« マガモ、カワラヒワ:新年初鳥見 | トップページ | 石垣島の野鳥(7):名蔵アンバル湿地帯のシギたち(クサシギ、イソシギ、キアシシギ、アオアシシギ) »

2012/01/05

石垣島の野鳥(6):シロチドリ(?)、セイタカシギ

昨年の暮、沖縄旅行をしたとき撮った「石垣島の野鳥」シリーズ、一時、中断しましたが、まだかなり撮影した野鳥の画像が残っているので、また掲載させていただきます。

                   シロチドリ(?) 

Ha0011122209121206shirochidori1
↑ シロチドリ(?)( 撮影:2011/12/22   石垣島名蔵湾のアンバル干潟)

遠目にはコチドリかと思われましたが、シロチドリのようにも見えました。

Ha0111122209111202shirochidori1
↑ コチドリは、頸部に黒い首輪状の斑帯が入るが、この個体も黒い首輪状の黒帯がはっきりと見られる。しかし、目を見ると、コチドリは黄色い明瞭なアイリングがあるが、この個体にはそれが見られない。しかし、足を見るとこの個体は黄色い足をしている。シロチドリは足は黒色(眞木廣造監修・写真「野鳥」)とされるので、シロチドリと即断はできません。

Ha011122209111205shirochidori1

↑ 別の個体ですが、この個体も黄色いアイリングは明瞭でないが足が黄色です。シロチドリではなくコチドリかなとも思われますが。ここではどちらも断定を避けてペンディングにしておきます。画像が鮮明でないので恐縮ですが、識 者、専門家の御判定を仰ぎたいと思います。

 

            セイタカシギ:水辺の貴婦人

石垣島名蔵アンバル(網張)湿地帯は、2005年(平成17年)11月にラムサール条約の登録地に指定された世界的に貴重な野鳥の聖地です。この湿地帯は現在1145ha の地域が国指定の鳥獣保護区、157ha が国指定の鳥獣特別保護区となっています。この、自然の宝庫を破壊しないように大切に守って行きたいと思っております。

Ha0011122210101209seitakashigi
↑ セイタカシギ(撮影:2011/12/22   石垣島名蔵アンバル湿地帯)

「ユーラシア大陸の暖地、アフリカ北部、オーストラリア、南北アメリカに渡り鳥または留鳥として分布する。日本では迷鳥として稀に記録される程度であったが、1978年以降、東京湾や愛知県の埋め立て地などで繁殖する個体群が現れた(Wikipediaによる)」

Ha0011122210091203seitakashigi
↑ 繁殖期(日本では4~6月)はつがいで生活するが、非繁殖期はつがいを中心とした家族が集まって群をなすという。

Ha0011122210091202seitakashigi
↑ 他の水鳥(サギ、シギ、チドリ類)などよりも水深の深い場所に足を伸ばすことができるので、これらの鳥との採餌の競合を避けて住み分けができる。このような利点を生かして、かつて迷鳥と呼ばれたセイタカシギが北へ繁殖の分布範囲を伸ばしたのかなと考えられます。

|

« マガモ、カワラヒワ:新年初鳥見 | トップページ | 石垣島の野鳥(7):名蔵アンバル湿地帯のシギたち(クサシギ、イソシギ、キアシシギ、アオアシシギ) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
初めて書き込みさせていただきます。
石垣の記事を見させていただき、楽しみにしています。
というのも私も1月末に石垣に行く予定で、記事を見ながら期待に胸を膨らますばかりです。
今後もアップを楽しみにしています。

投稿: 鳥好き人 | 2012/01/05 21:38

こんばんは。

脚の色などから、コチドリであっていると思います。

セイタカシギは、動物質の餌なら、魚以外は、食べますので、
それも、生息分布域を広げている一因と考えられていますね。

投稿: R.Ptarmigan | 2012/01/05 22:42

カメラ、レンズの件ありがとうございました。

望遠レンズによる撮影は、未経験ですが、鳥たちが待っているので、やってみたいと思っております。
カメラと望遠レンズを買うとなると、20~30万くらいでしょうか?
今から小遣いを貯めていきましょう。

投稿: ハルとリリー | 2012/01/06 08:40

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
南国の小鳥たちを樂しませて頂きました(感謝
暖かさが届きそうです。

投稿: mico | 2012/01/06 09:24

鳥好き人 さん、お早うございます。
御来訪&コメント有難うございます。
石垣島へ行かれる予定ですか、冬の石垣には本州で見ることの稀なリュウキュウ固有の野鳥たちが沢山見られます。自然の景観とともに楽しんで下さい。
もし、時間に余裕があるようでしたら半日あるいは1日コースのガイド付きのバードウォッチングをなされたら効率よく鳥見と撮影を楽しむことができるかと思います。
私の場合は、地元のSeaBeans の1日ツアーを net で申し込んで、当日、ガイドさんにツアーの案内していただきました。ツアー料金は1人の場合1日12000円、半日は7000円です。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/01/06 10:45

R.Ptarmigan  さん、お早うございます。

最初の画像、やはりコチドリですか、そのように、コメントをつけさせて頂きます。有難うございました。

セイタカシギ、動物質の餌なら、魚以外は、食べるのですか、大変勉強になりました。最近は、多摩川にも見られるそうですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/01/06 10:54

ハルとリリー さん、今日は。
鳥を撮り始めると、止まっているものもありますがそのうち、動いているところや飛んでいるところを写したくなります。そうするとどうしても交換レンズが使えるデジタル一眼のカメラが欲しくなります。私はニコンしか使っていないので他のカメラについての知識には疎いのですが、昨年10月、ニコンがデジ一の新型モデルnikon1v1を発売しましたが、購入検討の候補機としてマークしておいてもいいかなと思っています。今は値段が高いので、貯金しながらもう少し待って、値段が下がった頃購入するという手はどうでしょうか。交換レンズは標準と望遠の2本、それに三脚を加えると、20~30万円くらい資金を用意する必要があるかと思います。貯金しながら、色々機種や機能を検討するのも楽しいですよ。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/01/06 14:39

mico さん、明けましておめでとうございます。
昨年は、楽しい歴史ハイキングのお伴をさせていただき、有難うございました。
本年も、また宜しくお願いいたします。
暮は、1年の骨休みに暖かいところに行ってきました。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/01/06 14:47

いや~!やっぱり濃いですね。
いろいろな素敵な鳥さん見せて頂いて堪能しました。
一度行ってみたくなりましたよ。

投稿: ソングバード | 2012/01/06 17:38

魚を食べているセイタカシギは、見た事がないのですが、
虫の幼虫や、ヒルを食べているのは、見た事があります。

あとは、小さな貝や甲殻類辺りでしょうか。

関東や中部では、普通に繁殖しているようですね。

拙ブログのセイタカシギは、愛知(三河地方)で撮影したものです。

投稿: R.Ptarmigan | 2012/01/06 21:53

こんばんは。
ありがとうございます。
私もネット等を調べSeaBeansに行きつき予約をしました。
一番人気があるようですね。みなさんのいい言葉を見て心強いです。
ぴょんぴょんさんはナイトツアーには行きましたか。
私は予約したため今、ストロボを買ったり、夜のマニュアルでのピント合わせの練習をしたりと今は大変です。
よろしくお願いします。

投稿: 鳥好き人 | 2012/01/06 22:43

鳥好き人  さん、今晩は
SeaBeansに予約されましたか。よかったですね。
帰ってこられての鳥見の成果、楽しみにしてお待ちしています。
ナイトツアーは日程上厳しかったので行きませんでいた。
次回の楽しみとして残しておきました。
では、お元気で行っていらっしゃい。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/01/14 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/53662276

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島の野鳥(6):シロチドリ(?)、セイタカシギ:

« マガモ、カワラヒワ:新年初鳥見 | トップページ | 石垣島の野鳥(7):名蔵アンバル湿地帯のシギたち(クサシギ、イソシギ、キアシシギ、アオアシシギ) »