« 菜園の近況(7):カボチャの収穫 | トップページ | ムクゲ(槿、無窮花) »

2012/08/31

サルスベリ(百日紅)

今日で8月は終わり、明日は9月ですが、残暑厳しく毎日炎天の酷暑が続きますね。夏ばてしないようにご自愛ください。

我が家の庭に咲いた花、今年は旅行の記事などが入ったりして掲載が遅れてしまい、せっかく咲いてくれたのに、登場無しではいささか不憫と思いまして、まだ咲いている夏の花、晩夏の花、初秋の花のなど、多少順不同になりますが、紹介させていただきます。

                 サルスベリ     

我が家のサルスベリは、多少のずれはありますが、例年は7月の梅雨が明けの頃に、まず紅花のサルスベリが咲きだし、次いで白花のサルスベリが咲きだします。
 

今年も、我が家のサルスベリは7月の初めに開花しました。しかし今年7月の干天の連続が影響したのが、8月初旬に花が終わってしまいました。これで、花は終わりかなと思ったら、また新たな花蕾が出て、8月の20日頃から再び開花し始めました。こういう年もあるのですね。

Ha0212082807480801shirosarusuberi

↑ サルスベリ: ミソハギ科サルスベリ属 原産地:中国南部(2012/08/28 撮影)。

サルスベリは「百日紅」と書かれるように、紅色の花が本来と思われますが、白花のサルスベリもあります。

Ha0412082807510803shirosarusuberi
↑ 花は紅色(濃~淡あり)、あるいは白色で、円錐花序になり、顎は筒状で6裂、花弁は6枚でちじれている(参考:Wikipedia)。

Ha0612082807520819akasarusuberi
↑ 一つの花の寿命は短いが、花期が長いですね。それゆえに、「百日紅」、中国で名付けられた名前だそうです。この「百日紅」を日本では「サルスベリ」と読(訓)ませています。

                                白花のサルスベリ

紅花のサルスベリにやや遅れて、白花のサルスベリも7月末から咲きだし、まだ咲きつづけています。

Ha0812082807550810shirosarusuberi
↑ 白花のサルスベリ:(2012/08/28 撮影)。

Ha1012082807560812shirosarusuberi

↑ 残暑はまだまだ厳しいが、初秋を感じさせる青空に白いサルスベリの花はよく映えます。

Ha1212082908330813shirosarusuberi
↑ ちじれた6枚の花弁が蕊を撮り巻いている。 英語名は、crape myrtle:「ちりめん(crape)」のようにちじれた花を咲かせる「キンバイカ(myrtle)」に似た花。

|

« 菜園の近況(7):カボチャの収穫 | トップページ | ムクゲ(槿、無窮花) »

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55548624

この記事へのトラックバック一覧です: サルスベリ(百日紅):

« 菜園の近況(7):カボチャの収穫 | トップページ | ムクゲ(槿、無窮花) »