« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の記事

2011/10/31

リンドウと里芋の煮転がし

リンドウの花が咲きだしました。秋は着々と進んでいるのですね。夕食のお菜に「里芋の煮っ転がし」と「大根の葉のお浸し」が出ました。どちらも我が家の菜園で採れた野菜を使っています。美味しくいただきました

Ha0011103115161002rindou01
↑ 秋を告げる花リンドウが咲き始めました。

Ha0011103115171003rindou01
↑ 花びらに白い斑点がありますが、これは汚れではありません。

Ha0011103115181004rindou01
↑ 春に花を咲かせる「フデリンドウ」にちょっと似ています。

昨年は、干ばつで開花が遅れ、11月11日にUPしています。

 

        「里芋の煮転がし」と「大根葉のお浸し

続きを読む "リンドウと里芋の煮転がし"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/30

キジ:今シーズン初撮り、秋の花と味覚

家庭菜園のサツマイモの収穫が一段落し、あとはサトイモ生姜ヤマトイモウコンの収穫を残すのみとなりました。

今日は、あまり使っていないデジスコを裏庭に持ち出して、練習がてら少し遠くの林で飛び交っているオナガを撮ろうと思っていたところ、なんとキジさんが、餌を啄みながらこちらにやってくるではありませんか。あわてて、焦点をキジさんに合わせたが、みるみる近づいてきて、ご覧のようなアップの写真となってしまいました。

Ha0111103014551002kijiuraniwa011
↑ コムラサキの実を啄むキジさん。今シーズン初撮りです(撮影:2011/10/30)。

Ha0211103014561004kijiuraniwa01
↑ 悠々と前を横切って行きました。今年の夏(2011/05/31 UP ) に姿を見せてくれたキジオ君かと思われます。

Ha0411103014551003kijiuraniwa01
↑ 植木の間をくぐって、また次の場所へと姿を消しました。今日は、偵察・巡検だけのようで、あまり長くは遊んでくれませんでした。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

              秋の花「野紺菊」と秋の味覚「サツマイモの茶巾絞り

続きを読む "キジ:今シーズン初撮り、秋の花と味覚"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/29

菜園の虫、庭の虫

菜園の野菜にホツポツと穴が開いています。よく見ると、緑の葉色に融け込んだ虫たちがいました。

Ha0211102314581005mushi01

↑ ツユムシ:コカブの葉にポツポツと穴が開いていました。犯人は誰だろうと、探してみたら、どうもこのツユムシらしい。

Ha0111102315011007mushi01

↑ 大根の葉も同じように、穴が開いていました。この犯人はオンブバッタのようです。

続きを読む "菜園の虫、庭の虫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/28

サツマイモ第2回(最終)の収穫と野鼠

第1回収穫のサツマイモは「 ベニアズマ(紅東) 」でしたが、第2回の収穫は、残りの紅東と、今年初めて栽培した「タマユタカ ( 玉豊 ) 」です。

タマユタカは蒸し「干し芋」用のサツマイモとして茨城県では9割近くが栽培されている人気の品種です。

Ha0211102812071007tamayutaka01
↑ サツマイモ(玉豊)の収穫(撮影:2011/10/28)。

Ha0311102812071008tamayutaka01
↑ タマユタカ:「干しいも」用サツマイモとして人気があります。今年はこの「タマユタカ」で蒸し「干しいも」をつくろうと目論んでいます。しかし、初めての挑戦なので、果たしてうまくつくれるのか、ちょっぴり不安です。つくられた方、アドバイス願えれば嬉しいです。

Ha0411102812081009tamayutaka01

↑ タマユタカは外皮が黄白色で、身は白色です。掘ってすぐ電子レンイジでチンして味見をしたところ、甘味は殆どありません。収穫後、しばらく寒いところに保存して糖化が進むと甘味が出てくるようです。

Ha0511101011241002beniazuma01
↑ ベニアズマ(写真は第1回(10月8日)に収穫したもの)は外皮が紅色です。

ベニアズマの蒸かし芋はタマユタカに比べて甘く、ほくほく感があって美味しいが、干し芋にするとスルメみたいに固くなってしまい、イマイチです。

             招かざる客 ” 野鼠 ”

