« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011/12/31

大晦日の筑波山:よいお年をお迎えください

              2011年も最後の日となりました。 

   今年も何かといろいろお世話になりました。有難うございます。

    皆様とともに、よい年を迎えられるよう願ってやみません。

 

Ha0111123111111204tsukubasano
↑ 2011年大晦日の筑波山(撮影:2011/12/31 研究学園駅東方の陸橋より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/30

石垣島の野鳥(5):シロハラクイナ

シロハラクイナは草原と水辺の二か所で会いました。上面が黒く、お腹が白いので遠くからでもよく目立ち、すぐ判りました。

               草原のシロハラクイナ

Ha0111122214351202shiroharakuina01
↑ 突然、草むらからシロハラクイナが姿を現わしました(撮影:2011/12/22 石垣島)。

「インドから東南アジア、中国南部にかけて留鳥として分布し、日本では沖縄県で留鳥として分布するが、時々日本(九州、四国、本州)でも記録される(Wikipediaによる)」

Ha0211122214351203shiroharakuina01
↑ そのユーモラスな動きに、つい笑いを誘われます。

Ha0311122214351204shiroharakuina01
↑ 山間部の草地でも見られるが、主に河川、湿地、水田、マングローブ林など水辺の近くに棲息しています。

                水辺のシロハラクイナ

続きを読む "石垣島の野鳥(5):シロハラクイナ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/29

石垣島の野鳥(4):クロツラヘラサギ

バンナ山麓でカンムリワシを観察した後、石垣島東南部の白保の浜に出ました。浜に出る途中ではオオバン、キセキレイ、ヤエヤマシロガシラ、シロハラクイナなどの野鳥に出会い、浜ではダイセン、クロサギ、イソヒヨドリなどが観察されました。クロツラヘラサギは白保の海岸からおよそ100mほど離れた海中の小島につがいで羽を休めていました。

白保の公共駐車場に車を預けて、徒歩で海岸に出ました。

Ha0a11122215061202kurotsuraherasagi
↑ 海岸から、クロツラヘラサギらしい野鳥が小島に休んでいるのが見えました。海岸からはかなりの距離があります。

Ha0a11122215201203kurotsuraherasagi
↑ 近づいて見ると、2羽いました。つがいのようです(撮影:2011/12/22 石垣島)。

海岸は幸いにもコンクリ-ト造りの連続防波堤となっていたので、堤防の陰に身を隠し、細心の注意を払ってクロツラヘラサギがいる島まで最も近い地点(とは言っても、クロツラヘラサギがいる地点までは100m以上はあるかとおもわれました)に近づき、そこからそっと顔を出し、望遠で撮影しました。

Ha0a11122215331205kurotsuraherasagi

↑ クロツラヘラサギ:コウノトリ目トキ科

今年の11月に埼玉県川越市のI沼にクロツラヘラサギが飛来しました。同県としては8年振りの珍鳥の飛来ということで新聞にも紹介され、バードウオチャーさん達の大きな関心を呼びました。

Ha0a11122215331206kurotsuraherasagi
↑ クロツラヘラサギは「世界で約2000羽(2009年1月現在)しかいないとされる渡り鳥で、朝鮮半島にある非武装地帯付近の西海岸や中国・大連付近などで繁殖している(Wikipediaによる)。

Ha0a11122215331208kurotsuraherasagi
↑ 日本では九州および沖縄で毎年冬鳥として約200羽が記録されています。クロツラヘラサギはレッドデーターブックに絶滅危惧ⅠA種に指定されいる絶滅の危険が極めて高いとされる貴重な野鳥の一つです。

続きを読む "石垣島の野鳥(4):クロツラヘラサギ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/27

石垣島の野鳥(3):カンムリワシ

水田地帯から森へ入るところでカンムリワシが木の枝に止まっているところに出会いました。

「これまで日本では繁殖しないと思われていたカンムリワシが、1981年に写真家宮崎学氏によって3巣の営巣が西表島で発見され、八重山諸島での繁殖が確定された(Wikipediaによる)」

中国南部から東南アジアにかけて分布し、日本では亜種が石垣島と西表島に生息・繁殖する。昭和52年に国指定特別記念物となる。IUCNレッドリストのカテゴリーでは絶滅危惧ⅠA類(CR)で絶滅の危機の度合いが非常に高い種にランク付けされている。

