« ルリタテハの蛹化 | トップページ | アゲハ(ナミアゲハ)の幼虫が蛹になりました »

2012/09/19

9月の庭の虫たち(1)

今日は「彼岸の入り」です。「暑さ寒さも彼岸まで」と古くから言われていますが、そのとうり、台風16号が北の方に去って風向きが変わり、今までの暑さが和らいで、急に涼しくなってきました。

Ha1012091411110949niwanomushi01
↑ 裏の梅の木で、あんなに五月蠅く鳴いていたアブラゼミはとっくに姿を消してしまったが、その抜け殻は名残を惜しむかのように、まだ残っています。

Ha1212083110320802niwanomushi02
↑代わって、これまた、やかましいほど鳴り響いていた、アオマツムシの合唱も、いつの間にか静かになってしまったが、メスのアオマツムシがアオジソの葉蔭で健在でした。

Ha1812090707270907niwanomushi02

↑ グラジオラスの葉蔭には、イトトンボが音もなくすいすいと。

Ha2012091017520932syakutorimushi02
↑ そして、ホトトギスの葉には、シャクトリムシが、この格好で長い間、ピンと踏ん張っていました。つかれないのでしょうかね~

Ha10012090307480920niwanomushi01
↑ そしてコムラサキの木陰には猛きハンターオオカマキリが獲物を狙って潜んでいました。

 

 

|

« ルリタテハの蛹化 | トップページ | アゲハ(ナミアゲハ)の幼虫が蛹になりました »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55698138

この記事へのトラックバック一覧です: 9月の庭の虫たち(1):

« ルリタテハの蛹化 | トップページ | アゲハ(ナミアゲハ)の幼虫が蛹になりました »