« 巣立ちしたツバメ’延泊’してくれました:2011年ツバメの子育て(4) | トップページ | 夏野菜の収穫(1):メロンの初採り »

2011/07/18

ツバメの偽傷行動?

16日に巣立ちをした日の出来事です。ツバメ雛たちは、巣の近くのTVケーブルに止まり、地上に降りたり、飛び上がったりして、飛行訓練をしているように見えました。

そして、時々地面に降ります。地面と言っても、電線やTVケーブルは道路に沿って張ってあるので、降りた下はアスファルトで舗装された道路です。

Ha0311071610400710tsubamegisyoukoud

↑ アスファルト舗装した路上(県道)にツバメの雛たちが降り立ちました。あまり動きまわりません。この日は土曜日の休日の朝10時、車や人どうりの数が少なくてよかったかな。

巣立ちした16日、雛たちは、短い距離は飛べるので、巣から離れて巣の入り口の軒下やTVケーブル、あるいは電線などに止まって、親から餌をもらっていました。まだ、自力で餌を捕えるまでにはいっていないようです。

Ha0211071610390708tsubamegisyoukoud

↑ 電線の陰が路面を横断していました。 その日陰の線に雛たちが寄って来ました。カモフラージュのつもりで寄ってきたのでしょうか?それとも暑かったので涼を求めるために寄ってきたのでしょうか?

雛たちは、このアスファルト舗装をした道路が、人や車が往来する野鳥にとっては危険な道路であることをまだ認識していません。

Ha0411071610400711tsubamegisyoukoud

↑ 育ちの遅かった末っ子の雛子が、一羽だけ離れて、道の真ん中でエンコしてしまいました。

心配した親が、傍に寄って来て、こう言ったように聞こえました。 

「雛子、 ここは、人や車が通って危ないから、ケーブル線に上がりなさい」

         そこへ、怪しげな人が近づいてきました。

Ha0511071610400703tsubamegisyoukoud

↑ 「雛子! 怪しい人が来たので早くお逃げ!!」

Ha0611071610410712tsubamegisyoukoud

↑ 雛から離れた親ツバメが、突然しゃがみ込みました。

「あれ! どうしたのだろう? 何か、怪我でもしたのかな?」

Ha0711071610410713tsubamegisyoukoud

↑ 寝転んで、上を向いてもがいています。

Ha0811071610420716tsubamegisyoukoud

↑ 「さっきまで、元気でいたのに、大きな口をあけて、一体どうしたことなんでしょう ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…」

Ha0911071610410715tsubamegisyoukoud

↑ 「 雛子はうまく飛んで逃げられたようね。さて、私も大急ぎで逃げましょう」

「ありゃりゃ~ だまされた見たい、「偽傷行動」だったのか~ 」

ツバメコチドリと同じく「偽傷行動」をするようです。上↑の一連の動きは、その「擬傷行動」かと思いますが。いかがでしょう?

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

|

« 巣立ちしたツバメ’延泊’してくれました:2011年ツバメの子育て(4) | トップページ | 夏野菜の収穫(1):メロンの初採り »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

雛を守る為に親鳥も必死ですね。
感動で胸がいっぱいになりました。

投稿: mico | 2011/07/19 05:57

ツバメがこのような行動をすることを初めて知りました。素晴らしい瞬間を写真に収められましたね。
子を思う親の心に感心です。

投稿: taka | 2011/07/19 11:07

mico さん、今晩は。
ツバメの、このような行動、初めて見ました。
わが身を標的にして、子の安全を守る行為を目の当たりに見て感動しました。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/07/19 19:20

taka さん、今晩は。
野鳥の「偽傷行動」は、コチドリのそれが有名ですが、ツバメもそのような「偽傷行動」をするとは知りませんでした。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/07/19 19:28

通りすがりで、失礼します。僕もこういった場面を見ましたが、多くが、大群で、地面で日光浴をしているときに、やっていたし、外敵や人もいないときだったので、てっきり、調子に乗りすぎた日光浴=気持ちいいな~~だったのかと思っていました。
偽傷など、何かほかの意味があるのかもしれないなと、知りました。ありがとうございます。

投稿: ♪鳥くん | 2012/11/06 12:05

♪鳥くん さん、今日は!
ツバメのこのような一連の行動を見て、ツバメも「偽傷行動」をするとの思いを強く持ちました。
因みに、上の画像の説明文に出てくる’怪しげな人’は、私自身でして、他にはだれもいませんでした。
その、私が、何も知らずに近ずいて来たので、雛を守ろうとしてとった親鳥の行動のように思われます。
今度、ツバメの群が地上で遊んでいるとき、か弱い雛鳥が傍に入りがどうか、その奇妙な行動する成鳥との関連性に注意して観察すると良いかと思っています。私もそのような機会があったら、もう一度確認したいと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/11/08 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/52242841

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメの偽傷行動?:

« 巣立ちしたツバメ’延泊’してくれました:2011年ツバメの子育て(4) | トップページ | 夏野菜の収穫(1):メロンの初採り »