Ha0411122212501204kanmuriwashioya01
↑ カンムリワシ(個体A):森の入口の道路わきの木に止まっていました(撮影 2011/12/22 石垣島)。

道路は1車線の細い1本道で、残念ながら、この方向だけしか撮ることができませんでした。強風を避けて休んでいたようです。

Ha0611122212571213kanmuriwashioya01
↑ カンムリワシ(個体B):さらに道を進むと、上とは別の個体が、やはり木に止まって休んでいました。肩のところの羽毛が風でめくれています。

この子はあいそうが良く、色々なポーズをとって私たちを楽しませてくれました。

Ha0811122212571210kanmuriwashioya01
↑ でも、こちらを向いたときは、さすがにちょっと怖いですね。

Ha1011122212571207kanmuriwashioya01
↑ 飛び立とうと構えた(?)ときのポーズです。

Ha1211122212571215kanmuriwashioya01
↑ 後頭部の羽毛(冠毛)は、興奮すると逆立つ。カワンムリワシの名は、この特徴に由来して名付けられた。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/12/26

石垣島の野鳥(2):ムラサキサギ

石垣島西南部の名蔵川下流の湿地帯及び水田地帯には(1)で述べた野鳥のほかに、ダイサギ、コサギ、アオサギムラサキサギなどのサギ類も観察できました。

中でもムラサキサギは、その分布が限定的で、南西諸島南部(八重山諸島)には留鳥として分布しているが、他の日本諸地域では稀に旅鳥ないしは冬鳥としてしか観察されない貴重種です。

Ha0111122211361219murasakisagi011
↑ ムラサキサギ[成鳥] ( 撮影:2011/12/23  石垣島)

  細長い首。 黄褐色の縦斑は蛇を思わせる。

Ha0211122211361217murasakisagi011
↑ 警戒するときは首を真っすぐに伸ばす。

Ha0311122211361216murasakisagi011
↑ 背には灰色や褐色の飾り羽がある。頭頂から後頭は黒い羽毛で被われており、後頭の羽毛2枚が伸長して冠羽を形成している。

                  幼 鳥

                       ちょっと空抜けですが・・・・・・・

続きを読む "石垣島の野鳥(2):ムラサキサギ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/12/25

石垣島の野鳥(1):ギンムクドリ

家庭菜園の冬野菜の収穫が一段落したので、今年最後の締めくくりとしてH社企画の沖縄観光ツアー(12月21~24日)に参加し、石垣島、西表島、由布島、竹富島を旅してきました。

ツアーは添乗員、ガイドさん任せで楽なので、細君は全コースを旅行社の企画したプラン通りの観光にしましたが、私は石垣島で1日フリーの時間を取り、地元のバードウォッチングツアーを予約して野鳥観察&撮影を楽しみました。バードウォッチングツアーは地元のKさんが案内してくれました。

9時ホテルを出発し、島の西南部のアンパル干潟へ向かいました。干潟及びその周辺ではシロチドリ、ハクセキレイ、オサハシブトガラス、バン、アマサギ、クサシギ、セイタカシギギンムクドリなどが観察されました。

Ha0111122209321224ginmukudori01
↑ ギンムクドリ:スズメ目ムクドリ科ムクドリ属(撮影:2011/12/22 石垣島)

Ha0211122209321223ginmukudori01
↑ 嘴の基部は赤く、先端は黒い。足は橙褐色。後頸・背・体下面は灰褐色~青灰色(Wikipediaによる)。

Ha0311122209311217ginmukudori01
↑ 中国東南部に分布し、一部はベトナム北部で越冬する。

日本では、南西諸島や日本海の離島(舳倉島など)に分布し、稀に本州に渡来するが、石垣島、西表島や与那国島では毎年、越冬している。

続きを読む "石垣島の野鳥(1):ギンムクドリ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/20

震災復興酒 「希望の光 日高見」:町の明かりは消さない

息子から宅配便がとどきました。あけて見ると見ると岩手県石巻市の平孝酒造という造り酒屋さんでつくられた「日高見」という日本酒でした。最近私はあまりお酒を飲まないのに珍しいなと思って息子に尋ねると、以下ような返事が来て、なるほどと納得しました。

Ha0011122012581204sakeshinsai01
↑ このお酒は、今回の東日本大震災で被災された方々の一刻も早い復興を支援する一助として、被災地の産物を購入するという運動の一つとして購入し、私への贈り物にしたということを知りました。 