続きを読む "サツマイモ第2回(最終)の収穫と野鼠"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/27

イチゴが開花、タマネギを植えつけました。

イチゴ ( トヨノカ ) を移植して3年目、今年の5月の収穫期 には生食のほかジャムもつくれるほど沢山採れたので、秋はゆっくりお休みかと思ったら、花を咲かせ実を結ぶイチゴが、ちらほら見られました。

イチゴの栽培は連作障害があり、1~4年で圃場を移動することが推奨されています。我が家のイチゴ畑も来年は4年目なので、来年の5月に収穫した後、畑を移動して植え替えをしよ うと思っています。その際、植えつける苗をこれまでのトヨノカにするか、それともより新しい品種にするか思案しているところです。

Ha0111102414501002ichigo01
↑ 5月に収穫した後、秋になってまた花を咲かせたイチゴ「トヨノカ」(撮影:2011/10/24)。

花びらが虫にちょっと齧られていますね。実も齧られているのがありました。

Ha0411102414521003ichigo01
↑ これまで、秋に花を咲かせたイチゴは殆ど結実しなかったが、今年は実がついて熟したのがいくつか目につきました。勿論、赤く熟したイチゴは美味しくいただきました(o^-^o)

Ha0611102414581009ichigo01
↑ ミツバチは見かけなかったが、ヒラタアブがイチゴの花を訪れていました。こう言う昆虫が授粉を媒介しているのでしょうか。

   本日も天気が良かったので、畑にタマネギの苗を植えつけました。

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

続きを読む "イチゴが開花、タマネギを植えつけました。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/26

タマネギの植え付けの準備とヤマトイモの試し掘り

昨日は久しぶりに朝から上京。首都圏在住の高校同期の同窓会に出席しました。集まった仲間たちは22名。数名が現役でがんばっているが、あとは定年退職者ばかりです。こじんまりとした会なので、堅苦しい話は抜きにしてすぐに和気合い合い、食べて飲んでお互いの近況を語り合い、次の会を約して夕方6時帰宅しました。

今日は、爽やかな秋晴れのお天気。午前中は、タマネギの植え付けのための畑の整備とヤマトイモの 試し掘り をしました。

午後は、買い物に行き、HCでタマネギの苗100本を購入して来ました。

Ha0011102610381002yamatoimotororo01
↑ すっかり葉が枯れあがったヤマトイモのつる(撮影:2011/10/26)。

Ha0011102610501005yamatoimotororo01
↑ もう、全部掘りあげてよいかと思いますが、今日は1本だけ掘ってみました。葉の茂りが十分とは思えなかったので、果たしてうまく生長したのか少々不安でしたが、十分に生長していたので安心しました。

Ha0011102611331007yamatoimotororo01
↑ 掘るとき少々傷をつけてしまいました。このヤマトイモは自家消費なのでかまいませんが、傷つきやすいので丁寧に掘らないと売り物にはなりませんね。

Ha0011102611341008yamatoimotororo01
↑ こちら側は綺麗です: 計量したら、これで700gありました。種イモが1個100円弱、スーパーではこれくらいのものだと400円くらいはするので、まあまあ赤字にはならないかな~と思っています。

         早速、とろろ汁を作っていただきました。

続きを読む "タマネギの植え付けの準備とヤマトイモの試し掘り"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/24

ルリタテハ羽化

今年のルリタテハは、我が家の庭のタイワンホトトギスが大分気に入ったのでしょうか、夏の終わりから秋にかけて例年になくよく卵をうみつけました。お陰で、観賞用として別枠で育てていたタイワンホトトギスも大分葉を齧られてしまいました。

Ha0211102410241017ruritatehauka01

↑ ルリタテハ 1023-RT3号が昨日(10月23日)羽化しました(撮影:2011/10/24)。

庭のタイワンホトトギスの葉を採餌し、我が家の別荘(昆虫籠)で羽化しました。

Ha0311102407361007ruritatehauka01  Ha0411102407371009ruritatehauka01

↑ しばらく我が家で遊んでもらいました。

Ha0511102407441012ruritatehauka01  Ha0611102407441013ruritatehauka01
↑ 静かに止まっているときは、翅を縦に畳んで、裏翅を見せています。

裏翅は、外敵の目を欺くためでしょう、複雑な枯れ草模様です。 翅を広げると、濃淡2色の綺麗な紫の模様を見せてくれます。

この子が我が家の庭で今シーズン羽化した最後のルリタテハとなるかも知れません。無事に越冬して欲しいと願って、今日の午後、裏庭に放ってあげました。

    幼虫の揺りかごとなったタイワンホトトギスは今満開です

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

続きを読む "ルリタテハ羽化"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/23

ツワブキ開花

昨夜の雨がお湿りとなったのでしょうか、秋の花ツワブキが咲きだしました。

Ha0111102311031003tsuwabuki01
↑ ツワブキ:キク科ツワブキ属 耐寒多年草 原産地:東アジア

毎年、10月の中旬から下旬の頃に咲いてくれます。一昨年は10月17日 昨年は10月29日にUPしました。

Ha0211102311051004tsuwabuki01
↑ フキ(蕗)とツワブキ(石蕗)の違い:フキは「夏緑性」であるの対して、ツワブキは「常緑性」であることと、葉を比べると、ツワブキの方は、葉が厚く、そして表面に艶がありすべすべしている。「ツワブキ」の名は、「艶葉蕗(つやばぶき)」が転訛したものであるという。

Ha0311102311161007tsuwabuki01
↑ 花:長い花茎を伸ばし、その頂部に散房花序をつけて花を咲かせる。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/22

ヤマトイモの果実と’むかご’

4月14日に種イモを植えつけし、8月2日に花を咲かせたヤマトイモ(8月19日の掲載) が、ようやく収穫の時期となりました。ヤマトイモの栽培は初めてなので、どのようになっているのか、掘りあげるまで、ドキドキ、ワクワクです。今日は雨天、雨が晴れたら収穫しようと思っています。

Ha0111101611171010yamatoimokajitsu0
↑ ヤマトイモの果実(撮影:2011/10/16)

ヤマイモ(自然薯)の果実とよく似ていますね。

Ha0211101611131008yamatoimokajitsu0
↑ この果実で、子供の頃「天狗の鼻」遊びをしましたが、今の子供たちはどうでしょうか。

Ha0311100409381006yamatoimokajitsu0
↑ 「むかご」も出来ていました。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/21

フジバカマとツマグロヒョウモン

庭のフジバカマの花が咲き始めました。

Ha0111102109461003fujibakama01
↑ フジバカマ:キク科ヒヨドリバナ属 多年草 原産地:東アジア

開花の時期は昨年とほぼ同じで、昨年は10月22日にUPしています。

Ha0311102109461004fujibakama01
↑ 蕾:

フジバカマの花の咲き方は面白いですね。花びらがパッと開かないで、白いシベが小さな花から伸び出します。そして、花びらはいつまでたっても開こうとしません。

Ha0511102112201006fujibakama01
↑ 葉はやや細長で3深裂すると3葉状になる。

Ha0611102112161005fujibakama01
↑ まれに5裂するのも見られました。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

 

        フジバカマで吸蜜するツマグロヒョウモン 

続きを読む "フジバカマとツマグロヒョウモン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/20

シュウカイドウの果実:雌雄異花

私たちが通常見る植物の花は一つの花にオシベとメシベがありますが、これとは異なった「一つの個体(株)にメシベだけの雌花とオシベだけの雄花を別々に咲かせる植物」もあります。これを「雌雄異化」あるいは雌雄異化の植物と呼んでいます。シュウカイドウは、雌雄異化なのですね。

9月6日のこのブログに雄花と雌花が咲きそろったシュウカイドウの花を掲載しましたが、そのシュウカイドウの雌花が実を結びました。

Ha0211101011291002syukaidoutame01
↑ シュウカイドウの果実(撮影 2011/10/10)。

果実は3枚の大きな翼を持っています。

Ha0311101310141006syukaidoutame01
↑ この翼の中には、1ミリリットル当たり数千粒もある微細粒子の種が含まれているはずですが、完熟したら確かめようと思っています。

