« 夏の宵の風物詩:カラスウリの花 | トップページ | ノンオイルポテトチップス »

2011/07/28

アブラゼミとアゲハの幼虫、そして招かざる客アカスジカメムシ

昨日(27日)夏らしい良いお天気、買い物をしにN公園を通って行くと、林の方からアブラゼミの合唱が聞こえて来ました。しかし、高い木の梢の近くに止まっているので、「声はすれども、姿は見えず」でした。

我が家の菜園の周りにも、セミの抜け殻が見つかっているので、アブラゼミに会えるかなと思って、今朝早く、アンズの木に行って見ると、いました。アンズの木の根元近くで樹液を吸って、朝のお食事の最中でした。お食事中はかなり近寄っても逃げません。今年の初見・初撮りのアブラゼミです。

Ha0211072811240704aburazemiseichyu0
↑ 朝、アンズの木の根元で樹液を吸っていたアブラゼミ(撮影 2011/07/28)。

Ha0211072710520707aburazeminukega_2
↑ アブラゼミの抜け殻。アンズの木の近くのヨモギの葉に止まって羽化しています(撮影 2011/07/27)。

   近くのユズ(柚子)の木にはアゲハ蝶が卵をうみつけていました。

Ha0111072711060704agehayoucyu01
↑ 幼虫1 :柚子の木で大きく育ったアゲハの幼虫(撮影 2011/07/27)。

終令に近い幼虫かと思います。1頭我が家につれて帰りました(この幼虫1を発見した年月日をとって110727-A1号と命名します)。

Ha0311072711070706agehayoucyu01

↑ 幼虫2: 4令になりたてほやほやの幼虫かと思います。葉の右端に脱ぎ捨てた殻が見られます。

Ha0511072711040702agehayoucyu01

↑ 幼虫3 :3令くらいの幼虫かと思います。鳥の糞に似せて、敵を欺こうとする作戦のようです。

Ha0511072711050703agehayoucyu01
↑ 幼虫4 :この幼虫も3令くらいですが、幼虫3とは別個体のようです。

Ha0511072510260705akasujikamemushi0
↑ イタリアンパセリには招かざる客「アカスジカメムシ」が押し寄せて来ています。

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

|

« 夏の宵の風物詩:カラスウリの花 | トップページ | ノンオイルポテトチップス »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
セミもやっと活動開始、合唱シャワーの始まりですネ
アカスジカメムシ・・・黒とオレンジのシマシマが、毒々しいですねぇ~ヾ(*゚A`)ノ

↓ カラスウリの花、もう咲いているんですネ♪
ホントに幻想的なお花ですネ♪
種の形もおもしろいです。

投稿: orenge | 2011/07/29 01:31

おはようございます。
こちらはクマゼミばかりでアブラゼミは見かけません。
アゲハの羽化が楽しみですね。

投稿: mico | 2011/07/29 09:25

アゲハの幼虫、美しいですね…
カメムシも臭くなければ
単に美しい生き物なんだけど

ちょっと、野菜育ててる立場では
ご遠慮申し上げます!ですね…(−_−#)

投稿: 姫乃 | 2011/07/29 10:42

orenge さん、今日は。
セミの合唱、例年より静かかも知れませんね。
こちらでも、やっと合唱コーラスが聞かれるようになりました。
カラスウリの花、本当に不思議な咲き方をする花ですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/07/29 13:12

mico さん、今日は。

< こちらはクマゼミばかりでアブラゼミは見かけません。

そうですか、こちらはアブラゼミの鳴く声はうるさいほど聞きますが、クマゼミの鳴く声を聞いたことはありません。蝉にとっては関西と関東では大分環境が違うのでしょうかね。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/07/29 13:20

姫乃 さん、今日は。
アゲハの幼虫、ユズの木に沢山ついていたので、1頭だけ我が家に引っ越しをお願いしました。残りは、害虫扱いにしないで、そのままにしておきました。

カメムシの仲間は、いつの間にか増えてしまい、本当に困りものですね。見つけ次第、お引き取りを願っているのですが、間に合いません。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/07/29 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/52331473

この記事へのトラックバック一覧です: アブラゼミとアゲハの幼虫、そして招かざる客アカスジカメムシ:

« 夏の宵の風物詩:カラスウリの花 | トップページ | ノンオイルポテトチップス »