« 菜園の夏野菜の近況:キュウリ、ナス、トマト、パプリカ、ピーマン、シシトウ | トップページ | ルリタテハの幼虫 »

2012/09/13

パッションフルーツ(果物時計草)の花が咲きだしました。

パッションフルーツ果物時計草)の花が咲きだしました。パッションフルーツは和名で「果物時計草」と呼ばれているように、その果実は食べられるので、「果物」として大々的に栽培されているところもあるようです。

でも、我が家では、「果物」を採るという目的よりは、もっぱら「花」を観賞するために育てており、果物は「おまけ」で採れればいいなと思っています。

Ha0012091308250902kudamonotokeisou0

↑ クダモノトケイソウ(果物時計草)が咲きだしました(2012/09/13 撮影)。

クダモノトケイソウ:トケイソウ科トケイソウ属 常緑つる性多年草 原産地:ブラジル南部、パラグアイ 英名:パッション・フルーツ(Passion fruit )

Ha0012091308250903kudamonotokeisou0
↑ パッシヨン・フルーツは、年2回(6月と9月)開花します。

Ha0012091310220910kudamonotokeisou0
↑ 我が家では6月開花の花は見過ごすことが多いが、9月は庭に咲く花がまだ少ないためであろうか、開花を見過ごすことは無い。蕾も沢山あるので当分は、花見と、あわよくば「果実」の収穫の期待が楽しめます。

|

« 菜園の夏野菜の近況:キュウリ、ナス、トマト、パプリカ、ピーマン、シシトウ | トップページ | ルリタテハの幼虫 »

ガーデニング」カテゴリの記事

果実」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

soccerおはようございます。
果物時計草という種類があるんですね。
時計草にいろいろ種類があるとは知りませんでした。
Wikipediaを見ていたら「パッション」も情熱ではなくキリストの受難のことだと知りました。自分の見聞を広めることができたので嬉しかったです。ありがとうございました。

投稿: takacci | 2012/09/14 08:46

takacci さん、今日は!
コメント有難うございました。
「パッション」そうです、私も最初は、すぐに’情熱’という言葉が頭に浮かんできて”情熱の花”かなんて想像してしまいました。
でも、「キリストの受難」という意味の花なんですね。なるほど、「時計の文字盤」に見える’シベ’が、キリスト教の人達には’十字架’に見えるのですね。
今年の「果物時計草」、まだお天気は続きそうなので、果実が採れればいいなと願っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/09/15 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55650687

この記事へのトラックバック一覧です: パッションフルーツ(果物時計草)の花が咲きだしました。:

« 菜園の夏野菜の近況:キュウリ、ナス、トマト、パプリカ、ピーマン、シシトウ | トップページ | ルリタテハの幼虫 »