« ムクゲ(槿、無窮花) | トップページ | チェリーセージ 、メドウセージ »

2012/09/03

シコンノボタン(紫紺野牡丹)、コムラサキシキブ(小紫式部)

今年も、秋の訪れとともに、シコンノボタン(紫紺野牡丹)が鮮やかな濃紫紺色の花を咲かせてくれました。

Ha0212082308220806shikonnobotan01

↑   シコンノボタンの蕾(2012/08/23 撮影)。

シコンノボタン:フトモモ目ノボタン科シコンノボタン属 常緑低木 原産地:中南米

Ha0412090307440916shikonnobotan01
↑ 開花間近のシコンノボタン。

Ha0012082308210805shikonnobotan01

↑ 花はデリケートで、風に吹かれて花弁が擦れたりするとすぐ傷んでしまいます(2012/08/23 撮影)。

折れ曲がった長短のシベが、昆虫の蜘蛛の脚のように見えることから、英語名で「スパイダーフラワー」とも呼ばれている。

Ha0612083008000811shikonnobotan01
↑ 花の寿命は短く、1日~2日くらいで散ってしまいます。28日に咲いていた花は既に散ってしまい、この花はその次(30日朝)に咲いた花です(2012/08/30 08:00 撮影)。

Ha1012082308220807shikonnobotan01
↑ 花びらはすぐ落ちてしまいます。このため、生花には向かず、庭で眺めるのが一番です。

             コムラサキシキブ(コムラサキ)

Ha0212082308390809komurasaki01
↑ コムラサキシキブの花と蕾:花は枝の基部(右)から枝先(左)へと順次咲いて行きます。

上↑の写真では、右(花が咲き終わり、花弁が落ちて子房が大きくなり始める)、中央(開花中)、左(開花を待つ蕾)。

コムラサキシキブ:シソ科(クマツヅラ科)ムラサキシキブ属 落葉低木 原産地:日本~中国 和名:小紫式部、たんに小紫(コムラサキ)と呼ぶこともある(2012/08/23 撮影)。

Ha0412082308380806komurasaki01
↑ コムラサキも花を咲かせ、次々と実を結んでいます(2012/08/23 撮影)。

Ha0612082308360804komurasaki01
↑ 今は果実が緑色ですが、やがて紫色になります。

Ha0812090307520913komurasaki01
↑ 今日、よく見たら、カマキリが潜んでいました(2012/03/03 撮影)。

|

« ムクゲ(槿、無窮花) | トップページ | チェリーセージ 、メドウセージ »

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

soccerノボタンの花はよく見かけますが、咲く前の蕾がどうなっているのかはここで初めて知りました。ありがとうございました。

投稿: takacci | 2012/09/03 20:52

こんばんは、
シコンノボタン綺麗ですね。
小紫式部は初めて見ましたが、上品な色ですね。

投稿: 花の伝道師 | 2012/09/03 21:46

takacci さん、今晩は!
ちょっぴり秋らしさを感じますが、まだ昼間は暑いですね。
シコンノボタンが綺麗な色合いで咲きだしました。
蕾が膨らみはじめると、急にお世話も丁寧になります( ^ω^ )。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/09/04 19:02

花の伝道師 さん、今晩は!
コメント有難うございます。
小紫式部、花は桜色で、上品な色合いですね。
でも、サクラのように一斉に咲かないので、あまり目立ちません。それが、また良いのかも知れません。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/09/04 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55570500

この記事へのトラックバック一覧です: シコンノボタン(紫紺野牡丹)、コムラサキシキブ(小紫式部):

« ムクゲ(槿、無窮花) | トップページ | チェリーセージ 、メドウセージ »