« ヤマトシジミ、キタテハ | トップページ | アゲハの幼虫 »

2012/09/09

フウロソウ(風露草)

フウロソウ(風露草)は、初夏の頃から咲きだすが、秋風が吹き始める今日この頃の飄々とした姿で咲く花のほうが風情を感じます。

Ha0212082810370809fuhrosou01
↑ フウロソウ:フウロソウ科フウロソウ属 多年生草本植物

Ha0312090812580913fuhrosou02
↑ 花弁は5枚で、花の形は左右対称です。雄蕊10本が花柱を取り囲んでいます。 雌蕊はこの画像では、はっきりしませんが5個あります。

フウロソウと一口に言っても色々な品種があります。しかし、画像の花がどの品種に属するのかは、ブログでいろいろ検索してみましたが分りませんでした。

Ha0412090812590914fuhrosou02
↑ 中央に花柱がありその周囲をオシベが取り巻いており、子房は、顎片、花弁、雄蕊の上にあるので、「子房上位(あるいは上位子房)」です。

Ha0612083008020802fuhrosou01
↑雄蕊が脱落し、小さな徳利状の子房が残りました。子房の上には花柱が雌蕊をつけたまま残っています。

Ha0712090812570912fuhrosou02
↑  子房が成長して伸びてきました。果実は朔果で、完熟すると縦に5裂し、莢を巻きあげるとき、中にあった種子を遠くに跳ねとばします。

|

« ヤマトシジミ、キタテハ | トップページ | アゲハの幼虫 »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55608292

この記事へのトラックバック一覧です: フウロソウ(風露草):

« ヤマトシジミ、キタテハ | トップページ | アゲハの幼虫 »