Ha0411101011301005syukaidoutame01

↑ まだ雄花を咲かせている別の株もありました。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/19

タイワンホトトギスが開花

3月の東日本大地震・大津波と原発の大事故、8月~9月の西日本の大洪水と今まで経験したことの無いような日本の大異変がようやくおさまったかと思ったら、今度はタイのチャプラヤ川水系の大洪水、世界中に何か異様な異変が起きているようです。

昨年並みの干天が続いた夏がやっと終わり、10月に入ってようやく爽やかなお天気が続くようになり、ほっと一息つけるようになりました。畑仕事が一段落し、ふと気がつくと、庭のタイワンホトトギスが一斉に花を咲かせ始めていました。

Ha0211101907181008taiwanhototogisu0

↑ ようやく花を咲かせたタイワンホトトギス(撮影:2011/10/19)。

昨年は10月20日に開花 しているので、開花の時期は昨年とあまり変わりません。

Ha0311101908141007taiwanhototogisu0
↑ タイワンホトトギス:ユリ科ホトトギス属 多年草 原産地:台湾

Ha0411101908091003taiwanhototogisu0
↑ ホトトギスの仲間は、日本、台湾、朝鮮半島などに19種が分布しているという。その内、日本では変種を除いて13種が自生しており、さらにその内の10種が日本固有種だそうです。

このことから、ホトトギスの原産地は日本を中心とした東アジアに分布する貴重な植物資源であると言えます。

続きを読む "タイワンホトトギスが開花"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/18

秋冬野菜の防虫ネットをはずしました

昨年まで白菜、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどの秋冬野菜は青虫などの害虫に食害されて葉がボロボロになっていましたが、今年は防虫ネットを購入して、念願の防虫ネットのトンネル栽培としました。

この防虫ネットトンネル栽培はコストは少しかかるが、殺虫剤を使わない無農薬栽培ができるので、健康に安全な優良野菜が得られるという利点があります。

Ha0111101811011011yasainet01
↑ 秋冬野菜の防虫ネットを張ったトンネル栽培(撮影 2011/10/18)。

左から、①白菜(黄苑75)、②白菜(新理想)、③キャベツ(陵山2号)、④ブロッコリー(ハイツ)・カリフラワ-(スノークラウン)

Ha0211101811291012yasainet01_2
↑ 白菜とキャベツの葉が巻き始めたのでネットをはずしました(撮影 2011/10/18)。

 

Ha0311101811341010yasainet01  Ha0411101811341009yasainet01

↑ 左:白菜(黄苑75) 右:白菜(新理想)

Ha0511101811341008yasainet01  Ha0611101811341007yasainet01

↑ 左:キャベツ(陵山2号) 右:ブロッコリー(ハイツ:手前)・カリフラワ-(スノークラウン:奥)

今年は、葉が虫に食べられていない綺麗は秋冬野菜となりました。でも、畑にはモンシロチョウうが舞っていたので、まだまだ油断はできません。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/16

白菜とキャベツ:葉が巻き始めました。ほうれん草2番目種蒔き。

9月7日に植えつけた 白菜 (黄苑75、新理想)と キャベツ (陵山2号)が葉を巻き始めました。

Ha0111101612421017yasaiokanobatake0
↑ 防虫ネットのトンネルをかけていた白菜とキャベツの葉が巻き始めました。

明日は東京へ行く用事があるので畑仕事は出来ないが、トンネルは、もう満杯なので、一両日中に外そうかと思っています。

Ha0211101611241007yasaiokanobatake0
↑ 葉が巻き始めた白菜(新理想)。

Ha0311101611271008yasaiokanobatake0
↑ キャベツ(陵山2号)も巻き始めました。

 

      楽秋ホウレンソウ(アタリヤ)の種子を播きました

続きを読む "白菜とキャベツ:葉が巻き始めました。ほうれん草2番目種蒔き。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/15

オクラの種子

夏の野菜として長い間、お世話になったオクラもいよいよ撤収の時期となりました。が、その前に来年栽培用の種子莢を確保し、収穫しました。

オクラは寒さに弱く、秋に入って葉を落とし、木は枯れ込んできましたが、穂先には未だ蕾が沢山ついています。気温が高く気候が良ければ、まだまだ、花を咲かせ、生育を続けそうな気配です。

