« スイス旅行(23):第7日ー3:ユングフラウ3山 | トップページ | キアゲハの蛹化 »

2012/08/18

スイス旅行(24):第7日最終回:アルメントフーベルの花

スイス旅行も最終日・最終回となりました。アルメントフーベルのテラスで、ユングフラウ3山を展望したあと、フラワートレイルを散策してミューレンに下り、再びラウターブルンネンに戻りました。

ラウターブルンネンからは、専用バスでチューリッヒに向かい、17時10分発のスイス・エーデルワイス航空のLX-8946便で帰国の途につきました。

Ha0212062717350604allmendhubelhana0

↑ アルメントフーベルの山頂の道案内掲示板。

訪れる内外観光客のために、距離、方向が示された道案内の掲示板が立てられていました。

Ha0312062717350605allmendhubelhana0
↑ 花を観察しながらのトレイルも楽しめました。

   Ha1212062717490604allmendhubelvie_4Ha1412062717490605allmendhubelvie_5Ha1612062717490606allmendhubelvie_2

↑ アルメントフーベルの山頂から南斜面を眺める。

アルペンの花があちこちに咲いており、お花畑になっていました。

Ha0412062717470615allmendhubelhana0
↑ トロリウス・エウロパエウス(Trollius europaeus / トゥロリウス・エウロパ ): キンポウゲ科キンパイソウ属 独名:トロール・ブルーメ 英名:バター・カップ 和名:西洋キンパイソウ。

クライネシャイデックでも見かけました。スイスアルプスではポピュラーな花のようですが、このくらいの開花の頃が一番綺麗です。

 Ha0612062717460613allmendhubelhana0 Ha0712062717460614allmendhubelhana0

↑ 左:ビオラ・ビフロラ(Viola biflora):スミレ科スミレ属 和名:ヤバナノコマノツメ  

 右:ゲウム・モンタヌム(Geum montanum) :バラ科ダイコンソウ属 この花もクライネシャイデックで見かけました。6弁花で花弁に僅かな切れ込みが認められる。 英名:alpine avens 和名:イワダイコンソウ

 Ha1012062717480618allmendhubelhana0 Ha1212062717520620allmendhubelhana0

↑ 左:リナントウス・アレクトロロフス(Rhinanthus alectororophus):ゴマノハグサ科オオエゾガラガラ属 和名:オオエゾガラガラと同定しましたが、リナントウス・グラキアリスかも。

 右:ビスクテラ・ラエビガタ(Biscutella laevigata):アブラナ科ビスクテラ属と思われるが、違うかも知れません。

 Ha1412062717440608allmendhubelhana0 Ha1612062717490619allmendhubelhana0

↑ 左:プリムラ(サクラソウ)の仲間かと思われます。 右:こちらはゲラニウム(フウロソウ科)の仲間かと思われます。

 Ha2012062718270621allmendhubelhana0 Ha2012062718320602allmendhubelhana0

↑ これはスイス・アルプスでよく知られている花で、「アルペン・ローゼ」と呼ばれているが、バラ科ではなくツツジ科の花です。学名は、

ロドデンドロン・フェルギネウム(Rhododendron ferrugineum):ツツジ科ツツジ属 スイスアルプス3大名花の一つとして知られている。

Ha1812062717470617allmendhubelhana0
↑ バクキニウム・ミルティリウス/ヴァクキニウム・ミルティリウス/(Vaccinium myrtillus):ツツジ科スノキ属 別名「ハイデル・ベリー」(と思います)。ブルーベリーにちょっと似ている。

 Ha0012062717450609allmendhubelhana0 Ha2212062717420606allmendhubelhana0

↑ 左:クレピス・アウレア(Crepis aurea):キク科フタマタタンポポ属 右:プルサチナ(キンポウゲ科オキナグサ属)の仲間かと思います。

Ha2412062718450622allmendhubelhana0
↑ 白顔で赤白の斑のスイス牛(ジンメンタール種)が、名残惜しげに見送ってくれました。

  これをもちまして、スイス旅行を終わりにいたします。当初の予定より大幅に投稿増になってしまいましたが、長いことお付き合いいただき有難うございました。スイスは2度目の旅行でしたが、今回は、自然の探索のほかに、スイス国民の生活様式や社会組織など、日本の社会でも大変参考になる事柄も見聞でき、感を新たにしました。

たとえば、外国からの観光客誘致のためにエンガディン地方で行われている「ベルグバーネン・インクルーシブ」のような山岳交通無料パスのサービス、都市的地域では、公共有料トイレの領収レシート(1スイスフラン)が賛同した登録店で買い物をすると、領収レシートが金券として利用できるというシステムがあります。これですと有料トイレと言っても結局は無料のトイレと同じことになり、お店は売上高の増強につながり、売上高の増加は消費税の増収となり、その増収分は公共トイレの管理費用に振り分けができるという三方ともに損にはならないという。

また、スイスやオーストリアは、郵便物に加えて乗客も輸送する「ポストバス」と呼ばれるバスが運行していることは有名ですが、日本の山村や漁村などの過疎地域の交通システムについても、ポストバスのような交通システムの導入は大いに研究の余地がある思われます。さらに、最近、日本における道州制の導入についていろいろ議論されていますが、その際、スイスの森林州や都市州についても、都市域と農山村地域の調和的発展を目指すという視点に基づいて、その導入について研究・論議を進めることは大変有意義であると思っています。

|

« スイス旅行(23):第7日ー3:ユングフラウ3山 | トップページ | キアゲハの蛹化 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、スイスの素晴らしい風景を堪能させていただきました。この暑さをひと時忘れる
アルプスの山々の涼しい景色、高山植物の花々と楽しく癒されました。
沢山の写真の整理まとめるの大変だったと思いますが、(いや楽しかったですね)お疲れさまでした。

投稿: 花の伝道師 | 2012/08/18 12:11

花の伝道師 さん、今日は!
久しぶりのヨーロッパ旅行でリフレッシュしてきました。
長年の希望であったアルプスの5大名峰の観賞を2連泊しながら旅をするという企画のツアーに惹かれて参加しました。
添乗員さん同行の旅でしたので、切符や宿の交渉はお任せなので大変楽な旅行でした。また、オプションはとらずに自由時間としましたので、駆け足旅行にはならず、ゆとりのある旅ができたのも良かったです。
へたな写真ですが、写真を6000枚くらい撮ってしまい、帰ってから整理に手間取り、思いのほか多くの時間がかかってしまいました。こんなに沢山撮ったのだから十分かなと思ったのですが、まだ撮り残したり、時期を変えて撮ってみたいところなど、多々あって、また行きたくなりました。
写真の説明は、寸足らずのところもあり、読みずらかったかと思いますが、絵を見て楽しんでいただければ、この上もありません。長いこと、辛抱ずよくお付き合いくださりありがとうございました。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/08/19 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55449856

この記事へのトラックバック一覧です: スイス旅行(24):第7日最終回:アルメントフーベルの花:

« スイス旅行(23):第7日ー3:ユングフラウ3山 | トップページ | キアゲハの蛹化 »