲信地方の梅雨明けを宣言しました。平年より12日、昨年より8日早い梅雨明けだそうです。その後今日まで3日間連続で、真夏日が続き、あっという間にサルスベリムクゲの花が咲きだしました。

Ha0211071214290705toumorokoshisarus

↑ 夏の花サルスベリ(百日紅)が咲きだしました(撮影 2011/07/12)。

Ha0411071206170704toumorokoshisarus

↑ 花が次から次へと咲き、花期が長い。このため「百日紅」と呼ばれるようになった。

Ha0711071214310706toumorokoshisarus

↑ 偶然にも、昨年(2011)年と同じ7月12日の掲載となりました。今年の梅雨明けは、早かったが、サルスベリのカキは葉昨年と殆ど同じ頃となりました。

続きを読む "サルスベリ、ムクゲ(八重)が開花しました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/11

トウモロコシ(ハニーバンタム)が開花

5月14日に播種したトウモロコシ(ハニーバンタム)の雄花が、7月5日に開花しました。播種後、開花まで55日かかりました。

Ha0211071018370708toumorokoshiobana

↑ トウモロコシ(ハニーバンタム)の雄花が開花しました(撮影 2022/07/10)

      手前:ハニーバンタム 奥:イエローポップはまだ開花していません。

Ha0311071018340706toumorokoshioba_3

↑ 害虫による被害が軽微なものもありますが・・・・

Ha0411071018340705toumorokoshiobana

↑ アワノメイガ(?)による被害を受けたものも認められます。

続きを読む "トウモロコシ(ハニーバンタム)が開花"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/10

カタツムリ

菜園のネギの茎にカタツムリ(蝸牛)が這っていました。殻が泥だらけなので、土の中から出てきたのでしょうか。このカタツムリ、ネギの葉を食べにやってきたのかどうか分かりません。そのまま、害虫として潰してしまうのは忍びないので、我が家につれて帰り、庭の君子蘭の葉にそっと乗せてあげました。

Ha0111070211130702katatsumuri01

↑ 雨上がりの後の我が家の菜園のネギの茎にカタツムリが這っていました(撮影 2011/07/02)。

土の中に潜っていたのでしょうか、殻が泥んこです。可愛いので、家につれ帰り、庭のアマリリスの葉に乗せてあげました。

Ha0311070810360704katatsumuri01

↑ 殻は右巻きです。左巻きのカタツムリもいるそうです(撮影 2011/07/08)。

Ha1111070811300711katatsumuri01

↑ 黄土色の糞をしました。何を食べたのでしょうかね(撮影 2011/07/08)。

続きを読む "カタツムリ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/08

ギボウシが満開です。

ギボウシ(擬宝珠)が満開です。ギボウシは日蔭や湿気にも強い植物」なので、我が家の庭の南西側の花壇で我慢させてもらっていますが、毎年、元気に花を咲かせてくれます。

Ha0111070810290717giboushi01

↑ ギボウシが満開になりました(撮影 2011/07/08)。

Ha0211070712510715giboushi01

↑ 斑入りのギボウシで葉も楽しめますが、今年はちょっと油断して、葉を虫に食べられてしまいました。

Ha0411070812490727giboushi01

↑ 淡いピンク色の花を次々と咲かせてくれます。

続きを読む "ギボウシが満開です。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/07

セイヨウノコギリソウ

セイヨウノコギリソウが咲き出しました。毎年、梅雨の頃になると咲きだします。日本に自生するノコギリソウは白花ですが、このセイヨウノコギリソウはヨーロッパで作出された赤花の園芸品種です。セイヨウノコギリソウは、このほかにも、黄、橙、桃色などの品種もあります。

Ha0111070507220702nokogirisou01

↑ セイヨウノコギリソウ。今年も元気に咲いてくれました(撮影 2011/07/05)。

Ha0211070507240705nokogirisou01

↑ セイヨウノコギリソウ:キク科ノコギリソウ属。 多年草 原産地:ヨーロッパ、イラン、ヒマラヤ、シベリア(北アメリカにも僅かだが自生がある)。

別名:アキレア(Achillea:学名) 英名:ヤロウ(Yarrow:ハーブ名)

Ha0311070716580706nokogirisou01

↑ 原種は白花ですが、現在では本種のような赤花のほか、黄、橙、桃色などの園芸種が流通している。

続きを読む "セイヨウノコギリソウ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/06

ブルーベリーAが熟しました。

ブルーベリーAが黒紫色になって熟し始めました。1粒、つまんで試食して見たら甘くなっており、落ちてしまわないうちに収穫することにしました。収穫すると言ってもたったの40粒、とても、ジャムをつくるまでには行きません。まだ、未熟なものが沢山(?)あるので、これら未熟なブルーべりが熟して全部が収穫しおわるまで、食べないで冷蔵庫に保管することにしました。

Ha1311070507180702blueberry01

↑ 防鳥ネットに囲まれて登熟したブルーベリーA(撮影 2011/07/05)。

   Ha0311070507180703blueberry01   Ha0711070507200707blueberry01

↑ 黒紫色に熟したブルーベリーA。試食したら甘かった。

Ha1211070606050712blueberry01

↑ 少しつまんで、あとは冷蔵庫に保存し、後続の収穫を待って、今年は待望のジャムをつくってみたいと意気込んでいます・・・(*゚▽゚)ノ

          後続のブルーベリーBの状況

続きを読む "ブルーベリーAが熟しました。"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/04

コムラサキシキブ(コムラサキ)の花が咲き出しました。

コムラサキシキブ(コムラサキ)の花が咲き出しました。秋になると、長く伸びた枝の葉腋の少し上に、紫色の小さな果実をブドウ状に次々とつけて人目を惹きますが、花もよく見ると小さいけれど綺麗です。

Ha0111063007490610komurasakihana011

↑ コムラサキが咲き出しました(撮影 2011/06/30)。

Ha0211063007480608komurasakihana01

↑ コムラサキシキブ(コムラサキ)は、ムラサキシキブによく似ているが、花の咲くところを見ると、コムラサキシキブ(コムラサキ)は葉えきの少し上に花序がついている。これに対してムラサキシキブは葉えきのつけ根に花序がついているので区別ができる。

Ha0311063007470606komurasakihana011

↑ 葉や果実が「ムラサキシキブ」よりも小ぶりなので「コムラサキシキブ」あるいは単に「コムラサキ」と呼ばれるようになった。コムラサキはムラサキシキブより’実付き’が良いので、園芸品としてよく出まわっている。

Ha0411063007470607komurasakihana011

↑ つぼみ。枝の下方から上方に、次々と花をさかせ、花期が長い。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/03

7月の菜園(2):プリンスメロンとアオウリ(アオハグラ)の一番果が大きくなりました。

5月18日に植えつけたプリンスメロンアオウリ (アオハグラ)の一番果が大きくなりました。

Ha0411070110320705princemeron02

↑ 今年のプリンスメロン一番果(撮影 2011/07/01)。

人工授粉ではなくて、自然授粉で結実しました。収穫の時期は、果実のつけ根に「離層」ができ始め、へたがとれ易くなってくる頃です。これから毎日、ちょっと目が離せなくなりますね。

Ha0111062016440602princemeron02

↑ 6月20日のプリンスメロン。親づる10節で摘芯しました。

Ha0211070110250703princemeron02

↑ 雄花。雨が降ったりして、マニアルどうりの人工授粉は出来ませんでした。

続きを読む "7月の菜園(2):プリンスメロンとアオウリ(アオハグラ)の一番果が大きくなりました。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/02

セスジスズメ:里芋と蒟蒻の招かざるお客さん。

梅雨はまだまだ続きそうですね。昨日の朝、畑の様子を見に行ったら、一昨日の雨が作物にとっては良いお湿りとなったようで、菜園のサトイモコンニャクが一段と成長し、緑が濃くなってきました。やれ、嬉しやと思って、畝の中に入り、よく眺めて見ると、こは如何に、招かざるお客さん が、葉や茎、果ては地面に、ごろごろと居候しておりました。

Ha0111070110160710sesujisuzumega01  Ha0211070110150708sesujisuzumega01

↑ サトイモ(里芋)の畝(左)とコンニャク(蒟蒻)の畝(右) (撮影 2011/07/01)。

一見、順調に育って、何の変哲もないように見えますが、近づいて、よく見ると・・・・

Ha0311070110050702sesujisuzumega01  Ha0411070110050703sesujisuzumega01

↑ 招かざるお客さん「セスジスズメガの幼虫」がサトイモの葉をむさぼり食べていました。

Ha0511070110070704sesujisuzumega01  Ha1211070110100706sesujisuzumega01

↑ たらふく一杯食べて、地面に横たわっているのもいました。

         コンニャクの葉にもいましたァ~

続きを読む "セスジスズメ:里芋と蒟蒻の招かざるお客さん。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/01

7月の菜園(1):枝豆「湯あがり娘」、落花生「千葉産」の花が咲きだしました。

5月16日に直播した枝豆「湯あがり娘」の花が咲き出しました。枝豆は昨年までは「おつな姫」を栽培していたが、今年は、目先を変えて、’大莢で甘くて美味しい!’と書かれたラベルの説明文句に惹かれて「湯あがり娘」を栽培してみました。「湯あがり娘」も「おつな姫」と同じく、中早生品種で、播種後85日で収穫出来ると謳われている品種です。

ラッカセイ(落花生)の花も咲き出しました。落花生は、昨年栽培した落花生(千葉産)の種子を5月25日に直播したものです。

Ha0111070110410706edamameyuagari01

↑ エダマメ「湯あがり娘」の花(撮影 2011/07/01)。

「おつな姫」の花は白い が、「湯あがり娘」の花は紫色です。

Ha0311070110410705edamameyuagari01

↑ 花も結構きれいです。枝の節ごとに、紫花がついている。

開花後、30~35日が収穫適期であるという。とすると、8月1日~5日が、丁度食べごろの時となるのでしょうか。

Ha0411070110380702edamameyuagari01

↑ 惜しむらくは、発芽率が良くありません(発芽率60%)。発芽しないところは、枝豆は諦めて、アズキを蒔きました。ですから、この畝は枝豆とアズキの混合栽培エリアとなりましたm9(^Д^)プギャー。はたして、どうなるか?

            黄色いラッカセイ(落花生)の花

続きを読む "7月の菜園(1):枝豆「湯あがり娘」、落花生「千葉産」の花が咲きだしました。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »