« シコンノボタン(紫紺野牡丹)、コムラサキシキブ(小紫式部) | トップページ | タカサゴユリ、トケイソウ »

2012/09/04

チェリーセージ 、メドウセージ

チェリー・セージメドウ・セージは花期が長い。我が家の庭に植えつけたチェリー・セージとメドウ・セージは初夏に咲きだし、花後しばらくの間、中休みをしましたが、猛暑が過ぎ、少し暑さが和らいだかなと思ったら、また花を咲かせ始めました。

特にメドウ・セージは元氣旺盛で梅雨明け後、一度、切り戻しをしたのですが、また新芽を伸ばし、花を咲かせ始めました。

Ha0212082810070805cherrysage01
↑ チェリー・セージ:シソ科サルビア属 半耐寒性常緑小低木 ( 2012/08/28 撮影)。

 原産地:メキシコ 学名:Salvia microphylla (サルビア・ミクロフィラ)

Ha0412082810060803cherrysage01
↑ 同一の株に、白花と赤花が咲いています( 2012/08/28 撮影)。

昨年6月は同じ株で赤白2色のツートン・カラーの花 が咲きました。

Ha0612090415040915cherrysage01
↑ 花の色は、温度に依存して変化をすると言われています( 2012/09/04 撮影)。

                 メドウ・セージ

Ha0212090308080907meadowsage01

↑ メドウセージ:シソ科サルビア属 半耐寒性常緑小低木( 2012/09/03 撮影) 

原産地:南アメリカ 学名:Salvia guranitica(サルビア・グラニチカ)

Ha0412090308110911meadowsage01
↑ トラマルハナバチをはじめ、色々な昆虫が蜜を吸いに集まってきます( 2012/09/03 撮影)。

Ha0612090308110912meadowsage01
↑ 刺されると痛そうでビビりますが、トラマルハナバチは刺さないそうです( 2012/09/03 撮影)。

それでも、あわてて手で払い除けたりして、蜂を怒らせたりしないようにして立ち去るのを静かに待った方が良いとのことです。

Ha0812082309080803meadowsage01
↑ 7月末、半分くらいに切り戻したのですが、また花が咲きだしました( 2012/08/23 撮影)。

|

« シコンノボタン(紫紺野牡丹)、コムラサキシキブ(小紫式部) | トップページ | タカサゴユリ、トケイソウ »

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

メドウセージは鮮やかなブルーですね。 茎が少し暗い色をしていますか。 株立ちになっていい感じです。

投稿: たかchan | 2012/09/04 20:40

たかchan さん、お早うございます。
メドウセージ、勢いが良すぎて、あまり上品な姿ではないのですが、毎年、花を咲かせて庭を飾ってくれます。
蜜蜂、蝶々、花蜂など昆虫にも人気があるようで引っ切り無しに訪れてきます。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/09/05 07:42

こんばんは、チェリーセージは同じ株で紅と白一緒に咲くのですね、自分は紅白のツートンカラーが好きです。近所のテニスコートの金網沿いに植えてあり気に入って写真を撮りましたが、翌年に見たらツートンが少なく、紅が多く、白が少しとなっていてがっかりしましたが毎年変わるのですね。

投稿: 花の伝道師 | 2012/09/05 21:41

花の伝道師 さん、今日は!
同じ株で、源平咲きのように赤白の花が咲きます。
年によって赤白の割合が変化するようで、面白いですね。今年は赤の花の割合が多く、気温の高い年は赤の割合が多いようです。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/09/06 14:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/55580567

この記事へのトラックバック一覧です: チェリーセージ 、メドウセージ:

« シコンノボタン(紫紺野牡丹)、コムラサキシキブ(小紫式部) | トップページ | タカサゴユリ、トケイソウ »