« サツマイモの試し掘り、豆3種、畑中のヒバリさん | トップページ | ヤマトイモの花 »

2011/08/18

マンサク(黄花)の果実

マンサクは、春になると、他の植物に先駆けて「’真っ先に’花を咲かせる」と言うことから「先ず咲く」と呼ばれ、これが訛化して「マンサク」となったという。1月31日にUPしたマンサク果実大きく目立つようになりました。

Ha0011081813430804mansakukikajyutsu

↑ マンサクの果実(撮影 2011/08/18)。

よく見ると、果実の側面に鉤(フック)がついています。この鉤は、果実が未熟の時は柔らかいが、熟してくると鳥の爪のように固くなってくる。

動物などが通りかかったとき、その動物の体に、この鉤が引っ掛かかると、果実の殻が引っ張られて裂開し、中から種子が勢いよく飛び出す。 

物言わぬ植物のマンサクさんですが、どうしてこういうことを思いついたのでしょうね。感心するばかりです。

この鉤の仕掛けは、なるべく親の木から離れたところに種子をはじき飛ばす引き金(トリガー)のような役目をしているように思えます。

Ha0011081810200802mansakukikajyutsu
↑ マンサクの新しい種子は、ぽたりと親の木のすぐそばに落ちて、限られた栄養分を親と奪いあいながら生きて行くよりは、遠く離れた新天地で、のびのびと力いっぱい生きて行く方が、新たな発展が期待されると考えたのでしょうか。

もし、そうだとすると、頼もしいですね。「青年よ、大志を抱け」と言っているようです。だから、私は花も好きですが、このマンサクの果実も大好きです。

   にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

   にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

|

« サツマイモの試し掘り、豆3種、畑中のヒバリさん | トップページ | ヤマトイモの花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

果実」カテゴリの記事

コメント

ぴょんぴょんさん、こんばんは!
先ず咲くが訛ってマンサク。
名前の由来を知ると
その特性も理解できますね。面白いです。
植物も子孫繁栄のため、ありとあらゆる進化をしているのが興味深く、
またコワイような気もします。

投稿: ☆yuki | 2011/08/19 19:42

☆yuki さん、今日は。
コメント有難うございます。
マンサク、面白い名前の花木ですね。
早春の、まだ何も花がない頃に、真っ先に花を咲かせてくれるので嬉しいです。
でも、最近は、早春に花を咲かせる花がいろいろと輸入されたりして、花の世界も様子が変わりましたね。

投稿: ぴょんぴょん | 2011/08/20 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/52509000

この記事へのトラックバック一覧です: マンサク(黄花)の果実:

« サツマイモの試し掘り、豆3種、畑中のヒバリさん | トップページ | ヤマトイモの花 »