Ha0211101309411007okura01
↑ オクラの莢に白い筋が入って来ました。来年用の種子の莢の収穫適期です。

Ha0311101309181002okura011
↑ 収穫した莢は雨の当たらない室内で1週間くらい乾燥させます。

Ha0411101309361005okura011
↑ 乾燥完了した莢を割って中から種子を取り出します。

オクラ:アオイ科トロロアオイ属 熱帯では多年草だが日本では1年草扱い 原産地:アフリカ東北部。

人間によるオクラの栽培は古く、エジプトにおいては紀元前1~2世紀頃にはすでに栽培されていたという。       

 

               オクラの種子拡大図

続きを読む "オクラの種子"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/14

ツマグロヒョウモン

先日梅畑で見つけたツマグロヒョウモンの蛹を昨日、どうなったかと思って見に行ったところ、蛹はすでにも抜けの空、とうやら蝶々に羽化したもよう。

残念・無念と思いながら今日、我が家の第2菜園「丘の畑」に行ったところ、畑の脇のコスモスの花にツマグロヒョウモンが一生懸命に吸蜜しているではありませんか。この’ ツマ子 ’さん、梅畑の蛹から羽化したツマグロヒョウモンかどうか確たる証拠はありませんが、ひょっとすると梅畑で生れた子かもしれないと思われて嬉しくなってしまいました。

Ha0211101309561002tsumagurohyoumon0

↑ 先日梅畑で見つけたツマグロヒョウモンの蛹 、昨日見に行ったら蛹はも抜けの空でした。

Ha0311101410561005tsumagurohyoumo_3
↑ 羽化に立ち会えず、残念に思っていたところ、今日’丘の畑’の脇に咲いていたコスモスの花にツマグロヒョウモンの♀が一生懸命吸蜜していました。

Ha0411101410571009tsumagurohyoumon0
↑ お腹が空いていたのでしょうか、飛び去ってもすぐ戻ってきてまた一生懸命蜜を吸っていました。

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/13

ゴーヤの種を採りました

来年用のゴーヤの種子を2種類採りました。一つは、ゴーヤの実があまり大きくならない’小振り’のゴーヤ、他の一つは、大きな実ができる沖縄ゴーヤです。

Ha0311101315011012gohya01

↑ 熟しかけた’小振り’ゴーヤ。

Ha0111101309271005gohya011_2
↑ 1個の’小振り’ゴーヤから、これくらいの種子が採れました(撮影 2011/10/13)。

Ha0211101309291007gohya011
↑ 拡大して見たゴーヤの種子。形や表面の模様など、面白いですね。

続きを読む "ゴーヤの種を採りました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/12

ダイコン:第2回目の間引きを終わりました。

9月9日に播種した第1弾目の大根(耐病総太り:ウタネ)の第1回間引き・追肥・土寄せを10月1日にすませ、第2回間引きを10月10日にすませました。

時期をずらせて播種した第2弾目の大根(9月23日播種:耐病総太り・ウタネ)と第3弾目の大根(10月3日播種:耐病青首総太り・アタリヤ)も順調に生育しています。

Ha1011101016291013daikonaokubi01
↑ 大根葉:

第1弾播種の大根の2回目の間引きを終わりました。間引いた大根は根をとって水洗いをしました(撮影 2011/10/10)。

おひたしにして食べたが柔らかくて美味しかった。

Ha0211101015371008daikonaokubi01 Ha0311101015401012daikonaokubi01 Ha0411100915391004daikonaokubi01

↑ 時期をずらして播種した大根の生長度合い(撮影 2011/10/10)。

左:9月9日播種 2:中央:9月23日播種 3:右:10月3日播種

Ha0711101015371007daikonaokubi01 Ha0811101015401011daikonaokubi01 Ha0911100915381002daikonaokubi01

↑ 左:9月9日播種 2:中央:9月23日播種 3:右:10月3日播種(撮影 2011/10/10)。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/10/11

クウシンサイ(空芯菜)の花

野菜として栽培していたクウシンサイがが花を咲かせました。花の形が朝顔に似た綺麗な花です。

Ha0111101009461007kuhshinsaihana01
↑ クウシンサイの花。朝顔の花に似ていますね(撮影:2011/10/10)。

クウシンサイ:ヒルガオ科サツマイモ属  原産地:東南アジア

Ha0211101009451005kuhshinsaihana01
↑ クウシンサイ(空芯菜)は、病虫害に強い夏野菜として、個々3~4年栽培していますが、今まで花は咲いたことが無かったのでびっくりしました。

Ha0311101009451004kuhshinsaihana0_2

↑ 花の形が朝顔に似ているので「アサガオナ」とも呼ばれています。

クウシンサイは、また、通菜(ツウサイ)、 雍菜(ヨウサイ)とも呼ばれています。

続きを読む "クウシンサイ(空芯菜)の花"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/10/10

落花生の掘り起こし& 味噌ピーナッツ

昨日(10月9日)、天気が良かったので落花生の掘り起こしをしました。今年5月25日に、落花生(千葉半立ち)の播種してから10月9日の「掘り起こし」まで137日かかりました。

  Ha0211100912171004rakkaseisyukaku_3  Ha0311101009591006rakkaseisyukaku01

↑ 落花生の掘り起こしと天日干し(撮影:2011/10/09)。

干し方: 掘り起こした枝付き落花生は、枝葉を下に、実を上にして並べ、その上に鳥除けネットをかぶせて畑地で天日干しにしました。10日くらい干す予定です。

  Ha0111100912161002rakkaseisyukaku01  Ha0411101010011020rakkaseisyukaku01
↑ 掘り起こし前(左)と掘り起こし後(右)。

地元の農家の人は掘り起こした落花生を「ぼっち」と呼ぶ乾かし方で畑に野積みして天日乾燥していますが、我が家では「ぼっち」にするほど大量にはつくっていません(*゚▽゚)ノ。

    掘るときこぼれ落ちた落花生で「味噌ピーナッツ」をつくりました。

 

続きを読む "落花生の掘り起こし& 味噌ピーナッツ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/09

オオベンケイソウ&千切りポテトのチーズ焼

オオベンケイソウがようやく花を咲かせてくれました。蕾はかなり前から出来ていたのですが、なかなか咲いてくれませんでした。しかし、花が咲くと1週間ぐらいで花の見所は終わってしまいます。好機逸すべからずです。

Ha0111100411571006ohbenkeisou01
↑ オオベンケイソウが花を咲かせ始めました(撮影:2011/10/04)。

Ha0211100708351011ohbenkeisou01
↑ 咲いたと思ったらあっという間に満開になりました(撮影:2011/10/07)。

Ha0511100411571007ohbenkeisou01  Ha0611100708361013ohbenkeisou01

↑ 蕾の期間は長いが、咲きだすと花の動きは速い。

左:10月4日  右:10月7日

Ha0311100411581009ohbenkeisou01  Ha0411100708361012ohbenkeisou01

↑ 花の咲き始めは咲き終わったときに劣らず綺麗です。

左:10月4日  右:10月7日

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

          付録:千切りポテトのチーズ焼

続きを読む "オオベンケイソウ&千切りポテトのチーズ焼"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/10/08

サツマイモ第1回収穫&タマネギ苗の様子

中部、東北、北海道の山地は初雪が降ったというお便りがあちこちからとどきました。今年はひょっとすると冬が早くやってくるかも知れません。そうならば、秋の収穫を急がなくてはなりません。今日は良いお天気、畑の第1回目のサツマイモ掘りをしました。

Ha0111100815361005satsumaimosyukaku
↑ 収穫前のサツマイモ(左2畝:紅東、右1畝:玉豊) (撮影:2011/10/08)。

Ha0211100816161008satsumaimosyukaku
↑ 今日は、左1畝(紅東)を掘りました。

Ha0311100816251009satsumaimosyukaku  Ha0411100816261011satsumaimosyukaku

↑ 平均的なサイズで1株約700gの収穫でした。1畝の合計は15.6kgの収穫で、我が家の収穫としては大満足でした。あと2畝残っていますが、良いお天気が続きそうなので、今週中に掘ろうと思っています。

           タマネギ苗の様子

続きを読む "サツマイモ第1回収穫&タマネギ苗の様子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/07

ルリタテハ(0922-RT1号、0923-RT2号)が羽化しました。

我が家の庭のタイワンホトトギスに居を構えたルリタテハの幼虫RT1号RT2号さん、うっかりするとホトトギスの葉を丸坊主にされそうなので、我が家の別荘(虫籠)に引っ越しをお願いしました。RT1号は9月23日朝に蛹化完成 RT2号は9月25日に蛹化完成しました。ルリタテハは通常、蛹化後7~10日で羽化するようですが、我が家のRT1号は10日後の10月3日朝、RT2号は11日後の10月6日朝に羽化を完了しました。

            ルリタテハ 0922-RT1号

Ha0111100609511016ruritateha0922rt1
↑ 9月23日に蛹化を完了したルリタテハの蛹 0922-RT1号 が、10月3日朝気がついたときはもう羽化を完了していました。上の写真は10月6日朝6時に撮った写真です( 撮影: 2011/10/06)。

 Ha0211100609491015ruritateha0922rt1 Ha0311100609481014ruritateha0922rt1

↑ 左:休んでいるときは翅を閉じています。’立て翅’と呼ばれる由縁ですね。 ↑ 上の様な翅の畳み方は、’眠り’についたときのポーズかと思われます。

右:振動を与えたり、人気に気がつくと翅を広げます。

Ha0411100609291013ruritateha0922r_2
↑ 眠りから覚めて窓際に移動したルリタテハ 0922-RT1号 ( 撮影: 2011/10/06)。

  Ha0511100609041010ruritateha0922rt1 Ha0611100609241011ruritateha0922rt1

↑ 窓辺で羽ばたくルリタテハ 0922-RT1号 ( 撮影: 2011/10/06)。

逆光になってしまいましたが、止まっている時と翅の広げ方が違います。

           ルリタテハ 0923-RT2号

続きを読む "ルリタテハ(0922-RT1号、0923-RT2号)が羽化しました。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/05

ガイラルディアの花を訪れたヒメアカタテハ/ツマグロヒョウモンの蛹

我が家の庭にはガイラルディアダークバイカラー)を数カ所に別けて植栽し、手間を省くため、半ば放任状態で育てて花を愉しんでいます。

ガイラルディアは花期が長く6月から10月まで花を咲かせていますが、もう大部分の花が終わった今頃になって、ヒメアカタテハがひょっこり訪ねて来ました。

Ha0411100412291004himeakatateha01
↑ ガイラルディアの花で吸蜜するヒメアカタテハ(撮影:2011/10/04)。

ヒメアカタテハ:タテハチョウ科アカタテハ属 開長55mm 

幼虫の食草:キク科のハハコグサ、ヨモギ、ゴボウ、ホウコグサなど。

Ha0911100412331009himeakatateha01
↑ ヒメアカタテハの翅の裏面には丸い斑紋があるが、アカタテハの裏面は網目模様 となっている。

ヒメアカタテハは南方系の蝶であるが、近年次第に北上しつつある。地球温暖化や食草の北進が影響しているといわれています。

Ha1011100412271001himeakatateha01

↑ ヒメアカタテハは一見してツマグロヒョウモンの♀ にも似ていますが、前・後翅の縁をよく見ると両者には違いがありますね。

   番外編:家の近くの梅畑でツマグロヒョウモンの蛹を見つけました。

続きを読む "ガイラルディアの花を訪れたヒメアカタテハ/ツマグロヒョウモンの蛹"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/04

ダイコン2回目の種蒔きをすませました

我が家は2人だけの小人数なので、一度に沢山野菜を作ってしまうと食べきれないので、時期をずらして野菜を栽培したりしています。

大根は、第1回目を9月10日に「耐病総太り(タキイ)」を播種したが、第2回目は「耐病青首総太り(ウタネ)」を昨日(10月3日)播種しました。

 Ha0211100315341002daikonaokubitanem Ha0311100322011007daikonaokubitanem

↑ 病気には強いようで、種子は長径3~4mmくらいです。

「耐病青首総太り」は60日型で、収穫は、12月上旬から来年2月上旬を目安としています。

Ha0411100316591005daikonaokubitanem
↑ 株間約30cm:足跡をつけ、歩測で測って種子と化成肥料(14・14・14)を別々に撒きました(以前は巻尺で計測し、ビール瓶の底で窪みをつけて種蒔きをしたが、今ではこの方法が簡便で手っ取り早いです)。

土ごしらえ:アズキ収穫跡地に苦度石灰2握り/㎡散布。種ま蒔き3日前鶏糞堆肥1握り/㎡を散布した後、なるべく深く耕し、やや高畝にして整地した。

畝の長さ10mで、一穴種子(赤○)3~4粒、肥料(黄○)は半握り、計32穴蒔き、覆土は5~8mmくらいです。

Ha0511100316571004daikonaokubitanem
↑ 播種前にたっぷり潅水し、播種して覆土した後は潅水によって種子が地表に露出しないよう、直接種の上に潅水しないで周囲から補給する程度に軽く潅水する。

気象情報では5日は雨天、6~7日頃に発芽しないかな~と願っています。

  9月10日に蒔いたダイコン「耐病総太り」はかなり大きくなりました。

 

続きを読む "ダイコン2回目の種蒔きをすませました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/03

シジュウカラ:今シーズン初撮りです。

昨日(10月2日)裏庭の梅の木にシジュウカラが顔見せをしてくれました。今シーズンのシジューカラ初撮り です。昨年は10月25日に初撮り をしたので昨年よりも23日も早い初撮りとなりました。間もなく遠来の冬鳥さん達も到来するでしょう。

Ha0211100216211002shijyukara01
↑ 裏庭の梅の木を訪れたシジュウカラ(撮影:2011/10/02)。

今シーズンの初撮りです。黒いネクタイが太いので男の子のようです。

Ha0311100216211003shijyukara01

↑ お天気は曇り空でしたが、気持ちよさそうにさえずりました。

Ha0511100216211005shijyukara01
↑ 梅の木についた虫(の蛹?)などを啄んで、次の枝へ飛び移り・・・

続きを読む "シジュウカラ:今シーズン初撮りです。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/02

キタテハ

裏の柿畑に2週間くらい前からキタテハが舞っているのに気がついたが、近づくとす早く飛び立ってしまい、なかなか思うような写真が撮れないでいました。しかし、最近になって、キタテハは場慣れしたのでしょうか、ポーズをとってくれたりして、ようやく写真を撮せてくれるようになりました。

Ha0111100114021004kitateha01
↑ ゴーヤの葉で休むキアゲハ(撮影 2011/10/02)。

キタテハは年2回発生するが、この個体は秋型のキタテハかと思います。秋型は春型に比べて前後翅の縁の切れ込み(ギザギザ)が激しいのが特徴です。

Ha0211100113561002kitateha01
↑裏翅は渋い模様ですね。

冬は成虫で越冬します。越冬中、外敵に襲われないよう用心のために、枯れ草模様の地味な姿になっている。多分、この隣の柿畑のどこかで越冬するかと思われます。

Ha0311100114041008kitateha011
↑ ここでのお食事は落下して柔らかくなった柿の果汁です。

続きを読む "キタテハ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/01

ヒガンバナ(彼岸花):”赤い花なら曼珠沙華”

ヒガンバナ彼岸花)が咲きだしたという花便りに接し、我が家のヒガンバナは如何にと庭を覗いたところ、お彼岸の中日よりは1週間ほど遅れたが今年も忘れずに赤い花を咲かせてくれました。

Ha0111100109421005higanbana01

↑ 今年も忘れずに我が家の庭に咲いてくれた彼岸花(撮影 2011/10/01)。

ヒガンバナ:ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根性植物 原産地:中国

別名:曼珠沙華  球根(鱗茎)で繁殖し、種子は出来ない。

Ha0211100109471011higanbana01

↑ 「赤い花なら曼珠沙華~」と今は亡き叔父がよく歌っていました。

 葉は、花が終わる頃に出て冬を越し、翌年春に枯れて秋まで出てこない。

Ha0311100109451008higanbana01
↑  オシベの先端の葯が破れ、中から顔をだした花粉で黄色くなっています。しかし、受粉して種子をつくることはありません。

        蕾と開花直後の花はこちらをご覧ください↓

続きを読む "ヒガンバナ(彼岸花):”赤い花なら曼珠沙華”"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »