« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の記事

2012/06/20

コンニャク

我が家の家庭菜園「丘の畑」に植えた2年もの、および3年もののコンニャクが芽を出しはじめました。3年ものは今年の秋収穫できるかと思います。

Ha0212061714480610konnyaku01
↑ コンニャクの芽(撮影:2012/06/17)。

Ha0412061714420602konnyaku01  Ha0612061714450604konnyaku01

↑ 葉が展開し始めたコンニャク。我が家のコンニャクは、揃って一斉に芽が出て葉が展開するのではなく、個々のイモが微妙に時期をずらせて発芽しています。

Ha0812061714460605konnyaku01  Ha0912061714460612konnyaku02_2

↑ 既にかなり葉が展開したものもあります。

Ha1012061714460606konnyaku01_2
↑ 一番最初に芽を出したコンニャク(撮影:2012/06/17)。

コンニャクは、葉を傷つけると、もうあとは出てこないので気をつけて丁寧に栽培しないといけません。秋の収穫と「コンニャクづくり」が楽しみです。

お知らせ:明日から8日間、海外旅行(スイス)に行ってきますのでブログをお休みします。宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012/06/19

モナルダ 

このところ断続的に降り続く梅雨によって庭の草花が次々と花を咲かせ始めました。

Ha102012b_0617_103941rimg00272
↑ 庭のモナルダも咲きだしました(撮影:2012/06/17)。

今年も庭先のモナルダが、燃のような真っ赤な花を咲かせたが、打ち続く雨で伸長した周辺の草木の勢いに押され、ちょっと風通しが悪なってしまいました。

Ha202012b_0616_134151rimg00632
↑ 今年の梅雨は雨天の当たり年のようで北側の庭は少々過湿気味。そのためでしょうか、モナルダの葉や花びらに白い斑点ができてしまいました。やばい!! うどん粉病が発生したようです。

今日は、台風4号襲来の直前! 午後から雨が降り出しました。台風が去って天気が晴れたれたら、周辺の草木を整理し、風通しをよくして、殺菌剤を撒こうかと思っています。

Ha302012b_0616_134107rimg00572
↑ モナルダ・ディディマ(Monarda didyma): シソ科モナルダ属 多年草 原産地:北アメリカ

モナルダ・ディディマは赤花で、和名ではタイマツバナ松明花)と呼ばれている。

一方、モナルダ・フィスツローサ(Monarda fistulosa)はピンク色の花で、こちらは和名でヤグルマハッカ矢車薄荷)と呼ばれています(参考:花図鑑「モナルダ」)。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012/06/18

ソラマメの収穫(第2回目)

6月8日の第1回目のソラマメの収穫に続いて、昨日第2回目のソラマメの収穫をしました。今回は、成熟度合いの良いものは来年用の種子として選別し、残りは食用としました。丁度、土日を利用して娘と孫が遊びに来たので、2歳の孫に皮むきを手伝ってもらい、早速採りたてのソラマメを塩茹でにして食べました。帰りにはソラマメをお土産に持って行きました。沢山採って食べきれなかったので大助かりでした。

Ha0212061717180604soramamesyuhkaku0

↑ 収穫前のソラマメ。大部分の莢が下を向き、収穫の適期となりました(撮影:2012/06/17)。

Ha0412061716470602soramamesyuhkaku0
↑ 収穫したソラマメ。莢つきで7.3kg採れました。

Ha0612061809420607soramamesyuhkaku0
↑ 2歳の孫が大喜びで手伝ってくれて(勿論、お遊び程度ですが)莢から中身を取り出しました。

 莢つき7.3kgのソラマメから、中身の豆が2.3kgとれました。莢つきの重量のほぼ3割強が豆の重さとなっています。

続きを読む "ソラマメの収穫(第2回目)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/06/17

キンシバイ 

キンシバイ(金糸梅)は雨に濡れた姿の方が生き生きと輝いて見えます。

Ha0212061711070614kinshibai01
↑ 昨日の雨の恵みを受けて一段と花数を増しました。

Ha0412061711070615kinshibai01
↑ 早速、虫たちがやってきました。

Ha0712061710500612kinshibai01
↑ この花が咲き終わる頃、本格的な夏がやってきます。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/06/16

