« 嵐の前の静けさ:キジ、オナガまたもや出現 | トップページ | アンズの花と梅コゲラ »

2012/04/04

庭のアネモネと野の土筆

昨日の「春の嵐」が過ぎ去った後なので、午前中は風がまだかなり強く、少し肌寒い感じでしたが、午後になると次第に風も収まり、風の当らない裏庭はうららかな春の陽気に包まれ、アネモネが1輪ポッかりと花を咲かせまてくれました。

Ha0412040411590404anemone01_2

↑ アネモネ:キンポウゲ科 球根植物 原産地:地中海沿岸地方

Ha0512040412050405anemone01

↑ 多くの草花の開花が今年の春は遅れているのに、このアネモネ昨年(2012/04/16日開花)よりも12日ほど早い開花です。ちょっと不思議ですね。

Ha0612040418050406anemone01

↑ アネモネの葉:葉は細かく裂けています。

アネモネは花は綺麗ですが、茎を折ったときに出る汁にはプロトアネモニンと呼ばれる毒成分が含まれており、かぶれたり、皮膚炎をおこしたりすることがあるので要注意。

散歩道の土手には、ツクシが顔を出し、スギナがちょっぴり芽を出し始めました。

Ha0412040216000406tsukushi01

↑ 土筆とちょっぴり芽をだしたスギナ(撮影:2012/04/02)。

Ha0512040111420402tsukushi01_2

↑ 早く芽を出したツクシは頂部が黒くなっています。芽の出たあと、霜害を受けたためかと思われます。

追記:今日、散歩で同じツクシの生えている土手に寄ったら、ツクシは一段と伸びており、大群落になっていました。

Ha0112040516520406tsukushigunraku01

↑ 土手一面を被ったツクシの大群落(撮影:2012/04/05)

Ha0212040516500403tsukushigunraku01

↑ 土手一面に生えたツクシの坊や。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

|

« 嵐の前の静けさ:キジ、オナガまたもや出現 | トップページ | アンズの花と梅コゲラ »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野草」カテゴリの記事

コメント

オオイヌノフグリや、ヒメオドリコソウは、咲き始めているのに、
フキノトウとツクシは、いまだに見かけません・・・
(探す場所を間違えているのかな?)

投稿: R.Ptarmigan | 2012/04/04 23:54

ぴょんぴょんさん、こんにちは!
寒さの後のぱっと明るいアネモネの花!
目が覚めるようですね。
土筆を見ることがなかなかないのですが、
しっかりした土筆ですね。
今年は何とか見つけたいです。

投稿: かたつむり | 2012/04/05 13:01

こんにちは
アネモネの花に元気がもらえました。
土筆も顔を出したものの寒さに驚いたでしょうね。

投稿: mico | 2012/04/05 13:40

R.Ptarmigan さん、今晩は!

< フキノトウとツクシは、いまだに見かけません・・・

そ~ですか。オオイヌノフグリや、ヒメオドリコソウの様にどこでも見られるとは限らないようですね。こちらでも、特定の場所にしか見つかりません。どこかで、見つかるといいですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/04/05 23:06

かたつむり さん、今晩は!
アネモネ、日本の夏は苦手のようですが、冬の寒さには強いみたい。毎年元気に咲いてくれて嬉しいです。
ツクシさん霜にやられて先頭が黒くなってしまいましたが、すくすく伸びています。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/04/05 23:12

mico さん、今晩は!
クロッカスの花が終わりになり、アネモネがいま花壇の元気印となっています。
ツクシは今年、当たり年のようで、今日見たら大群落になっていました。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/04/05 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/54389246

この記事へのトラックバック一覧です: 庭のアネモネと野の土筆:

« 嵐の前の静けさ:キジ、オナガまたもや出現 | トップページ | アンズの花と梅コゲラ »