« キアゲハの蛹化 | トップページ | 謹んで山本美香さんのご冥福をお祈り申しあげます »

2012/08/20

痛まし:キアゲの幼虫、ハチに捕まり、肉団子にされる!

昨日、蛹化したキアゲハの蛹の状態を観察しようと裏庭に出て、蛹の写真を撮り、イタリアンパセリの繁みに目をやると、一匹のハチが3~4齢くらいに育ったキアゲハの幼虫に襲いかかり、むしゃむしゃと食べているではありませんか。キアゲハの大きくなった幼虫は、野鳥のシジュウカラが見つけて食べているところを目撃したことがあるが、ハチが見つけて食べているところを目撃したのは初めてです。キアゲハも自然界で生きて行くのは大変なのですね。

                   キアゲハの蛹     

Ha0712082009130813kiagehahachisanag
↑ 8月20日 09:13 蛹化完了第1日: 昨日「蛹化」を完了したキアゲハの蛹です。頭部から胸部にかけて薄緑色をしていた体色が消え、灰褐色になりました。夏型のキアゲハは、蛹化完了後、(8日~12日で「羽化」するといわれています。

この蛹を以後、KA0819と呼ぶことにしますします(蛹化した日を名前に採用)。

  裏庭のイタリアンパセリで育っていたキアゲハの幼虫ハチに襲われる

Ha0212082008260802kiagehahachisan_2
↑ セグロアシナガバチ(かと思われる蜂)が3~4齢ほどに育ったキアゲハの幼虫を見つけて襲いかかりました。

Ha0512082008270805kiagehahachisanag
↑ 肉団子にして抱えました。

Ha0612082008280806kiagehahachisanag
↑ 蜂は背中が見られないので断定的なことはいえませんが、胴体からお尻にかけての模様から「セグロアシナガ」としました。

Ha0812082009070808kiagehahachisanag
↑ イタリアンパセリの花柄にひっそり隠れていた幼虫は助かりました。自然界は弱肉強食の世界です。生き抜いて行くのは厳しいのですね。

Ha1112082009110811kiagehahachisanag
↑ 終齢を迎えた幼虫もおります。この子も外敵に襲われないように我が家につれ帰ろうかと思いましたが、そのまま自然界に置いておこうと思い、引きつずき観察することにしました。 

|

« キアゲハの蛹化 | トップページ | 謹んで山本美香さんのご冥福をお祈り申しあげます »

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、蜂が蝶の幼虫を襲うのですね、知りませんでした。自然界の厳しさですね。

投稿: 花の伝道師 | 2012/08/21 11:53

こんにちは
スイス旅行記楽しく拝見いたしました~
膨大な写真を整理され分りやすい解説でした
また繰り返し見せていただくかもしれません。

蝶の幼虫はその様に移動するのですね
我が家にも コクワの木に数匹の緑色の幼虫がいましたが
コクワの葉を全部食べつくしたかな?と思ったら移動し始めました
何処に行ったのだろう?と思ってましたが
ぴょんぴょんさんのブログを見て少し納得しました
しかし 蜂に襲われ可哀相な蛹ですね。自然界は厳しいですね

投稿: secchi | 2012/08/21 14:47

花の伝道師 さん、今晩は!
蝶々の幼虫、野鳥に捕食されるされているのを目撃したの初めてです。目の前で蜂に襲われて肉団子にされているの見るのは痛々しくてつらかったのですがどうしょうもありませんでした。蝶々も自然界で生き抜いていくのは大変なのだということがよく判りました。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/08/22 19:46

secchi さん、今晩は!
御来訪&コメント有難うございます。
どうぞ、御自由に御来訪下さい。
大きくなった幼虫、何時の間にか移動してしまうのですね。多分。安全な場所を探してそこで蛹になるのだろうと思いますが、なかには幼虫の間に、野鳥や鉢などの犠牲になるのも少なからずあるのではないかと推測しています。
本当に自然界は、弱肉強食の世界で厳しいですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/08/22 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55470565

この記事へのトラックバック一覧です: 痛まし:キアゲの幼虫、ハチに捕まり、肉団子にされる!:

« キアゲハの蛹化 | トップページ | 謹んで山本美香さんのご冥福をお祈り申しあげます »