シモツケ

毎年、梅雨期になるとシモツケ、キンシバイ、モナルダが競い合うようにして咲きだします。今年は、ワンタッチの差でシモツケが先に咲きだしました。

Ha0212061510370603shimotsuke01
↑ ジモツケの花が咲きだしました(撮影:2012/06/15)。

Ha0412061510370605shimotsuke01_2
↑ 純然たる白花ではなく、ちょっと赤花が混じっています。

Ha0612061517360606shimotsuke01
↑ 「源平咲き」と言いたいところですが、白花の比率が圧倒的に大きい。

続きを読む "シモツケ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/15

ピンクのスカシユリ

オレンジのスカシユリに続いてピンクスカシユリが咲きだしました。

Ha0212061510330605sukashiyurpink150
↑ ピンクのスカシユリが開花しました(撮影:2012/06/15)。

Ha0412061510320603sukashiyurpink150
↑ スカシユリは花が上向きに咲きます。

Ha0512061517260614sukashiyurpink150
↑ スカシユリはヤマユリのような強い芳香はありません。その代わり、花を上向きの咲かせてサービスしてくれます。

続きを読む "ピンクのスカシユリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/13

キアゲハの幼虫が蛹になりました

我が家の庭のミツバで育ったキアゲハの幼虫が6月10日に5齢幼虫 になり、そろそろ蛹になるかと思えたので、11日に我が家の別荘(飼育ケース)に迎え入れてあげました。すると、予想通り、今日13日朝、蛹となりました。

Ha0012061107280603kiageha41101
↑ 6月11日:いよいよ最終齢を迎えたようで、じっとして動かなくなりました(撮影:2012/06/11 07:28)。

Ha0012061107300604kiageha41101
↑ 6月11日夕方:このままにしておくと、野鳥などに食べられてしまう恐れがあるので、11日夕方、ミツバの枝ごと、そっと「飼育ケース」に取り入れて、安全な家の私の部屋の中へと引っ越し願いました。

Ha0012061308330617kiageha51301
↑6月12日:「飼育ケース」内は、まだ餌を食べるかも知れないということを考慮して、念のためミツバの葉も一緒に入れておきました。ケースの蓋はあるのですが、写真撮影をするのに邪魔なので、透明な「キッチン・ラップ」で被い、ゴムバンドで締めておきました。

これが、大抜かりでした。夕方、ケースを覗いて見たら、ケース内にはキアゲハの幼虫がいません。もぬけの空です。動かないと思っていたのが大間違いでした。ケースをよく調べて見ると、キッチン・ラッップに直径数ミリほどの穴が開いていました。

そうです、このキアゲハの幼虫、おとなしいと思ったら、そうではなく、その鋭い歯で、ラップを食いちぎり穴をあけて逃げ出したのです・・・ ウゥウゥウゥ

部屋の中を探しても姿が見つかりません・・・

続きを読む "キアゲハの幼虫が蛹になりました"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/06/12

ピーマンの花と実 

ピーマン(京波が花を咲かせ実を結びました。もう少しで収穫できそうです。

Ha0212060711390604pman01
↑ ピーマンの花が咲きました(撮影:2012/06/07)。

Ha0312060711380603pman01
↑ ピーマンは比較的病気に強いので育てやすい。

Ha0512060711390605pman01
↑ そろそろ収穫ができるかなと思ってよく見たら、虫が食べた様な穴が見つかりました。虫には用心しなければなりませんね。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012/06/11

トリトマ ズッキーニ

トリトマが咲きだしました。昨年は6月12日にUPしているので、昨年とほぼ同じ時期の開花となりました。

定植したズッキーニの実が大きくなってきました。あまり大きくならない内に収穫しようと思っています。

Ha0012061108070601toritoma01
↑ トリトマ:今年も忘れずに咲いてくれました(撮影:2012/06/11)。

Ha0012061108100603toritoma01
↑ トリトマ:ユリ科 多年草 原産地:南アフリカ 別名:シャグマユリ
 英名:トーチリリー 

Ha0012061108090602toritoma01
↑ 花色咲き進むにつれて変化するのが面白いです。

薄緑色をしたつぼみが、頂部の方から下方に向かってオレンジ色に変わって行きます。そして、花が咲き進につれて、今度は下の方から頂部に向かって黄色くなってゆきます。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 にほんブログ村 花ブログへ

にほんブログ村 にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

続きを読む "トリトマ ズッキーニ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/06/10

キアゲハの幼虫

庭の片隅に生えているミツバにキアゲハが卵を産みつけました。その卵が孵化して幼虫になるのですが最初は黒い毛虫のようであまり綺麗ではありません。

それが何回か脱皮を繰り返し、緑と黒の縞模様の幼虫となりました。今日、見たら、大分大きくなっており、そろそろ蛹になりそうな状態でした。

Ha0212060110120605kiagehayoucyu101

↑ キアゲハの幼虫(撮影:2012/06/01)。

庭のミツバにキアゲハが卵を産みつけました。この個体は3齢幼虫くらいに見えます。もう少し拡大して見ると。

Ha0412060110110604kiagehayoucyu101
↑ 脱皮した殻が頭の方についていました。

Ha0212060609490609kiagehayoucyu201
↑ キアゲハの幼虫(撮影:2012/06/06)。

5日経ったら、このくらいの大きさになりました。4齢幼虫くらいに見えます。

Ha0212061010350602kiagehayoucyu301 

 ↑ キアゲハの幼虫(撮影:2012/06/10)。

さらに4日経った今日の写真です。5齢幼虫になったかと思われます。

もうすぐ蛹になりそうです。明日あたり、飼育箱に引っ越し願おうかと考えています。

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/06/09

ソラマメ  カリフラワー が収穫にこぎつけました。

今日、6月9日の午前11時、気象庁は「関東甲信、北陸地方は梅雨入りしたと見られる」と発表しました。雨不足に悩んでいた我が家のサトイモがこれから一気に育ってくれるでしょう。

昨年の11月4日に種を蒔いたソラマメが、ようやく収穫にこぎつけ、昨日(6月8日)第1回目の収穫を済ませました。また、3月30日に定植した春蒔き夏どりのカリフラワーも昨日1個採取しました。ソラマメ、カリフラワーともに初収穫です。

心配したソラマメのアブラムシによる被害は、早い段階で薬剤(スミチオン1000倍希釈液)散布処理をしたおかげで、今年は殆ど被害を受けないで収穫できました。

                  ソラマメの収穫

Ha0012060311390604soramamesyukaku01
↑ 収穫直前のソラマメ(撮影:2012/06/03)。

Ha0012060913070606soramamesyukaku01
↑ 昨年の11月4日に種を蒔いてから昨日の収穫の日まで216日、およそ7か月の歳月がかかりました。ソラマメは収穫まで長い日数がかかるのですね。

 

Ha0012060913000605soramamesyukaku01
↑ 早速茹でて、よく味わいながら、美味しくいたきました。

             春蒔き夏どりカリフラワー

続きを読む "ソラマメ  カリフラワー が収穫にこぎつけました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/08

スカシユリ(オレンジ花)、松葉菊が開花。巣立ったツバメの親子がもとの巣に遊びに来ました。

6月6日、前夜の雨のあと、スカシユリ(オレンジ花)が開花しました。昨年は5月23日に開花(UPは24日)しているので、昨年より2週間遅れの開花となりました。松葉菊も開花して今が花盛りです。6日に巣立ちしたお隣のツバメさん親子、今朝見ると近くの電線に止まっていました。しばらくすると巣立った巣に子ツバメが入ってきました。続いて親ツバメらしいツバメも巣立った納屋に入ってきました。育った巣を懐かしんでまた来たのでしょうか、それともお別れの挨拶に来たのでしょうか。

Ha0012060612320607sukashiyuri01
↑ 雨のあと、オレンジ花のスカシユリが咲きだしました(撮影:2012/06/06)。

昨年は5月23日に開花(UPは24日)しているので、今年は2週間ほど遅れています。

ピンク花、黄花のスカシユリももうすぐ開花です。

Ha0012060609040604sukashiyuri01

↑ 昨年はピンク花のスカシユリは6月15日にUPし、黄花のスカシユリは6月23日にUPしています。

Ha0012060712390603matsubagiku01
↑ マツバギク(松葉菊)も陽が当たると一斉に花を開き、いま花盛りです(撮影:2012/06/07)。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

続きを読む "スカシユリ(オレンジ花)、松葉菊が開花。巣立ったツバメの親子がもとの巣に遊びに来ました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/07

菜園の近況:キュウリ、ナス、トマト

我が家の菜園の定番野菜、キュウリ、ナス、トマトが花をつけ、小さな実がつき始めました。

Ha0212060711440605yasaknt01
↑ キュウリ(夏秋節成)の雌花が咲きだしました

Ha0412060711450606yasaknt01
↑ 今のところは、順調に育っています。

Ha1212060711460607yasaknt01
↑ ナス(千両2号)はどの花を見ても下向きに咲いています(撮影:2012/06/07) 。

 Ha1412060711490609yasaknt01 Ha1612060711510610yasaknt01_2
↑ 左:千両2号1番花についた実。やはり形は悪いですね。早速、取りました。

  右:ナスは千両2号と水ナス(手前1本)を植えました。

          トマトは色々な品種を植えました。

続きを読む "菜園の近況:キュウリ、ナス、トマト"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/06/06

ツルバラが咲き始めました

昨夜から台風の影響でしょうか雨となり、今朝もまだ雨が少し残っていました。この雨のおかげで、庭のツルバラ・カクテルの花が一気に咲き進みました。

今日は、金星が太陽を横切る「金星の太陽面通過」が見られる日でしたが、生憎の雨~曇り空で、ついに太陽面横断の’金星ショウ’は見ることができませんでした。金環日食のとき買った太陽観察専用のサングラスがあったので、この’金星ショウ’も見られるかなと楽しみにしていたのですが、残念でした。

Ha0012060608530607tsurubara01

↑ 雨に濡れて庭に咲いたツルバラ・カクテル(撮影:2012/06/06)。

Ha0012060608510605tsurubara01
↑ 昨年は6月7日にUP しています。昨年よりは一寸花が早く咲き進んでいるみたいです。

Ha0012060608500604tsurubara01
↑ 咲き進んだ花は、花弁に赤い色がピンクがかってきて、蕊が茶色にかわってきます。

続きを読む "ツルバラが咲き始めました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/06/04

ツバメの子5羽誕生!

4月15日に巣作りを完成 したお隣のSさんのツバメ5羽誕生し、5月30日に巣から顔を覗かせたところを写真に撮りました。巣作り完成から45日目です。

Ha0212053014150510tsubamekosodate01
↑ お隣のSさんの納屋で産まれたツバメが5羽誕生し、巣から顔を覗かせました(撮影:2012/05/30)。

Ha0312053014150508tsubamekosodate01
↑ 親ツバメが餌を運んでくると一斉に大きな口をあけておねだりです。

Ha0412053014190513tsubamekosodate01
↑ 親ツバメはどういうルールで子ツバメに餌をあげるのか知りませんが、ここでは、左の子から右へと順番に与えているように見えました。

Ha0512053014200516tsubamekosodate01
↑ まだまだ食欲旺盛です。

Ha0612053014190514tsubamekosodate01
↑ お父さん、お母さん餌運びに大忙しです。

続きを読む "ツバメの子5羽誕生!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/06/03

戸隠高原のハイキング(7)野鳥編:ゴジュウカラ、コルリ、アカハラ

木の幹を頭を下にして逆さまに下りる小鳥がいました。ガイドさんがゴジュウカラだと囁きました。しかし、しかし写真を撮るのは一苦労です。すばしこく動き回るのでなかなかカメラの枠に入らず、かろうじて数ショットだけ撮れました。

Ha0212052407540505gojyukaratogakusi
↑ 木の枝を素早く動き回るゴジュウカラ(撮影:2012/05/24 戸隠高原)。

ゴジュウカラ:ゴジュウカラ科 全長13.5cm 雄と雌はほぼ℃移植で尾は短い。

Ha0512052407530514gojyukaratogakusi
↑ 得意なアクロバットを披露しました。

 「九州から北海道にかけて留鳥として分布する。山地の落葉広葉樹林帯のすむが北海道では冬季は平地にいどうする(参考:真木広造著「野鳥」)」

Ha0612052407530504gojyukaratogakusi
↑ きの幹を上から下へと降りて餌を探しまわります。このような芸当のできる鳥は他にはいません。

                  コルリ

続きを読む "戸隠高原のハイキング(7)野鳥編:ゴジュウカラ、コルリ、アカハラ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/06/02

戸隠高原のハイキング(6)野鳥編:ミソサザイ、アリスイ

戸隠神社大鳥居付近のさかさ川歩道脇の木にミソサザイが大きな声を張り上げて囀っていました。距離は約20mくらいで、かなり近いところです。すぐ逃げてしまうかと思ったのですが 意外に長く居てくれて、サービス満点でした。

                   ミソサザイ

Ha0212052407480502misosazaitogakush
↑ ミソサザイ(撮影: 2012/05/24 戸隠高原).

Ha0412052407480503misosazaitogakush
↑ ミソサザイ:ミソサザイ科 全長10.5cm 地上性または低木内。

Ha0512052407480506misosazaitogakush
↑ ぴんと尾羽をあげ、声高らかに初夏の歌を唄っていました。

続きを読む "戸隠高原のハイキング(6)野鳥編:ミソサザイ、アリスイ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/06/01

戸隠高原のハイキング(5)野鳥編:オオアカゲラ、サンショウクイ、イカル

戸隠のオオアカゲラはバーダーさん達に結構人気があります。ポイントについたときは既に数人のバーダーさん達がカメラを構えて待機していました。目指すオオアカゲラは枯れた木の幹に巣穴を完成し、子育て真っ最中でした。

このあと、サンショウクイイカルの姿も観察しました。しかし、いづれも樹上性で、高い木の梢にいてデジイチ500mmの望遠では少々遠すぎました。

                     オオアカゲラ

Ha0412052414260503ohakageratogakusi

↑ 子育て中のオオアカゲラ♂(撮影:2012/05/24 戸隠高原)。

 頭頂部が赤いので雄ですね。雌は頭頂部が黒い。

オオアカゲラ:キツツキ科 全長:28cm 樹上性。 腹面の腹部から下尾筒が赤く胸から脇に黒縦斑がある。

Ha0612052414260504ohakageratogakusi
↑ 口に虫を咥えています。オスとメスが協力して子育てをしているのですね。

Ha0712052414260502ohakageratogakusi

↑ 穴の中には雛がいるようで、穴に頭を突っ込んで餌を与えています。

Ha1012052414260508ohakageratogakusi
↑ 餌を与えたあと、辺りを見廻して様子を見たあと、

Ha1212052414260509ohakageratogakusi

↑ すぐ飛び立ちました。お父さんもお母さんも子育てに大忙しのようです。

               サンショウクイ

続きを読む "戸隠高原のハイキング(5)野鳥編:オオアカゲラ、サンショウクイ、イカル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »