« スイス旅行(19):第6日ー3:スイスアルプスの花(2) 青花系・赤花系 | トップページ | スイス旅行(21):第7日ー1:グリンデルワルトの朝 »

2012/08/10

スイス旅行(20):第6日ー4:スイスアルプスの花(3) 黄花系・白花系

               「スイスアルプスの花」(3)

                          スイスアルプス:黄系の花 

 Ha0012062618050635kleinscheidegghan
↑ クライネシャイデック(2061m)のお花畑では、キンポウゲ科に属する黄色い花が沢山咲いており遠くからでもよく目立ちました。しかし、グルント(1562m)辺りで見られたタンポポ系の花は見当たりませんでした。

Ha40012062618480625kleinscheidegg_2
↑ ランヌクルス・アクリス(Ranunculus acris ) : キンポウゲ科キンポウゲ属

茎の上部に花径2~3cmほどの黄色い5弁花を咲かせているので、ランヌクルス・アクリスと同定しました。

Ha45012062618040604kleinscheidegg_2
↑ トゥロリウス・エウロッパ(Trollius europaaeus):キンポウゲ科キンバイソウ属。 和名:セイヨウキンバイソウ 英名:バターカップ、グローブフラワー

この花は花弁の数が13枚あるので、トゥロリウス(トロリウス)・エウロッパかと思われるが、花がちょっと開きすぎているので、うっ??て感じです。

注:トゥロリウス・エウロッパは花弁数10~15枚で、花は英名バターカップと言われているように、僅かに開花し半球状に咲くのが普通のようですが、この花はかなり開いて咲いています。画像を整理していて、似たような花が沢山あることを知り、花だけではなく、葉や茎などについても良く観察しておけばよかったと反省。

Ha50512062618060609kleinscheideggha

↑  ゲウム・モンタヌム(Geum montanum) : バラ科ダイコンソウ属。

6弁の黄金色の花を咲かせていました。にわか雨が降って花弁がちょっと濡れています。花弁に僅かの切れ込みがあるのが認められたのでモンタヌムと同定しました。(参考: 「ゲウム・モンタヌム」 by Shu Suehiro

しかし、ゲウム(バラ科ダイコンソウ属)の仲間も、モンタヌムのほか、レプタンスやウルバヌムなど似たような種があるので、上記の同定も、そのまま鵜飲みにしないでください;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

Ha60012062618470624kleinscheideggha
↑ ビスクテラ・ラエビガタ(Biscutella laevigata):アブラナ科ビスクテラ属。

4弁花で、花径4~8mmの黄色の小花を茎頂に咲かせているので、「ビスクテラ・ラエビガタ」 と同定しました。

Ha70012062619010639kleinscheideggha
↑ トリフォリウム・バディウム(Trifolium badium):マメ科シャジクソウ属。

花は、長さ1.5~2.0cmの球形~卵形の集合花冠をつくる。花色は、咲き始めは本個体(上図)のように黄緑色であるが、やがて濃い黄色になり、さらに花が咲き進むと下方から褐色に変化する(上図の先行して咲いた花は下の方が少し褐色になっている)。

褐色の花色をもつクローバーに似た花を咲かせるので、英名ではBrown cloverと呼んでいる。

葉は3出複葉(いわゆる三つ葉)で、小葉は普通、狭楕円~三角状であるが本個体は、画像に見られるようにかなり細長になっています。これは、環境の影響を反映した個体差かと思っています。(参考:「トリフォリウム・バディウム」 by Shu Suehiro )

Ha80012062619000630kleinscheideggha
↑ ロトウス・アルピヌス(ロッス・アルピヌス):Lotus alpinus : マメ科ミヤコグサ属 

黄色い花を咲かせるが、花が咲き進むとオレンジ色に変化する。このため黄・橙2色の花が混じり合って綺麗な色合いを醸しだしています。

葉は対生2+3出複葉で、小葉には長毛が疎らにある。英名はAlpine bird's foot trefoil.

Ha120012062618370617kleinscheideggh
↑ プルサチラ・ウェルナリス(プルサティラ・ヴェルナリス) Pulsatilla vernalis
: オキナグサ属

ローデンボーデン~リッフェルベルクのハイキングで出会った「フリューリングス・クシューレ(Fruhlings kuhschelle)」と同じ花です。クライネ・シャイデックのお花畑でも咲いていました。

「フリューリングス・クシューレ」はスイス(ドイツ語圏)で一般的に呼ばれている花名、「プルサチラ・ウェルナリス(プルサティラ・ヴェルナリス)」は学名です。

この花は、春(雪解け直後)、茎頂に内側は白、外側は白っぽい青~紫色の花を咲かせる。花弁のように見れる見えるのは顎片で6枚あり、外側はビロード状になっており、冬季に花(蕾)を外界の寒さから守っている。花は咲き進むと外側の白っぽい青~紫色は赤紫色に変わってくる。そして果実には白い長い毛が伸びてくる。これが翁の白髪頭のように見えたので「翁草(kuhschelle)」と呼ばれるようになり、春早く(雪解けが始まるとすぐ)花を咲かせたので「Fruhlings kuhschelle」と呼ばれるようになったという。その和訳が和名「春翁草」として採用されている。

                         スイスアルプス:白系の花 

Ha100012062618320613kleinscheideggh
↑ クリサンテム・アルピタム(Chrysanthem alpinum) : キク科キク属

和名:アルプス・マーガレット 日本でよく見られるマーガレットに似ています。

 

|

« スイス旅行(19):第6日ー3:スイスアルプスの花(2) 青花系・赤花系 | トップページ | スイス旅行(21):第7日ー1:グリンデルワルトの朝 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55386586

この記事へのトラックバック一覧です: スイス旅行(20):第6日ー4:スイスアルプスの花(3) 黄花系・白花系:

« スイス旅行(19):第6日ー3:スイスアルプスの花(2) 青花系・赤花系 | トップページ | スイス旅行(21):第7日ー1:グリンデルワルトの朝 »