« 秋の草花:ミセバヤ、ヤブラン | トップページ | ハボタン夏越しは成功したが:「踊り葉牡丹」ができるかな? »

2012/09/26

ルリタテハが羽化しました。

9月18日に蛹化したルリタテハ が今朝(9月26日)羽化しました。蛹化完了後8日目で成虫になりました。今日一日は、我が家でゆっくり休んでもらい、明日の朝、お別れしたいと思っています。

Ha0212092611580909ruribitakiuka01
↑ ルリタテハが羽化しました(2012/09/26 11:58 撮影)。

Ha0312092611570908ruribitakiuka01

↑ 翅を立てたままで、じっと抜け殻に止まっていました。

Ha0412092617210913ruribitakiuka01
↑ 人の気配に気がつき、ようやく動き出しました(2012/09/26 17:21 撮影)。

Ha0512092616210911ruribitakiuka02
↑ このポーズは飛び立とうとして身構えているときの姿でしょうか、羽化した直後の静止していた時のポーズ(1枚目)と違います。

Ha0812092617320917ruribitakiuka01
↑ ぬけがら。今まで草木や地面を這いまわることしかできなかった毛虫が、蛹となり、わずか8日間の眠りから覚めると、羽化という魔法のような変身を遂げ、大空を自由に飛び廻ることのできる蝶々になったのです。ぬけがらは何も語ってくれませんが、この殻の中で、この神秘的な変身の準備がなされたのです。なぜ、飛ぼうとしたのか、どうして飛べるようになったのか?謎です。

 

|

« 秋の草花:ミセバヤ、ヤブラン | トップページ | ハボタン夏越しは成功したが:「踊り葉牡丹」ができるかな? »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

soccerこうして改めて拝見しても、やはりイモムシから蝶への変身は「自然の驚異」としか言いようがありませんね~。こうして自然界にデビューする前に食べられてしまう個体も多いのでしょうね。

いやー、楽しませていただきました。

投稿: takacci | 2012/09/27 08:45

23日のコメントに、そろそろ、アゲハが・・・
と記しましたが、ルリタテハが先でしたね。
きれいな、みごとなルリタテハが羽化しましたね。
おめでとうございます。

羽化した後、翅が下に垂れて、次第に、体液が
翅に送り込まれて、広く長くなって行きますから、
翅の縁の形(切れ込み)が、変化して行きますが、
写真を比べて見ると、たしかに、縁の波の形が
違っていますね~ それにしても、表と裏翅が
別の蝶みたいに、違いますね~(笑)


投稿: しらこばと | 2012/09/27 14:02

takacci さん、今日は!
コメント、有難うございます。
この、ルリタテハに限らないのですが、地面を這いつくばっていた芋虫とか毛虫と呼ばれる昆虫が、大空を飛びまわろうと発想したことに先ず驚きを感じます。
そして、蛹化、羽化というような過程を経て(完全、不完全の違いはありますが)、大気を自由に飛びまわれる姿を完成させたその努力に感嘆させられました。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/09/28 14:08

しらこばと さん、今日は!
コメント有難うございました。
アゲハ、キアゲハの羽化の方が先かなと思ったのですが、ルリタテハの羽化の方が先になりました。
通常は、ルリタテハは成虫で越冬するそうですね。こちらの冬は雪はそれほど降らないので、天敵に襲われさえしなければ、どこかで無事越冬できるかなと思っています。
キアゲハ2頭、アゲハ1頭が蛹化しましたが、いずれも羽化の予定日を過ぎても動きだしませんでした。どうやらこのまま越冬し、来春に羽化しそうな気配が濃厚です。今羽化しても冬の寒さで凍え死んでしまいそうなので、その方が賢明かと思っています。来年の春まで羽化はお預けのようで、来春が楽しみになりました。
23日のコメント、気がつきませんでした。
有難うございます。そのような訳で、アゲハ、キアゲハの羽化は来春になりそうです。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/09/28 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55751686

この記事へのトラックバック一覧です: ルリタテハが羽化しました。:

« 秋の草花:ミセバヤ、ヤブラン | トップページ | ハボタン夏越しは成功したが:「踊り葉牡丹」ができるかな? »