« 冬野菜の植え付け(2):ハクサイ、カリフラワー | トップページ | 生姜(第1陣)を収穫しました »

2012/09/23

9月のおじゃま虫(1)::イモムシ・セスジスズメガ、ホソオビアシブトクチバ、ヨトウ

「イモムシ」は漢字で書くと「芋虫」となり、「元来は、サトイモの葉につくセスジスズメやキイロスズメ、あるいはサツマイモの葉につくエビガラスズメなどの芋類の葉を食べるスズメガ科の幼虫を指して呼んだ言葉(wikipediaによる)」である。

でも、現在では「毛虫」に対する言葉として、毛の無い「鱗翅目昆虫の幼虫」の総称として用いられていることが多い。

今年も、サトイモ畑で何頭かのイモムシセスジスズメガ)を見つけました。

Ha0212090613120903sesujisuzumega01
↑ セスジスズメガの幼虫が今年もサトイモの葉につきました(2012/09/06撮影)。

今年の夏は干天続きで、サトイモの葉が枯れ込んでしまいましたが、何時の間にか、セスジスズメガ の幼虫が現れてせっせとサトイモの葉を食べていました。

Ha0412090613120906sesujisuzumega01
↑ そっと手でつまんで地面に下ろすと、大きな糞を一個ポロリと落としました。

Ha0212091816540904hosoobiashibutoku
↑ 庭のバラにも見慣れない「イモムシ」がつきました。ブログで検索して調べたら「ホソオビアシブトクチバ」らしいことが判りました。

これが、春の花の咲く前でしたら、カッカとしますが、花も終り、もう冬籠りの時期なので、やはり手でつまんで地面に下ろし、天国にお見送りしました。

Ha0212091311200902yotouokura01
↑ このイモムシは、オクラの花の蕾の穴をあけて齧っていました。ヨトウムシの仲間かと思います(2012/09/13撮影)。

Ha0612091311210904yotouokura01
↑ 以前は、見つけ次第、即、処刑でしたが、オクラはもう大分収穫したので、鷹揚な気分でこのイモムシも手でつまみ、少し観察して見ました。

Ha0412091311210903yotouokura01
↑ 葉の上に乗せると、丸まって動きません。死んだふりをしているのでしょうか?そして、しばらくすると動き出します。

Ha0812091311210905yotouokura01
↑ 花も穴だらけです。やはり、天国行きです。しかし、これらの「イモムシ」は、「お邪魔虫」ではあるが、薬を使った絶滅作戦はとらないので絶滅することは無く、いくらかは生き残り、来年もまた会うことでしょう。

|

« 冬野菜の植え付け(2):ハクサイ、カリフラワー | トップページ | 生姜(第1陣)を収穫しました »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

セスジスズメの幼虫、きれいですね~ 模様が面白い!
成虫は、かつて、我が家にも飛んできました。ほかにも
スズメガが庭にいました。
http://shirakobato.air-nifty.com/weblog/2012/06/post-4dfc.html
ご存知かもしれませんが、蛾の一番詳しいページです。
http://www.jpmoth.org/
そろそろ、アゲハが羽化しますね。

投稿: しらこばと | 2012/09/25 12:50

しらこばと さん、今日は!
コメント、気がつきませんで、御返事遅れて失礼しましたm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
スズメガ、夜中に飛びまわっているようで、卵を生みつけられたのには気がつきませんでした。
色鮮やかで綺麗なイモムシですが、お邪魔虫です。可哀そうですが、手でつまんで、足でふんずけておひきとり願いました。
アゲハは羽化の予定日を過ぎても、動きが無く、どうやら羽化は来年の春と決めたようです。外気が急に冷え込んできたので、いま羽化しても’やばい’と思ったのでしょうか。アゲハさん、賢い選択かなと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/09/28 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55728870

この記事へのトラックバック一覧です: 9月のおじゃま虫(1)::イモムシ・セスジスズメガ、ホソオビアシブトクチバ、ヨトウ:

« 冬野菜の植え付け(2):ハクサイ、カリフラワー | トップページ | 生姜(第1陣)を収穫しました »