« スイス旅行(2):第2日ー1:ベルニナアルプス展望 | トップページ | スイス旅行(4):第2日ー3:ムオタス・ムライユ展望台 »

2012/07/09

スイス旅行(3):第2日ー2:ベルグバーネン・インクルーシブでコルヴァッチ展望台へ

サンモリッツに来て、この地方を訪れた宿泊客にとってとても嬉しいサービスとなっている「ベルグバーネン・インクルーシブ」という山岳交通無料パスが宿泊客に貸与されていることを知りました。

この「ベルグバーネン・インクルーシブ」パスは、夏期限定(2012年は5月1日~10月31日)のサービスで、サンモリッツを中心とするエンガディン地方の協定加盟の宿泊施設 (ホテル、旅館、山の家など)に2泊以上宿泊すると、域内の公共山岳交通機関(鉄道、バス、ケーブルカー、ロープウエイなど)が無料で利用できる という大変有難いパス(電子カード)です。パスは泊まった宿で貸与してくれますが、到着日と出発日は使えません。しかし、2泊すれば中1日はこのパスを利用して、域内様々な公共交通機関が乗り放題なので大変嬉しいです。因みに、「ベルクバーネン(Bergbahnen)」は「山岳交通」の意味を持ち、「インクルーシブ(Inclusive)」は「範囲内にある。あるいは、含まれている」という意味ですが、「Bergbahnen inclusive」と書かれたマークのついた域内の鉄道、バス、ロープウエイならば、このパスを使い無料で自由に乗車、下車できます。

午前中にデアポレッア展望台(2984m)でベルニナ・アルプスを展望した後は自由行動なので、このパスを利用してコルヴァッチ(コルバッチ)展望台(3305m)に行き、今度は北西の方向からベルニナ・アルプスを眺め、時間に余裕があったらさらにサンモリッツの近くのムオタス・ムライユ展望台からもベルニナ・アルプスとサンモリッツの町を眺めようと欲ばった計画を立てました。この計画はバスやロープウエイの発着時刻表とにらめっこでしたが、お天気が良かったため、うまく行き、大満足の1日となりました。さすが観光立国のスイスです、交通ネットがしっかりしています。後で聞いたところによると、イタリアではこのようには行かないとのことでした。

Ha0212062222330605corvatschtalstati
↑ サンモリッツから、「ベルグバーネン・インクルーシブ」パスを使って、コルヴァッチ展望台への登山口スールレイ(1877m)に着きました。

Ha0012062222040602corvatschtalstati
↑ スールレイから、ロープウェイ(ゴンドラ)に乗り、中間駅ムルテール(Murtel 2702m)で乗り継いで、頂上のコルヴァッチ(Corvatsch 3305m)駅に着きました。

Ha0112062221040602corvatschlopeway0
↑ 少し上がると、左手にシルヴァプラナ湖(Lej da Silvaplana)、右手にスオ湖(Lej da Suot)が見えてきます。

手前がスールレイ、対岸がシルヴァプラナの街並みです。また対岸の山はユリア山(Piz Julier/Piz Guglia 3380m)。

Ha0412062221050603corvatschlopeway0
↑ ユリア山の左の谷は氷河時代に氷河によって削剥形成されたU字谷です。

この渓谷をさかのぼった峠が紀元前の昔からその名が知られているユリア峠(Julierpass / Pass dal Guglia 2284m)で、この峠を越えるとライン川流域に入りヨーロッパ各国へと行くことができます。一方、手前(南方)のマローヤ峠(Malojapass 1809m)を越えると、イタリアのコモ湖→ポー川に至り地中海世界に通ずることができます。

因みに、ユリア峠やピッツ・ユリアのユリアはローマ皇帝ジュリアス・シーザーに由来しています。それは、ジュリアス・シザーが、軍事・交易上の重要さを認めて、この峠を開設・整備したためであると言われています。

Ha1012062221480614corvatschlakeview
↑ ゴンドラは次第に高度をあげ、ユリア峠が見えてきます。この峠越えの道は雪が少なく、氷河時代に形成されたU字谷なので道も険しくなく、古代からアルプス越えの重要な通路となった。

Ha0912062221200619corvatschlopeway0

↑ 目を左の方に向けると、シルス湖(Lej da Segl)が見えてきます。

右はシルヴァプラナ湖で、両湖にはさまれてシルス・マリア(Sils/Segle Maria 1809m)の村落が立地している。シルス・バーゼリア地区は「アルプスの少女ハイジ」(1965年)の映画が撮影された場所として知られています。

Ha0812062221330609corvatschlakeview

↑左:シルス湖 右:シルヴァプラナ湖

Ha0212062221560602corvatschbergstat
↑ 赤白の電波塔の立っているコルバッチ頂上駅(Corvatsch bergstation 3303m)と、その手前のコルバッチ中間駅ムルテル(Corvatsch Mittelstation Murtel,2702m)が見えてきました。

Ha0512062221280608corvatschbergstat

 ↑ コルヴァッチ頂上駅

Ha0712062221260606corvatschbergstat
↑ 展望台:向かいの山はピッツ・コルヴァッチ(Piz Corvatsch 3451m)。

Ha0912062221260604corvatschbergstat
↑ 展望台から北西方向を眺める。

Ha0112062221250626corvatschlbernina
↑ 展望台から東方を眺める。ベルニナ・アルプスの東端が見える。

Ha0212062221270610corvatschbernina0
↑ コルヴァッチ展望台から眺めたベルニナ・アルプスの全貌。中央が主峰ピッツ・ベルニナ(4049m)。

Ha0412062221350617corvatschbernina0
↑ 左端の峰がピッツ・ベルニナ、その右がピッツ・シェルシェン(ちょっと雲に隠れてピークがはっきりしない(次の写真参照)。さらにその右手に見える尖った山はピッツ・ロゼック(Piz Roseg3937m)。

Ha0612062221390623corvatschbernina0
↑ 左側の峰がピッツ・ベルニナ、その右の峰がピッツ・シェルシェン(Piz Scerscen 3971m)。

ピッツ・シェルシェンとその右のピッツ・ロゼッタ(この写真では見えない)の間を流下するチェルヴァ氷河(Vadaret da Tschierva)の眺めは壮観です。

長くなりましたので、ムオタス・ムライユ展望台からのベルニナ・アルプルの眺めは明日掲載します。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

|

« スイス旅行(2):第2日ー1:ベルニナアルプス展望 | トップページ | スイス旅行(4):第2日ー3:ムオタス・ムライユ展望台 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55156269

この記事へのトラックバック一覧です: スイス旅行(3):第2日ー2:ベルグバーネン・インクルーシブでコルヴァッチ展望台へ :

« スイス旅行(2):第2日ー1:ベルニナアルプス展望 | トップページ | スイス旅行(4):第2日ー3:ムオタス・ムライユ展望台 »