« スイス旅行(15):第5日ー2:ガイアンの岩場/ガイアン湖から眺めたモンブラン | トップページ | スイス旅行(17):第6日ー1:グリンデルワルト »

2012/08/04

スイス旅行(16):第5日ー3:シャモニーからグリンデルワルトへ

シャモニーで願望のモンブランが展望できたので大いに満足して、14時40分、シャモニーを発って次の宿泊地グリンデルワルトに向かいました。

コースは、往時に来た道をマルティニーまで引き返して、そこからモンテーを経てレマン湖畔の古城シヨン城を車窓から眺めてモントルーに出ました。

Ha0212062523080602chamonixgrindelwa
↑ 16:08 レマン湖(Lac Leman)が見えてきました。

レマン湖:水面積582k㎡、最大水深31mの氷河湖。ラムサール条約の指定湖沼の一つ。水面積の3/5がスイス領、2/5がフランス領の国際湖沼でもある。

Ha0612062523090604chamonixgrindelwa
↑ 16:09 前方の湖畔に小さなお城が見えてきました。シヨン城(Chateau de Chillon)です。シヨン城の最古の記録は1160年の昔にさかのぼるが、サヴォア伯が12世紀に領有してから城の拡張が行われ、13~14世紀に最盛期を迎えた(Wikipediaによる)。

Ha0812062523090605chamonixgrindelwa
↑ この城は19世紀の英国の詩人バイロンが、16世紀にこの城に幽閉されたジュネーブの宗教改革者フランソワーズ・ボニヴァルのことをうたった「ションの囚人」「ション城詩」によって広く世界に知られるようになった。

Ha1012062523090606chamonixgrindelwa
↑ 16:09 現在は博物館となっており、場内を見学できますが、ここには寄らずに通り過ぎました。城内の様子は→ こちら  をご参照ください。

Ha1212062523100622chamonixgrindelwa
↑ 16:10 モントルーの街並みが遠望できました。

Ha1412062523250624chamonixgrindelwa
↑ 16:25 グリエール(Gruyere)の酪農地帯に入りました。 でも、お天気がすこし怪しくなってきました。

 Ha1812062523300611chamonixgrindel_2 Ha2012062523300612chamonixgrindelwa

↑ 見事に管理された牧草地が延々と続いていました。

グリエール地方は、スイスの代表的なハードタイプの’グリエールチーズ’の産地として知られています。「グリエールチーズ」はスイス国内では「エメンタールチーズ」ぬ並ぶ生産量を誇っています(2009年生産量グリエール2.7万トン、エメンタール2.4万トン)。スイス料理チーズホンジュやラクレットはこれらの美味しいチーズがふんだんに使われています。

Ha2212062523510614chamonixgrindelwa
↑ 柵に囲まれた草地に10数頭の牛の模型が展示されていました。牛をテーマにした遊園地でしょうか?

Ha2412062523520616chamonixgrindelwa
↑ 16:35 グリエール湖(Lac de la Gruyere)を通過しました。

Ha0012062601050618chamonixgrindelwa
↑ 18:05 ベルンを通過してトゥーン(Thun)に入りました。もうすぐ、インターラーケンです。

写真はトゥーンのレストラン・La Perla。

Ha10012062601420623chamonixgrindelw

↑ 18:42 ついに雨がふりだしました。外の景色は見られなくなったが大雨でなくて幸い。洪水のような大事にならなくて済み、雨の中をグリンデルワルトのホテルに無事着きました。

|

« スイス旅行(15):第5日ー2:ガイアンの岩場/ガイアン湖から眺めたモンブラン | トップページ | スイス旅行(17):第6日ー1:グリンデルワルト »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55349550

この記事へのトラックバック一覧です: スイス旅行(16):第5日ー3:シャモニーからグリンデルワルトへ:

« スイス旅行(15):第5日ー2:ガイアンの岩場/ガイアン湖から眺めたモンブラン | トップページ | スイス旅行(17):第6日ー1:グリンデルワルト »