Ha0011122012571203sakeshinsai01
↑ 古来から不屈の精神を持っておられることで知られている被災地の皆様が、そのねばり強い精神力と忍耐力を遺憾なく発揮して、災害にくじけることなく復興への道を一歩一歩進められることを希求してやみません。

Ha0011122012561202sakeshinsai01
↑ 震災復興の援助の仕方は、色々な方法があります。お酒だけに限らず、被災地の産物を積極的に購入して被災地の産業の復興と活性化を促がし、地域の生活を安定化させるという方法もあります。

                             お知らせ

明日から24日まで旅行(沖縄・石垣島・西表島)に行ってきます。旅行中は多分投稿できないかと思いますので、ブログはお休みにさせていただきます。
では、皆様お元気で。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/19

さつまいもの「干し芋」をつくりました

サツマイモは「蒸かし芋」や「焼き芋」として食べるのもよろしいが、「干し芋」として食べても美味しくいただけます。

今年は、菜園で収穫したサツマイモ玉豊)で、初めての「干し芋」作りにチャレンジしました。今回は”お試しつくり”として5個ほどのサツマイモを干し芋にしました。うまくできるようであれば、あとは、引き続いてつくる予定です。

Ha0211102911131002hoshiimo01
↑ 干し芋の材料は、家庭菜園でつくったサツマイモ(玉豊)を使いました。

タマユタカ(玉豊)は10月28日に収穫し、発砲スチロールの箱に入れて物置に保管し12月17日まで50日ほど”熟成”させました。こうすると、干し芋に甘味が増してきます。

 Ha0411121713431204hoshiimo01 Ha0511121713511205hoshiimo01

↑ 大きな蒸し器が無いので少しづつつくることにしました。

イモは大きく傷んだり、腐ったところは切り捨てました。

 Ha0611121722361206hoshiimo01 Ha0911121722371209hoshiimo01

↑ 蒸し器に水を入れ、イモを置いて、布巾をかぶせ、水が沸騰して水蒸気がいきよいよく出るまでは強火で、沸騰後は中~弱火で1時間30分ぐらい蒸かし、竹ハシで刺してすっと入るようになったら、火を止めてさらに30分ほど蒸しました。  

Ha1011121722491210hoshiimo01_2
↑ 蒸かし上がったら、冷まして粗熱を取つたあとイモが崩れないように注意しながら丁寧に皮をむきます。

 

続きを読む "さつまいもの「干し芋」をつくりました"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011/12/18

ダイコンの漬け込み

あと20日足らずでお正月ですね。暮の内にやっておきたい仕事がいくつかあります。漬け物の仕込みがそうです。白菜のキムチ漬けの仕込みのあと、「沢庵漬け」の仕込みをしました。沢庵漬けは、私のキムチ漬けに触発されたのか、妻君が頑張ってやりました(*^m^)。

Ha0111121711041204daikontsukekomi01
↑ 12月4日に天日干したダイコン(2011/12/04 UP)が2週間たち、しんなりへの字~U字型に曲がったので、干し上がりとしました。

Ha0011121713411222daikontsukekomi02
↑ダイコン漬けの材料。保存料、化学調味料、着色料は一切使いません。

干し大根  8.2kg(13本)     干したダイコンの葉  0.9kg
塩      3.2kg          米ぬか          1.0kg
ザラメ    100g           唐辛子 大        5本 
昆布      20g           ミカンの皮        1個分
リンゴの皮 1個分

 

Ha0311121714441210daikontsukekomi01
↑ ダイコンの詰め込み作業:塩とザラメと米ぬかは別の青い容器で混ぜて横に置いておきます。

Ha0011121714481211daikontsukekomi01
↑ ダイコンを横一列に並べ、隙間にダイコンの葉を詰め、

続きを読む "ダイコンの漬け込み"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/17

白菜のキムチ漬けを仕込みました

昨年(12月25日 UP)、はじめて本格的な白菜キムチをつくり、大変美味しく出来たので、今年も本格的自家製キムチの漬け込みをしました。

Ha2011121618011234kimuchizuke01
↑ 白菜は11月29日に漬け込んだ白菜3個 を使いました。

Ha0111121611301205kimuchizuke01
↑ キムチの漬けダレ(ヤンニョム)の材料を揃えました。

Ha0111121618011240kimuchizuke02

↑ できあがったヤンニョムです。

Ha0111121618431241kimuchizuke02_2
↑ 11月29日に漬け込んだ白菜の水気を切って、1枚1枚ヤンニョムをすり込こんだあと、一番外側の葉をよけて残りの部分を空気を抜きながら折り込んで形を整え、一番外側の葉でくるみ、樽の中に順次並べます。

Ha2311121716251237kimuchizuke01
↑ 3~4日で発酵が進み食べられるようになる。それまでお預けですが、健康野菜のキムチが食べられるので楽しみです。

       ヤンニョムの食材と作り方をメモしておきます

続きを読む "白菜のキムチ漬けを仕込みました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/12/16

今年もパンジーです

花壇のナスタチウム の後に何を植えようかと色々考えましたが、結局、今年もパンジーを植えることに落ち着きました。あまり代わり映えしませんが、冬の花の女王パンジーは欠かすことができません。

Ha0011121612071204pansy01
↑ 今年もパンジーコーナーを設けました(撮影:2011・12・16)。

左からプロントレッド&イエロー、プロントブルー、プロントホワイト、プロントスカーレット、オトノイエロー

後列の細い葉の植物はタマスダレ ゼフィランサス)、枯れた葉の植物はこぼれ種で生えたオダマキ です。昨年のパンジーは12月14日にUPしています。

Ha0011121612071205pansy01
↑ パンジーは寒さに強く、寒い冬でも元気に花を咲かせてくれます。

Ha0011121313071204pansy01
↑ パンジー・プロントレッド&イエロー

続きを読む "今年もパンジーです"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/15

ハボタン(葉牡丹)

花壇の植え替えをしました。夏の間コリウスを植えた後にハボタン葉牡丹)を移植しました。ハボタンは昨年は丸葉系 だったので、今年は縮緬系にしました。

Ha0011121313061203habotan01
↑ ハボタン:アブラナ科アブラナ属 多年草(撮影:2011/12/13)。

別名:ハナキャベツ 英名:flowering kale ,  ornamental kale , ornamental cabbage

Ha0011121313061202habotan01
↑ ハボタンは「結球しない古い品種のキャベツ、またはケールが主に観賞用として栽培されるうち、品種改良された(Wikipediaによる)」と見られています。

ハボタンは、ある一定温度以下の温度にさらされると、緑の葉の色が脱落(葉緑素が欠落)し、葉緑素を含まない白い葉や、赤紫色の(アントシアニン色素を含む)葉が出てくる。

ハボタンの葉の色のつく機構は、秋になると樹木の葉が紅葉するのと、ちょっと似ているかな~と思われました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/14

モズのお食事

寒さとともに、裏の果樹園が訪れる野鳥たちで次第ににぎやかになって来ました。今日はモズ裏庭を訪れ、お食事をして行きました。

Ha0111121412111202mozu01
↑ 裏の梅の木にモズがやってきました。雌の若鳥のように見えますが、雄の若鳥かもしれません(撮影:2011/12/14)。

Ha0311121412091211mozu01

↑ 地上に飛び降りたかと思ったら何か長い紐のようなものを咥えて再び梅の木に戻って来ました。

Ha0411121412111212mozu01
↑ 長い紐のようなものはミミズのように見えますがはっきり分かりません。

続きを読む "モズのお食事"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011/12/13

ホウレンソウにガガンボ、大根にアブ

9日以降今日まで、連日の冷え込みが続きます。つくば(舘野高層気象台)の地上最低気温は9日から12日まで連日氷点下を記録しました。

この寒さで昆虫の姿も急に見かけなくなりましたが、どっこい未だ頑張っている昆虫もいました。

Ha0411121212211204gaganbo01

↑ キイロホソガガンボかと思います。ホウレンソウの葉で日向ぼっこをしていました(撮影:2011/12/13)。

翅は1対2枚、後翅は平均こん になっていると思いますが未確認です。

Ha0511121212221205gaganbo01

↑ 幼虫時代は土中に生息し、植物の根を食べ、麦の害虫とされる場合もあるが、ホウレンソウにを与えるか否かはは不明です。

Ha0811121213061211abu01
↑ アブ:「沢庵漬け」用に干していた青首大根に止まっていました。

Ha0911121213051209abu01
↑ 近づいて見たら、大根の根を齧って(舐めて?)いるようでした。

ヒラタアブの仲間でしょうか?それともハナアブの仲間でしょうか?これ以上の分類は私には無理でした。

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/12

キジ柿を食べに来る」

9日キジが裏の柿畑を巡遊しました。今月2度目の登場です。前回(12月1日) は裏の柿畑を素通りして隣の畑のホウレンソウをつまんで行きましたが、今回は柿畑の林床に落ちた熟し柿を啄んで行きました。

Ha0211120911221202kiji120901
↑ キジの声が聞こえたので裏の柿畑を覗いたら・・・1日に裏の柿畑に遊びに来たキジ君のようです(撮影:2011/12/09 11:22)。

Ha0511120911241205kiji120901
↑ 熟して落ちた柿を見つけました。辺りの様子を確かめたのち・・・
Ha0611120911241206kiji120901

↑ 「どれ、味見しましょう・・・」

Ha0711120911241207kiji120901
↑ 「美味しいね・・・」 結構、甘いものも好きですね。

続きを読む "キジ柿を食べに来る」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/11

皆既月食:冬の夜空にくっきりと

12月10日夜更けから11日未明にかけて皆既月食を観察しました。

11年ぶりの皆既月食で、次に月食が見られるのは3年後の2014年10月8日であるというので、是非観察したいと思い夕食後、今晩の風呂は抜きにして待機しました。

Ha0211121020041202kaikigeshyoku01_2

↑ 12月10日20時04分撮影:皆既月食の開始前。

 月食の開始時刻:10日21時45分 終了時刻:11日01時18分

Ha0511121021561205kaikigeshyoku2156
↑ 21時56分撮影:皆既月食の開始後11分

薄い雲が空一面に広がっており、雲の流れが次々と月を被う。このため画像は明瞭に撮れない。

Ha0711121022241207kaikigeshyoku2224
↑ 22時22分撮影:皆既月食の開始後37分

Ha1011121022481210kaikigeshyoku2248
↑ 22時48分撮影:皆既月食の開始後63分

Ha1111121022531211kaikigeshyoku01
↑ 22時53分撮影:皆既月食の開始後68分

このあと、23時31分51秒に完全に地球の陰に隠れ、以後、徐々に食を回復しますが、ここで打ち切りにしました。

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/10

初霜や初霜柱に初氷

昨日は今冬一番の冷え込みとなったが、今朝はさらに冷え込みが激しく、朝起きて裏の畑を眺めたら一面に白い霜が降りていました。今冬の初霜です。外に出て良く見ると畑の日陰地には3cmくらいの霜柱も立っており、水盤(バードバス)の水も凍っていました。 これも今冬の初霜柱初氷です。

Ha0311121008321203hatsushimokohri12
↑ 今朝は裏のIさんの畑が一面に霜と霜柱に被われていました。今冬の初霜、初霜柱です(撮影:2011/12/10 08:32 )。

 Ha0411121008341204hatsushimokohri12 Ha0511121008361205hatsushimokohri12

↑ 初霜柱:畑の日陰で湿っているところでは高さ3cmほどの霜柱ができていました。

 Ha2211121011171222hatsushimokohri_2 Ha2311121011271211hatsushimokohri12

↑ 水盤(バードバス)の水も凍っていました。今冬の初氷です。

 畑にも霜が降りましたが、午後には霜が融けてしまい霜害は受けませんでした。

続きを読む "初霜や初霜柱に初氷"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/12/09

シジュウカラ、ジョウビタキが裏庭で鉢合わせ

今日は朝の内は冷たい小雨が降る寒いお天気。TVのお天気お姉さんは、東京では雪がちらつき今冬一番の冷え込みとなったと報じていました。茨城県県北の水戸は初雪を記録したが、県南のつくば・土浦は雨でした。明日は冷え込みが一層厳しいとか。風邪をひかないよう気をつけましょう。

今日は外に出られないな~と思って、窓から裏庭を眺めていたらこのところ常連のシジュウカラスズメに加えて、ジョウビタキ君とキジ君が遊びに来てくれました。

Ha0211120912341202jyohbitaki120901

↑ 今冬一番の冷え込みの朝、裏庭を訪れてくれたジョウビタキ♂(撮影:2011/12/09)。

Ha0511120912341205jyohbitaki12090_2 

↑ このジョビ君は11月11日の雨の日に裏の柿畑を訪れたジョウビタキ君 かと思われます。

Ha0811120912341208jyohbitaki120901
↑ このジョビ君、シジュウカラやスズメが群れているところに突然やって来ました。

Ha0911120912341209jyohbitaki120901
↑ そして、しばらく周囲を眺め回した後、飛び立って行きました。自分の縄張りを侵されたと思って牽制に来たのでしょうか? それとも採餌で回ってきたのでしょうか?ジョビ君に聞いてみたいです。

続きを読む "シジュウカラ、ジョウビタキが裏庭で鉢合わせ"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/12/08

赤いダイコン白いカブ

9月24日に播種した中国野菜の天安紅芯大根(サカタのタネ)、9月26日に播種した聖護院蕪(ウタネ)が食べごろになりました。それぞれ1本づつ収穫して美味しくいただきました。

Ha0411120716451210kabu01
↑ 左:聖護院カブ   右:天安紅芯ダイコン

聖護院大根:京都が名産地でよく知られたいますね。大きなカブに育つが、連作障害や害虫の影響を受けやすいとか。

天安紅芯大根:一見、赤いカブのように見えるが大根の仲間に分類されています。しかし、糖分が多く大根特有の苦みや辛さが無いのでカブのような質感があります。 甘酢漬けが最高で、生食、煮物、漬物など用途が広い。

Ha0511120619291204yasainimono01
↑ 聖護院蕪:「カブと油揚げの煮物」として頂きました。

Ha0611120808431213kabu01
↑ 天安紅芯大根:「カリフラワーと紅芯大根の甘酢漬け」として頂きました。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/07

赤い果実

今日は暖かい穏やかなお天気だったので久しぶりに買い周り兼サイクリングをしました。Yホームセンターでは、ハボタン2株を購入。昨年は丸葉系でしたが、今年は気分を変えて縮緬系のツートンカラーを選びました。

買い物の道すがら見た赤い実です。昨年は11月下旬にこの赤い実を眺めています。今年もきれいな赤い実をつけており、元気で再会できたことを喜びあいました。

Ha0211120713241206akaimi01
↑ クロガネモチ  ソヨゴの果実:赤い実がほんのりと色づいた葉に映えていました。

訂正と謝辞:waiwai様のご教示により、クロガネモチはソヨゴと判明しました。waiwai様ありがとうございます。

Ha0311120713311207akaimi01

↑ ゴンズイの赤い果実: 果実は袋果で、劣化いすると中から黒い光沢のある種子が出て来ます・

クサギ の実に似ているので、「クロクサギ」とも呼ばれる。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

続きを読む "赤い果実"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/12/05

「たくあん」用の大根の収穫/スモークサーモンとカリフラワーのマリネ

たくあん漬けにする大根を収穫ました。たくあん漬けにするといっても特別のだいこんではなく、一般に栽培されている「耐病総太り」大根(ウタネ)です。

Ha0111120511261206daikon092302
↑ 大根干し:大根は葉をつけたまま干しました(撮影:201・12・04)。

大根は9月23日に播種し12月4日に収穫したものです。播種から収穫まで73日かかりました。2股に分かれた大根はなかったが、長さはかなりばらつきました。しかし、長さの違いはあまり気にしません。

Ha0211120514591207daikon092302
↑ 夜間は夜露や雨に濡れないようにするため、園芸用のプランタースタンドに並べ、シートをかけて軒下に置きます。

干し加減は一般に大根が’への字型’ないしは’U字型’に曲がるくらいとされているので、「漬け込み」の日は12月15日~20日を予定しています。

Ha0311112715041109daikon092301
↑ 葉も大根漬けに使うので丁寧に収穫します。

        スモークサーモンとカリフラワーのマリネ

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

続きを読む "「たくあん」用の大根の収穫/スモークサーモンとカリフラワーのマリネ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/12/04

シャコバサボテンが開花しました

シャコバサボテンが咲き始めました。夏の間、戸外の風通しの良いところに置いたシャコバサボテン、11月に入って蕾をつけたので(2011/11/13 UP) 屋内に取り入れてから20日ほどたちました。クリスマスの頃にはピンクの花が満開になるでしょう。

Ha0111120417041202syhakobasaboten02

↑ シャコバサボテンが咲き始めました(撮影:2011/12/04)。

シャコバサボテンの名は、葉が甲殻類の一種のシャコ(蝦蛄)の殻模様に似ていることに由来する。

Ha0211120417071211syhakobasaboten02

↑ 北半球ではクリスマスの頃に開花するので、クリスマスカクタスとも呼ばれている。

Ha0311120417071212syhakobasaboten02
↑ 花言葉は「美しい眺め」、「愛される喜び」、「一時の美」

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/12/03

シジュウカラ

12月に入って、今日で3日続きの雨降りお天気です。今日も菜園行きはお休みになりましたが、折角の休日を鳥見に行けないで天を仰いで嘆いておられるバーダーさんも居るかと思います。でも、我が家では、毎日のようにシジュウカラさんが庭に遊びに来てくれるので雨の日でも鳥見は退屈しません(o^-^o)。

               12月2日の裏庭風景

Ha0111120216051208shijyukaraame01
↑ マサキの生垣伝いにやっけ来て裏庭の様子を窺うシジュウカラ。

Ha0311120209481203shijyukaraame01
↑ ツゲの生垣に移って、さらに様子を窺うシジュウカラ。

Ha0411120209521210shijyukaraame01
↑ 「う~ん ご馳走があるみたい・・・・・・」

Ha0511120209481205shijyukaraame01
↑ 「あ~れ 大分食べてしまったな~・・・・」

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/12/02

生姜の甘酢漬け

今日も一日中肌寒いお天気でした。菜園に出かけるのはやめて、お料理教室です。先日(11月30日)は「生姜の佃煮」をつくったので、今日は「生姜の甘酢漬け」をつくることにしました。

Ha0211120210321202syougaamazuduke01
↑ 材料の我が家の菜園で11月16日収穫した生姜(三州)です。

①生姜(根生姜)をよく洗って、土や汚れを落とします。

Ha0311120211051203syougaamazuduke01
↑ 薄くスライスした生姜:250gありました。

②洗った生姜は、干乾びた部分は取り除くが、皮はついたままで薄くスライスする。(スライサーはあったが、うまくスライス出来なかったので、包丁でスライスしました。)スライスした生姜は容器に入れ、塩を少々振って混ぜ、しばらく置く。

 Ha0411120211441204syougaamazuduke01 Ha0511120211461205syougaamazuduke01

↑ 酢:200cc          みりん:50cc

 Ha0611120211501206syougaamazuduke01 Ha0711120211551207syougaamazuduke01

↑ 砂糖:80g           塩:小さじ  1/2杯

Ha0911120211581209syougaamazuduke01
↑ 甘酢をつくります。

③酢(200cc)、砂糖(80g)、みりん(50cc)、塩(小さじ1/2杯)を鍋に入れ、火にかける。沸騰したら中火にして5分ほど沸かして火をとめ。きれいな容器に移して粗熱をとる。

Ha1011120212071210syougaamazuduke01
↑ 下ごしらえした②の生姜を3分茹でます。

④茹であがったらザルにあげ、お湯を切ったら、熱いうちに耐熱容器(パイレックス)に移す。

Ha1111120212131211syougaamazuduke_2
↑ できあがった甘酢漬け。 ④で茹であがった生姜に、③でつくった甘酢を合わせます。

Ha1211120212201212syougaamazuduke01
↑ 出来上がった甘酢漬けを煮沸消毒した保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

我が家では、コーヒーの空き瓶とジャムの空き瓶を再利用しました。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

続きを読む "生姜の甘酢漬け"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/01

キジの来訪

今日から師走。早いものです、今年最後の月となりました。しかし外は朝から小雨模様で、肌寒い一日となりました。

お天気が悪い日は、真っ晴れの天気の良い日に比べて野鳥たちは外に出やすいのでしょうか、今日は朝からムクドリ、ひよどり、シジュウカラなど色々な鳥たちが姿を見せてくれました。

そんな中、しばらく姿を見せなかったキジさんが裏の畑に姿を見せてくれました。

Ha0211120112301202kijiuranohatake01

↑ 10月30日に姿を見せてくれたキジ さん かと思われます。

Ha0511120112301205kijiuranohatake01
↑ 私の菜園の師匠Iさんのホウレンソウの畝沿いに進んで行きますが、今日は巡遊だけなのでしょうか、あまり道草は食いません。

Ha0811120112301208kijiuranohatake01
↑ 道路際ぎわまで来て、少し様子を見て・・・・

続きを読む "キジの来訪"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »