« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の記事

2011/11/30

椎茸入り生姜の佃煮をつくりました

稔の秋は、また味覚の秋でもあります。菜園で採れた収穫物を皆様のレシピを参考にして、あれやこれやと料理するのもまた愉しからずやであります。今日は、「生姜の佃煮」づくりに挑戦しました。

Ha0111113012021106syougatsukudani01
↑ 11月16日に収穫し、物置に囲んでおいた生姜(三州)を取り出して水洗いしました。

Ha0211113016261110syougatsukudani01

↑ 生姜の皮は、汚たないところは皮をむいて細く切り、水でさっと洗ってざるにあげ、水を切ったあと容器に入れ、計量する。 生姜300gありました。

これで、「椎茸入り生姜の佃煮」の材料と分量が決定できます。

ショウガ    300g
醤  油    100cc
みりん      20cc
砂  糖    100g
椎  茸(中)   7枚
白ごま      適量

 

 Ha0311113013521119shiitaketsukudani Ha0411113016261108syougatsukudani01

↑ 干しシイタケは水で戻して千切りにする。戻し汁は調味料としてつかえるので棄てないでとっておく。

Ha0511113017041111syougatsukudani01

↑ 水気を切ったショウガ、しょう油、みりん、砂糖を鍋に入れて強火で殆ど水気がなくなるまで煮詰めます。約30分かかりました。

Ha0611113017421112syougatsukudani_2
↑ 火を止めたら、白ゴマを入れ、混ぜ合わせる。

Ha0811113019071116syougatsukudani01
↑ 粗熱が取れたら、ターッパーウエア蓋付きの容器に盛って出来上がりです。

Ha0911113019081117syougatsukudani01
↑ 熱湯消毒したコーヒーの空き瓶にも入れました。こちらは冷蔵庫に保存して、容器の佃煮が無くなったら出して食べます。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/29

白菜の漬け込みを済ませました

お天気続きで、菜園の仕事がはかどります。一昨日、昨日と収穫した白菜の天日干しが済んだので今日は 白菜の漬け込み をしました。

Ha0111112910381102hakusaitsukekomi0

↑ 白菜漬けの材料の準備

我が家では、白菜漬け用のポリ製の漬け物樽が2個(A:白菜3個用、B:同1個用)あるので、今年もこの2個のポリ樽を使います。

Ha0311112911351104hakusaitsukekomi0
↑ 唐辛子、昆布、ユズ、粗塩を用意しました(各数量は続きをご覧ください)。

Ha0211112812251101hakusaitsukekomi0
↑ 天日干した白菜1個分(同様にして合計4個をつくる)。白菜は丸ごと水洗いして汚れをとり、4等分して半日~1日ほど天日干をする。

 Ha0411112912031107hakusaitsukekomi0 Ha0511112912041109hakusaitsukekomi0

↑ 漬け込み: この樽(A)で白菜3個を漬け込むことができます。

①漬け物樽に漬けもの袋を敷き、下塩を一振りして、天日干した白菜の切り口を上にして、株元を交互に並べて詰める。

②塩を一掴み振り、小さく切った唐辛子、昆布、ユズを少しづつ散らす。

③2段目、三段目も同様の方法で白菜をつめる。全部終わったら上塩は多めに振る。

Ha0611112912551110hakusaitsukekomi0

↑ 詰め終わったら重しをのせます。

④詰め終わったら中蓋をして白菜の重さの1.5~2倍の重しをのせる。

⑤3~4日して水が上がってきたら軽い石に替える。

⑥漬け込んでから1週間から10日くらいがちょうどよい食べ頃となる。

          1週間あとが楽しみです。

 

続きを読む "白菜の漬け込みを済ませました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/28

11月の菜園(3):ハクサイ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツの収穫期となりました。

11月4日に掲載した菜園’丘の畑’の野菜たち ハクサイ ブロッコリー カリフラワー キャベツ )が収穫の時期を迎えました。

 Ha0111112812151118yasaiokanohatake0 Ha0211112715011103yasaiokanohatake0

↑ 左:ハクサイ(5kg)。昨日に引き続いて今日も2個収穫しました。白菜漬けをつくる予定です。

  ↑ 右:キャベツ。順次収穫して食べています。

 Ha0411112715011104yasaiokanohatake0 Ha0511112715021105yasaiokanohatake0

↑ 左:カリフラワー。今が食べ時です。   右:ブロッコリー。

ブロッコリーは食べるのが間に合わず、ちょっと大きくなり過ぎました。茎も料理して食べましたが、意外と美味しかったです。

 Ha0711112715031107yasaiokanohatake0 Ha0611112715031106yasaiokanohatake0

↑ 左:カリフラワー  右:ブロッコリー。

カリフラワー、ブロッコリーともに青虫の食害を受けたが軽微で、病気もせずに全部元気に育ちました。

       ホウレンソウ、ソラマメ、エンドウの現況

続きを読む "11月の菜園(3):ハクサイ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツの収穫期となりました。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/27

白菜の収穫と白菜漬けの下ごしらえ

菜園丘の畑の白菜黄苑75)の結球の度合いが大分進みました。白菜の頭(芯)の部分を指で押すと、かなりの固さと弾力性を感じます。

今日は、午前中は掘りあげた里芋のかたずけをし、午後は「白菜漬け」をつくろうと思って、菜園から2個ほど白菜を収穫し、白菜漬けの下ごしらえ をしました。

Ha0111112714581103hakusaistukemono1

↑ 白菜(黄苑75)の結球の度合いがかなり進みました(撮影:2011/11/27)。

9月7日に植えつけをし、11月27日現在で、81日目になりました。播種から苗の畑への植付けまでの日数を20日とすると、播種後およそ100日となります。日数の上では十分収穫可能です。

今年は生育期が平年より高い気温で推移したためでしょうか、白菜は大きく育って結球しましたが、分球したり、恐れていたべと病にかかったりしたものもかなり出ました。

 Ha0211112714561102hakusaistukemono1 Ha0311112714581104hakusaistukemono1

↑ 「白菜漬け」用のハクサイ2個を収穫しました。

   左:ハクサイA       右:白菜B

Ha0411112716041105hakusaistukemono1
↑ 下洗いをしました。 左:ハクサイA  右:白菜B

土で汚れたり、傷んだ外葉を取り除いてから丸ごと水洗いをして汚れを落とす。

 Ha0511112716101107hakusaistukemono1 Ha0611112716111108hakusaistukemono1

↑ 計量しました。   左:40kg     右:45kg

 Ha0711112716321109hakusaistukemono1 Ha0811112716321110hakusaistukemono1

↑ それぞれのハクサイを4等分し、がごにのせて乾しました。

白菜は株の根元から包丁をいれ、1/3くらいの深さまで切れ込みを入れたら、包丁をはずして、こんどは手で引き裂くと葉がバラバラにならずに、うまく割れる。

今日はこれで、日が暮れてしまいました。明日、半日ほど天日干しをしてから漬け込む予定です。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

続きを読む "白菜の収穫と白菜漬けの下ごしらえ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/26

ヤツデ 白実のマンリョウ 黄花のナスタチウム

ヤツデ(八手)は他の花がそろそろおわりになる晩秋の頃になって花を咲かせる変わり者です。 

Ha0011112315391104yatsude01
↑ ヤツデが花を咲かせ始めました(撮影:2022/11/23)。

花は地味で、それほど綺麗とは思われませんが、結構、色々な虫を集めています。

Ha0011112315361103yatsude01
↑ 白味のマンリョウ。何時まで経っても実が赤くならないと思ったら、赤味のマンリョウ ではなく、白味のマンリョウでした(撮影:2011/11/23)。

Ha0011112315311102yatsude01
↑ 黄花のナスタチウム(撮影 :2011/11/23)。

オレンジ色の花 を咲かせたナスタチウムの株に、今頃になって黄花のナスタチウムが花を咲かせました。 オレンジ色のほかに赤色や黄色の花を咲かせるのもあるようですが、これは咲き分け? それとも別の株? はてな sign02 です。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/25

我が家の庭の紅葉・黄葉

庭のブルーベリーマンサクハナミズキが秋の深まりとともに一段と紅や黄色の深みを増し、庭に彩を添えてくれました。

Ha1511112315241104kouyouakaki011
↑ 紅葉したブルーベリー(撮影:2011/11/25) 。 4月に開花 して、花を楽しみ・・・・・・・

Ha1611112315261105kouyouakaki011
↑ 7月に熟した果実で、ジャムをつくったブルーベリーです。

Ha1711112315261107kouyouakaki011
↑ そして秋は真っ赤に色づいて、目を楽しませてくれました。

今年も、長い間、楽しませてくれて、ありがとさん。お礼の寒肥をあげますよ。寒い冬はゆっくり休んで、また来年、楽しませてくださいね。

 早春の1月に花を咲かせたマンサクは、秋の黄葉~紅葉も楽しめます

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

続きを読む "我が家の庭の紅葉・黄葉"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/24

ぽんぽん咲きの小菊、中菊が満開です

ぽんぽん咲きの小菊中菊が満開です。 台風による強風を受けて(と言うよりは、手入れの悪さで)、乱れ咲きですが、ご笑覧下さい。また背後の植木はお隣さんの植木で、「借景」させていただいております。

Ha0011112315521106kogikucyuhgiku01
↑ 満開のぽんぽん咲きの中菊(撮影:2011/11/23)。

 Ha0011112410341114kogikucyuhgiku01 Ha0011112410251111kogikucyuhgiku01

↑ 咲き始めは淡いオレンジ~ピンク色です。

 Ha0011112315451103kogikucyuhgiku01 Ha0011112410261112kogikucyuhgiku01

↑ 次第に花色は白っぽくなります。

Ha0011112315471104kogikucyuhgiku0_2
↑ 花弁の先端をほんのりと薄化粧をしました。

 Ha0011112410381115kogikucyuhgiku01 Ha0011112410441116kogikucyuhgiku01

↑ 同じ花でも、花が咲き進むにつれて花の色を変えて行くので、毎日花を見るのが楽しみです。

      小菊も可愛らしい花を咲かせています。

 

続きを読む "ぽんぽん咲きの小菊、中菊が満開です"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/11/23

サトイモの収穫

ここ2日、天気は良いが朝晩は冷え込みが厳しくなりました。昨日(22日)は気象庁つくば(舘野)観測所では気温が氷点下(ー0.1℃)を記録しました。いよいよ本格的な寒さがやってきたようです。

Ha0111111713441104satoimoishikawawa
↑ 昨日、今日と菜園(丘の畑)に出かけて、サトイモを収穫しました。

 Ha0211112310361107satoimoishikawawa Ha0411112311311110satoimoishikawawa

↑ 昨日と今日で、サトイモ(石川早生:上の写真の左1畝)を掘り起こして収穫。

 Ha0511112310141106satoimoishikawawa Ha0711112315151111satoimoishikawawa

↑ 左:収穫量 7.8kg(9株)  右:収穫量 8.2kg(8株)

合計すると、石川早生17株で16kgの収穫がありました。1株あたりにすると941gの収穫量です。種イモ1個の平均重(中玉)を70gとすると、13倍強の収穫となりました。ただし、この数値は良いイモ、悪いイモ込みの値なので、売り物になるようなよいイモだけを選ぶと、この数値はぐっと小さくなるでしょう。

Ha1111112311321113satoimoishikawawa
↑ 2畝あった右側の畝のサトイモ(土垂れ)は葉茎を切り、土をかぶせて、(後でビニールの覆いをします)12月一杯、畑で保存する予定です。

大根(青首耐病総太り)とネギ(根深1本)も、もう収穫の時期を迎えました。

続きを読む "サトイモの収穫"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/22

野鳥を呼ぶウメモドキ /  玉葱苗をちょん切るにっくき夜盗虫

9月の中旬 、ほんのりピンク色にお化粧したと思ったウメモドキが、秋の深まりとともに真赤に色づきました。

Ha0111112111461104umemodoki01
↑ 真赤に熟した鈴なりのウメモドキの実(撮影:2011/11/21)。

Ha0211112111481106umemodoki01_2
↑ 野鳥たちがこの赤くなった実を見逃すはずはありません。朝早く、野鳥達が食べに来ます。

Ha0311112111471105umemodoki01
↑ この赤い実実は、真冬になると、野鳥たちの貴重な食糧となります。

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

 

続きを読む "野鳥を呼ぶウメモドキ /  玉葱苗をちょん切るにっくき夜盗虫"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/11/21

モズのはやにえ

すっかり葉が落ちてしまったアンズの木の枝に、干乾びたバッタの骸が引っ掛かっていました。モズの「はやにえ早贄)」のようです。

Ha0111112115121108battahayanie01
↑ モズの「はやにえ(贄)」…バッタA(撮影:2011/11/21)。

モズの行為は秋に最も頻繁に行われると言われていますが、このバッタのはやにえは、バッタが盛んに活動している夏から初秋の頃につくられたと思われます。

Ha0211112112401105battahayanie01
↑ となった犠牲者はトノサマバッタのようです。

Ha0311112112431106battahayanie01
↑ バッタの頭と胸の部分しか残っていませんが、これはしっぽの部分が風雨に打たれて自然に落下したためで、贄をモズがつくったあと、食べたのではないようです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

続きを読む "モズのはやにえ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/11/20

万両千両ヤブコウジ:〆て一万一千十両です

お正月の縁起物、万両千両ヤブコウジ十両)の実が赤く熟して来ました。

Ha0111111815191111iakaimi01
↑ 万両の実が赤く色づきました。寒さに向かってもっと赤くなるかと思います(撮影:2011/11/18)。

   マンリョウ(万両):ヤブコウジ科 花言葉:慶祝、固い誓い

Ha0211111815141105iakaimi01
↑ 今年の千両はちょっと実付きが良くなかった。実を野鳥に食べられると無くなってしまいそうなので、明日、袋をかぶせようと思っています(撮影:2011/11/18)。

   センリョウ(千両):センリョウ科 花言葉:冨貴 可憐

Ha0311111815201117iakaimi01
↑ 藪柑子の実も赤く色づきました(撮影:2011/11/18)。

ヤブコウジ(藪柑子):ヤブコウジ科 花言葉:明日の幸福 別名:十両

続きを読む "万両千両ヤブコウジ:〆て一万一千十両です"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/19

今季最後のバラ / 満開のイソギク,イエギク / 庭のスズメ

お隣さんから株を分けていただいたピンクのバラが開花しました。我が家の庭の今シーズン最後のバラです。

Ha0011111815091108barapink01
↑ 我が家のバラの今期最終に開花したバラの花です。今年も庭を飾ってくれて楽しませてくれたバラさん有難う。また来年も咲いてくださいとお願いしました。

Ha0011111815071105isogiku01

↑ イソギクが満開になりました(撮影:2011/09/18)。

蕾から、満開までは昨年のブログ(2010/11/12 UP) をご覧下さい。

Source_2011a_1107_125738rimg00451
↑ イエギクも健在です(撮影:2011/11/07)。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

                            庭のスズメどん

続きを読む "今季最後のバラ / 満開のイソギク,イエギク / 庭のスズメ"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/11/18

ソラマメの芽が出ました / 丘のヒバリさん。

11月4日に第3菜園(「丘の畑」)に播種したソラマメが11月15日に発芽しました。播種して発芽まで11日かかりました。

Ha0111111615501105soramamehatsuga01
↑ ソラマメの芽が出ました。発芽1番手のソラマメです(撮影:2011/11/16)。

Ha0211111615511103soramamehatsuga01
↑ 発芽2番手のソラマメ(撮影:2011/11/16)。

播種してから3~4日で芽が出るコマツナやダイコンは3~4日待って芽が出なければ、すぐ播き直しができますが、ソラマメの場合は発芽期間が長いので、播き直しが遅くなる可能性もあり、氣を揉みます。

Ha0311111615491102soramamehatsuga01
↑ 発芽3番手のソラマメ(撮影:2011/11/16)。

Ha0411111615521104soramamehatsuga01
↑ 発芽待ちのソラマメの種(撮影:2011/11/16)。

種子の”お歯黒”の部分を下に向けて、地中にさし、土を2~3cmほどかぶせますが、4~5日すると、↑上図のように種子の上面が地表に見えて来ます。これは、根が出て地中に伸びるとき、種子を上方に持ち上げたと思われます。

メモ: ソラマメは、一般には播種後およそ1週間くらいで発芽するようですが、直播きをする我が家では、年よって発芽期間は大きく変動しています。ポット播きをして、温度・水分条件を管理して苗をつくればよろしいかと思うのですが、我が家では植えつけの手間を省くために直播き栽培にしています。

2008年は、今年と同じ11月4日に播種していますが、発芽は11月20日 で、発芽まで16日かかりました。この発芽期間は、おそらく年々の気候の変動と、輪作による土地条件の違いが大きく影響しているのではないかなと思っています。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

                      丘の畑のヒバリさん

続きを読む "ソラマメの芽が出ました / 丘のヒバリさん。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/16

玉葱の最終植え付けと生姜の収穫

今日は朝からよいお天気、午前中は庭仕事をして、午後から菜園に行き、「黄玉葱」の苗の植つけと、「生姜」を収穫をしました。今年の玉葱の苗の植え付けは、これですべて完了です。植えつけた玉葱の総本数は325本となりました。

Ha0111111616491108tamanegiki01
↑ 今年のタマネギは、HCで購入した「濱の宝(50本)」、「OP黄(50本)と種(↑上写真)を購入して、種から育てた自家苗の「黄玉葱(95本)」、「黄玉葱(130本)を、植えつけの時期を3段階(①10月27日、②11月9日、③11月15・16日)にずらして移植しました。

 Ha0211111514391103tamanegiaka01_2 Ha0311111613431106tamanegiki01

↑ 左:「赤玉葱」の苗。根が赤い。 右:「黄玉葱」。根が白い。

「赤玉葱」は生食用のタマネギの代表種で辛みが少なくて肉質が良い。サラダなどに好適です。

「黄玉葱」は中生種黄タマネギの代表的品種。1球350g内外の中甲高種で保存性が優れています。

Ha0511111615471107tamanegiki01_2
↑ この畝で総数325本のタマネギの苗を植えつけました。種で育てた苗が余ってしまったので、5条植えにしたところもあります。

 植えつけメモ:

 第1弾 10月27日     「濱の宝」50本 「OP黄」50本

 第2弾 11月09日     「赤玉葱」35本 「黄玉葱」50本

 第3弾 11月15~16日 「赤玉葱」60本 「黄玉葱」80本  

               生姜の収穫

続きを読む "玉葱の最終植え付けと生姜の収穫"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/15

シジュウカラ

シジュウカラが毎日のように裏庭に遊びに来るようになりました。今年は柿が当たり年のようで、ヒヨドリ達は柿の実の方に集まっており、こちらにはあまり来ません。

今日はデジスコを2階にセットして、2階から鳥見をしました。

Ha0211111508381102shijyukara01
↑ ピーナッツ・スタンドは、いつもはヒヨドリギャングに襲われるのですが、今年はシジューカラとスズメの専用レストランとなりました(撮影:2011/11/15)。

Ha0511111508381105shijyukara01
↑ でも、想定外のハプニングが何時起こるか分かりません。時々上の方を警戒しながらピーナッツを啄んでいます。

Ha0911111508391109shijyukara01
↑ 口ばしに食べかすがついていまいました。ご愛嬌ですね。

     撮影機材: Nikon Fieldscope ED82 + Nikon Coolpix P300

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/11/14

ピーマンとバッタ(?)の幼虫

ピーマンが未だ花を咲かせています。よく見るとその花の蕾を齧っているバッタ(?)の幼虫がいました。ピーマンはもう十分に収穫したので、そろそろ撤収しようと思ったのですが、後地は何も栽培する予定がないので、今しばらくそのままにしておこうかと思いなおし、撤収を待ちました。

Ha0011110910171102battatonosama01
↑ ピーマンを撤収しようと思ったが未だ花が咲いています。よく見るとバッタ(殿様バッタ?)の幼虫が蕾を食べていました(撮影:2011/11/09)。

Ha0011110910181103battatonosama01
↑ これから寒くなるというのにこの幼虫は果たして冬を越して入れるのかしら?とちょっと心配になりました。

Ha0011110910221104battatonosama01
↑ ピーマンは次々と大きくなっています。おそらく、霜が降ったら枯れていまうかと思うのですが、それまで待って見ようかと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/13

シャコバサボテンの蕾が膨らみはじめました。

北向きの軒下に置いて、無事、夏越しをすませたシャコバサボテンが小さな蕾をつけたかと思ったら、ここに来て急に蕾を膨らませはじめました。そろそろ、屋内に取り入れようかと思っています。

Ha0111111314131102shyakobasaboten01

↑ 軒下に置いたシャコバサボテンの蕾が膨らみはじめました(撮影:2011/11/13)。

シャコバサボテンは高温高湿に弱いので、我が家では家の北側の軒下に置いて夏越しをさせています。

Ha0211111314181104shyakobasaboten01
↑ 今年の夏越しは、ちょっと根が蒸れたようですが、なんとか無事に夏を越すことができ、花芽をつけてくれました。

Ha0311111314131103shyakobasaboten01
↑ シャコバサボテンの蕾は置き場所を変えたりして、栽培環境が急に変わると落蕾しやすくなります。ですから、屋内搬入の時期の見極めが大切です。

続きを読む "シャコバサボテンの蕾が膨らみはじめました。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/12

大根の初採りと味見

大根が美味しい季節となりました。菜園の大根(耐病総太り「タキイ種苗」)を1本収穫し、細君に簡単な料理をしてもらって味見をしました。うまい! 新鮮な健康野菜を美味しく食べることができるのは、これ、天地の恵なりと天神地神に感謝しました。

Ha0111111212321102daikon01
↑ 9月9日に播種した大根(耐病総太り:タキイ)がこれくらいになりました(撮影:2011/11/12)。

    Ha0211111212331106daikon01
↑ 9月9日に播種し、11月12日現在(64日目)で、このくらいの太さになりました。 

Ha0311111212481108daikon01
↑ 首が青くて、肉質がよく、スが入りにくい「青首系」の大根です。

もう、十分に生長したかと思われます。

続きを読む "大根の初採りと味見"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/11

嵯峨菊開花、ジョウビタキ遊びに来る

サガギク嵯峨菊)が、今年も忘れずに咲いてくれました。嬉しいですね。昨年は満開の嵯峨菊を11月15日にUP しているので、開花の時期は昨年とあまり変わりません。

Ha0011110712581107sagagiku01

↑ サガギク:今年も忘れずに咲いてくれました(撮影:2011/11/07)。

嵯峨天皇御愛好の菊として嵯峨御所(現京都大覚寺)の東方にある大沢池の菊島に植えられた(自生していたという説もあります)のが、はじまりであると伝えられています。

Ha0011110712591108sagagiku01
↑ 花は綺麗なのですが、丈が伸びやすいので、何回か摘芯する必要があります。

Ha0011110713001109sagagiku01

↑ 伸びやすく、茎も柔らかいので風によって倒れやすい。そこで、我が家では支柱を立てて、ひもでくくっています。 でも、今年の台風で倒れてしまい、手入れをサボッてしばらくそのままにしていたら、茎がまがってしまいました(´;ω;`)ウウ・・・。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

              ジョウビタキ ♂

 

続きを読む "嵯峨菊開花、ジョウビタキ遊びに来る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/10

ハーブの仲間:ディルの花

春に種を播いたディルが秋になって花を咲かせましたが、花のつかない株もありました。これはちょっと失敗かな~と思ったのですが、花の咲いたのは種子が採れるし、花の咲かないのは、引き続いて葉茎が料理に利用できる!? こりゃ~「万事塞翁が馬」かと思い直しました。

Ha0211103014181002dill011
↑ ディルの花が秋になって咲きだしました(撮影 2011/10/30)。

ディル:セリ科イノンド属 1年草 原産地:地中海沿岸地方、西アジア。

ディルの通常の花期は5~7月ですが、秋にも花を咲かせます。

栽培法はこちら  をご覧ください

Ha0311103014221004dill011
↑ 黄色い小さな花が矢車のようにつきます(撮影 2011/10/30)。

ディル(dill)の語源は、「鎮める」という意味をもつ古代スカンジナビア語の「dilla」に由来する。葉や種子は利尿、鎮痛、消化管改善の効果があるという。

ディルの作用は→ こちら  をご覧ください

Ha0411110910001112dill01
↑ 花後の種子も利用できます(撮影 2011/11/09)。

種子をピクルスの香りづけに利用する場合には未熟なものを利用する。

ディルのレシピは→ こちら  をご覧ください

続きを読む "ハーブの仲間:ディルの花"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/09

シジュウカラ

今年は、菜園で栽培した落花生がかなり採れたので、鳥さん達にもおすそ分けしょうと思い、簡単なピーナッツ・スタンドを作ってみました。

Ha0211110910311114shijyukaraselect0
↑ ふと気がつくと、どこかで見ていたのでしょう、早速来てくれたのは、シジュウカラ君でした。

     多分、10月2日に初撮りしたシユウカラ君 かと思います。

Ha0311110910301109shijyukaraselect0
↑ 胸の黒いネクタイが太いので男の子ですね。あたりを見廻しましたが、女の子はいませんでした。明日は女の子をつれてくるかな~ 

       「嬉しい! このご馳走 わっちの独り占めかな~ 」

Ha0411110910301105shijyukaraselect0
↑ 「落花生は大好物なんですよ~」

Ha0511110910321117shijyukaraselect0
↑ 「今のところは意地悪ヒヨドリどんも来ないので、ゆっくり食べられますね~」

Ha0611110910321116shijyukaraselect0
↑ 「は~い ご馳走さまでした~ また来ますね~」

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/08

ハーブの仲間:ナスタチウムの花

ハーブの仲間のナスタチウムキンレンカ 金蓮花 )が花を咲かせ始めました。

Ha0111110712541104nasturtium01
↑ ナスタチウム(nasturtium):ノウゼンハレン科ノウゼンハレン属 1年草 原産地:南米

Ha0211110412521102nasturtium01
↑ 別名:キンレンカ(金蓮花):葉がハス(蓮)の葉に似ています。

属名ノウゼンハレンは花がノウゼンカズラに似ていて葉がハス(蓮)に似ているところから命名された。

同様にキンレンカは花が金色で、葉が蓮の葉に似ているところから”金蓮花”と名づけられた。しかし、上↑のキンレンカの花色は(ノウゼンカズラのような)オレンジ色です。

Ha0311110712551105nasturtium01
↑ 開花期は初夏(5~7月)と秋(9~11月)の年2回咲きます。葉と花はサラダやトッピングとして食べられます。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/07

ミノウスバ(蓑薄翅蛾)

久しぶりの昆虫の登場です。裏の畑を見回っているとモロヘイヤの葉先にちょっと見慣れない虫が止まっていました。モロヘイヤの新顔の害虫ではないかと思って写真を撮り、グログで調べて見たところ、マダラガ科のミノウスバであることが分かりました。

Ha0111110713131105minousuba01
↑ ミノウスバ:マダラガ科マダラガ亜科pryeria Moore属

モロヘイヤの葉に止まっていました。モロヘイヤの害虫かなと思ったのですが、調べて見たら、畑を境するマサキの生垣から飛んできたようです。

Ha0211110713091102minousuba01
↑ ミノウスバの幼虫食餌植物は、マサキ、ツルウメモドキ、ニシキギ、マユミなどです。このミノウスバはマサキの生垣で育ったかと思われます。

Ha0311110713081107minousuba01

↑ 櫛型の立派な触覚を持っています。このレーダーのような触覚を盛んに動かしていました。

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

続きを読む "ミノウスバ(蓑薄翅蛾)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/06

11月の菜園(2):第一菜園(裏の畑)の野菜たち。

第一菜園(裏の畑)は面積10坪ほどの小さな畑ですが、家に近いので苗床をつくったり、試験的に野菜を少量栽培したり、少量でも近くにあると便利なハーブなどを栽培しています。

 Ha0111110509281104yasai00001 Ha0211110509291106yasai00001
↑ コマツナ:9月から11月まで種播きができ、育てやすいので野菜が足りないときに重宝します。

 Ha0311110509301109yasai00001 Ha0411110509291108yasai00001

↑ サントウサイ(山東菜):非結球の白菜。 ちょっと、白菜風味の野菜が欲しいとき役立ちます。

 Ha0511110509241102yasai00001_2 Ha0611110509311112yasai00001_3

↑ リーフレタス:野菜サラダに好適なので育てておくと重宝します。

 Ha0711110509281105yasai00001 Ha0811110509231101yasai00001

↑ 時なしコカブ:好きな時に播いて、かつつくり易い。間引きした葉はおひたしにして食べられるので利用価値が高い。ただし、虫がつくので、こまめに見張って駆除しましょう。

 Ha0911110509331117yasai00001 Ha1011110509331118yasai00001

↑ ルッコラ(ロケットサラダ):お浸し、炒めものとして食べてもいいは、サラダとしても美味しくいただけます。これも、虫がつきやすいので、こまめに見張って駆除しましょう。

 Ha1111110615051119yasai00001 Ha1211110615061120yasai00001

↑ シュンギク(春菊):ちょっと遅めの播種ですが、暮からお正月の需要期には間に合うでしょう。鍋物には無くてはならぬ野菜の一つですね。

       タマネギの苗床もここでつくっています。

続きを読む "11月の菜園(2):第一菜園(裏の畑)の野菜たち。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/05

白い舌状花をもつハナイソギク

ハナイソギクが咲きだしました。イソギクと似ていますがイソギクの花は筒状花のみで舌状花はない。これに対して、ハナイソギクは、筒状花の周りに舌状花がある。ハナイソギク状花は黄色(CD-ROM牧野図鑑)と白色(平凡社日本の野草図鑑)があるが、わが家のは白い舌状花のハナイソギクです。

Ha0211110509031104hanaisogikuetal01

↑ 我が家の庭に咲きだしたハナイソギク(撮影:2011/11/05)。

Ha0311110509021103hanaisogikuetal_2
↑ イソギクに似ていますが白い舌状花があります。イソギクには舌状花はありません(撮影:2011/11/05 )

Ha0411110509021102hanaisogikuetal01
↑ ハナイソギクはイソギクとイエギク(家菊、栽培菊)の交配雑種のようです。

            近所のイエギクも開花し始めました。

続きを読む "白い舌状花をもつハナイソギク"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/11/04

11月の菜園(1):白菜、ブロッコリー、カリフラワーの御三家とキャベツ

味覚の秋が訪れて来ました。我が家の菜園も、白菜を除いては順調に育っています。白菜を1個、試し採りしました。計量したら2kgありました、まあまあの出来かと思います。しかし、2~3個の白菜に腐りが発生、伝染すると怖いので、すぐ引き抜いて隔離し、処理しました。

Ha0011103115311003okanohatake01

↑ 9月7日に移植した白菜(黄苑75、新理想)、キャベツ(陵山2号)、ブロッコリー(ハイツ)・カルフラワー(スノークラウン)がこのくらいに大きくなりました(撮影:2011/10/31)。

Ha0511110412001111okanohakusai01  Ha0611110412001114okanokyabetsu01

↑ 白菜、キャベツともに順調に育ち葉を巻き始めました。この調子で固く巻いてくれれば11月下旬に無事収穫ができるかと思うのですが・・・

Ha0411110407511108okanohakusai01_3
↑ 白菜1個、「新理想」の中から、よさそうなのを試し採りして計量しました。この姿で2kgありました。実もしまっているし、あと1週間ほどで収穫できるかなという感触を得ました。キャベツは、まだ玉が大きくなるはずで、もう少し待とうかと思っています。

Ha0711110412021127okanoburokkori01  Ha0811110412031117okanokariflower01

↑ ブロッコリーの実(花蕾)が急に大きくなりました。そろそろ収穫してもよさそうです。続いて、カリフラワーも白い花蕾をのぞかせました。’夜盗’などのお邪魔虫が狙っているので、毎日の監視が怠れません。

今年も、白菜の生育がちょっと問題です:虫除けのトンネルネットをかけたので、虫害は免れたのですが、病気が発生してしまいました。白菜の栽培、楽勝かと思っていたのですが、どっこい、そうは問屋で卸してくれませんでした。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/11/03

カルガモ、ヒドリガモ、マガモ

公園の池は幅50m、長さ200mほどの瓢箪形の池で、さほど大きな池ではないが大小の鯉が沢山の泳いでおり、子供づれの家族には人気があります。この日の池は鴨の仲間では、カルガモヒドリガモマガモの姿がみられました。

Ha0011110112041103karugamo01
↑ カルガモ留鳥として日本全国に分布しているので、お馴染の方も多いと思います。この池でも1年を通して見られました。

Ha0011110112171107karugamo01

↑ 陸に上がって木陰で休んだり・・・

Ha0011110113281109karugamo01_3
↑ 池の木杭の上で昼寝をしたり、思い思いの場所で寛いでいました。

 

               ヒドリガモマガモ

 

 

 

続きを読む "カルガモ、ヒドリガモ、マガモ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/02

エナガとシジュカラ

昨日の続きです。B公園でお昼のお弁当を食べていたら、すぐわきの桂の木にエナガシジュウカラの群がやってきてにぎやかにお食事を始めました。よく見ると、コゲラも木をつっ突きながら後を追いかけていましたが、枝が邪魔して写真は撮れませんでした。

Ha0211110111211102enagabpark01
↑ 桂の木を訪れたエナガさん(撮影:2011/11/01)。

Ha0311110111231103enagabpark01
↑ すぐそばの木まで下りて、

Ha0411110111231104enagabpark01
↑ 三者三様のポーズで楽しませてくれました。

Ha0611110111231106enagabpark01
↑ そして、あっという間にサヨナラです。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

       シジュウカラも一緒にお食事をしていました。

続きを読む "エナガとシジュカラ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/01

孤高のアオサギ2011

菜園の仕事が一段落し、久しぶりにB公園に出かけてみました。春に見かけたカワセミに会えるかなと思ったのですが、どこにも姿を見ることはできませんでした。池には、お馴染のカルガモ、ヒドリガモ、迷子のマガモ(?)、家禽のガチョウなどが出迎えてくれました。池の’中の島’の裏側には、今年も1羽のアオサギが相変わらず飄々とした姿でじっとただずんでていました。

Ha0011110112111102aosagibanpaku01_2

↑ 孤高のアオサギ2011:1本足で身じろぎもせずに、辛抱強く立ち続けていました。

Ha0011110112131106aosagibanpaku01
↑ 昨年の12月にも、この杭にアオサギが止まっていました。このアオサギは昨年ののアオサギと同じアオサギでしょうか。

Ha0011110112151108aosagibanpaku01
↑ 正面から見た姿です。正面からだと、ちょっとしまりませんね~

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »