« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

2012/10/31

突然のパソコンの故障、そして回復しました。

突然のパソコンの故障で、皆様にブログのお休みのお知らせもなく、ブロクを中断し、御心配をおかけしたかと思いますが、無事回復しましたので、また再開いたします。以下は、その中断顛末記です。

26日朝、パソコンを入れたら、著名メーカーからのソフトのバージョンアップの通知があったので、よく考えもせずにロードしたのがいけなかったのでしょうか、26日のブログ「ゴボウ掘り」の投稿で、文章を入力したあと、画像を何度入力してもUPできません。そこで、画像入力を諦めて、一旦中断した後、再び起動したら、いけません、インターネットが接続出来なくなりました。

ネットが接続出来ないので、モデムの電源を一旦切り、再び電源を入力して様子を見るとPPP,V0IPランプは点灯し、外部からの入力は正常のように見えました。ではパソコン側の故障かと思って、バージョンアップ前の時点までシステムを戻したがそれでも、IEに接続できないとのメーッセージが出て、ついにGIVE UP。

パソコンが、最悪の場合にはウイルスに感染したかも知れないと考えられたので、PC設定時にお世話になったパソコンサービスステーションに連絡を取り、トラブルの出張診断を依頼しました。が、土、日はお休み、月曜日に診断に来てくれるとのこと。でも、仕方がありませんね~

診断の結果はモデム→ハブ(E)→有線→パソコンの構成で、ハブ(E)が、おそらく劣化(重ねて置いたので熱的影響を受けた?)のためでしょうか、信号が送れなくなっていることが判りました。

ハブ(E)は1階に設置したメインのパソコンから、2階の複数の部屋に有線で信号を送るためのもので、これが駄目になると2階に置いたノートパソコンなどが使用できなくなるので、新しくハブを買いかえる必要があります。

が、幸いにして、我が家のパソコンは、エレキに強い娘婿のごんちゃんが我が家に来たとき、自分用のノートパソコンにIEを接続するために付けておいてくれた無線ルーターがあったので、それをハブとして接続するとパソコンが正常にインターネットにつながるようになりました。やれやれ、ほっと一息です。新しい接続は、

モデム→無線ルーター兼ハブ→有線→パソコン

ごんちゃんには、無線ルーター使用の事後承諾をとって、新規ハブの購入はしなくて済みます。これで従来どうり、有線と無線いずれでも第2のパソコンが接続できるようになりました。めでたし、めでたしです(◎´∀`)、。

因みに「基本出張料金+トラブル診断」料金は7500円でした。

                         クルクマ・パルビフローラ

 

続きを読む "突然のパソコンの故障、そして回復しました。"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/10/26

第2回目ゴボウ掘り

今日も良いお天気。でも、気温はぐっと冷え込み、北のお山には初雪が降ったとか。畑も、霜が降りる前に秋野菜の収穫を急がないといけません。

午前中は所要があり、畑にはゆけなかったが、午後は先日とり残したゴボウを掘ることにしました。大した本数で無いのですが、綺麗に掘るのが大変なんですね。前回は、無理して引き抜いたため、途中で切れたりして、まともに掘れなかったので、今回は、あせらず、気長に時間をかけて丁寧に掘りました。

Ha0412102516001003gobou201

Ha1012102516281011gobou201
↑ 専業農家の方がつくられるような立派なゴボウは出来ませんでしたが、自分の家で消費するのでしたら、姿はともかく味には問題はありません。美味しくいただくました。

お詫び:このブログを投稿途中でパソコンが故障し、画像が入れられなくなり。本日(10月31日)追加で掲載することができました。突然の中断お詫びいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/24

ショウガの収穫完了;まだ頑張っている秋野菜パプリカ、ピーマン、ナス

菜園のショウガ(大身生姜)を収穫しました。これで今年の生姜の収穫は完了しました。

昨日の雨が止んで、今日は良いお天気となったが、風は北風で、畑に居ると肌寒く感じました。長らくお世話になった夏・秋野菜のパプリカピーマンナスは、まだ元気で頑張っていますが、そろそろ収穫終了の時期となりました。

Ha0212101411321004ohmisouga01

↑ 本年最後の生姜:「大身生姜」(2012/10/14 撮影)。

Ha0412102415151005ohmisouga01
↑ 今年の夏羽は日照り続きで、生姜の収量はあまりよくありません。これで2.5kgの収穫です(2012/10/24 撮影)。

この生姜を使って「甘酢漬け」、「生姜糖」をつくろうと思っています。

Ha0612102419221013akiyasahinei01
↑ 古根生姜(ひね生姜):種生姜として植え付けた根塊の部分。

捨てずに、細かく刻んで’薬味’として使ったりしますが。細切りにして佃煮をつくろうと思っています。

             まだ頑張っている夏・秋野菜

続きを読む "ショウガの収穫完了;まだ頑張っている秋野菜パプリカ、ピーマン、ナス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/23

深まりゆく秋:柿と里芋

一雨ごとに秋が深まって行きます。実りの秋がやって来ました。裏の柿畑の柿も次第に赤く色づいてきました。菜園の里芋も、一部は下葉が枯込み、収穫できるようになりました。

今年は柿の当たり年で、たくさん実をつけましたが、待ちかねたようにムクドリやヒヨドリがこの色づいた柿を狙って通って来るようになりました。

Ha0112102113191004kakiuraniwa01
↑ 今年は柿の当たり年で沢山実がつきました(2012/10/10 撮影)

Ha0212102215551008kakiuraniwa01
↑ 次郎柿の表面に白い粉(果粉)がつきました。そろそろ、収穫の時期ですが、熟した柿はムクドリやヒヨドリに狙われています。

甘柿の「早生富有柿」は、もう収穫できます。鳥たちに食べられないうちにということで、地主さんが収穫にきました。

Ha0412102113181002kakiuraniwa01

↑ 地主さんに頂いた「早生富有柿」。丁度よい熟度で甘味があり美味しくいただきました。

続きを読む "深まりゆく秋:柿と里芋"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/22

シジュウカラが裏庭にやって来ました

10月7日にシジュウカラが裏庭に姿を見せたので、落花生のリースをつくって庭に吊るしました。落花生は昨年、菜園で栽培して収穫したもので、冬鳥さん達の餌用にと思って保存しておいたものです。

早速、この落花生のリースを見つけてスズメさんとシジュウカラさんがやって来ました。

Ha0212102010081003shijyuhkara102001

10月7日に裏庭に来たシジュウカラでしょうか、庭に吊るした落花生のリースに気がつきました。

Ha0412102014261007shijyuhkara102001
↑ 落花生のリースを見つけても、すぐには飛び付きません。しばらくは、頭を振り、首をかしげたりして注意深く観察してからリースに飛び移りました。

Ha0612102014271013shijyuhkara102001
↑ 「大好物の落花生だ! ご馳走になろう~と」

Ha0812102014271014shijyuhkara102001
↑ 「邪魔者が来ないうちに大急ぎでたべよう~と」

Ha1012102014271012shijyuhkara102001
↑ 「あ~美味しかった!! さよ~なら~ 」

どうやら、お友達になれたようです。この冬のシーズンに、ちょくちょく訪れてきてくれそうです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/21

冬野菜の防虫ネットを外し、第2回追肥と土寄せをしました。

9月16日に植え付けたキャベツブロッコリーと9月20日に植え付けたカリフラワーハクサイが、それぞれ大きくなり、キャベツ、ハクサイは結球し始めたので、防虫ネット(寒冷紗トンネル)を外し、2回目の追肥土寄せをしました。

Ha012092215250933fuyuyasai092101
↑  植え付け直後の菜園の冬野菜(2012/09/22 撮影)。

左の畝から:防虫ネット(寒冷紗トンネル)をかけた①キャベツ(18株)②ブロッコリー(9株)・カリフラワー(9株)、③露地植えしたハクサイ(18株)④防虫ネットをかけたハクサイ(18株)

Ha0212102115361029fuyuyasaitsuchiyo
↑ ネットを外し,、追肥、土寄せを完了した冬野菜( 2012/10/21 撮影)。

左の畝から右へ:ネギ、①キャベツ、②ブロッコリー(手前半分)・カリフラワー(後方半分)、③露地植えハクサイ、④ハクサイ、ヤマトイモ。

Ha0812102016551009fuyuyasaitsuihi20
↑ キャベツ(陵山2号):虫害を殆ど受けず、防虫の効果があったと認められました。植え付け後34日目で、ようやく結球し始めました(2012/10/20 撮影)。

Ha1012102016551010fuyuyasaitsuihi20
↑ ブロッコリー(ハイツ)もネットのお陰で殆ど虫害を受けていません (2012/10/20 撮影)。

花蕾がちょこっと見えてきました。

Ha1212102016561011fuyuyasaitsuihi20
↑ カリフラワー(スノークラウン):ブロッコリー4と同じトンネルに植えつけました。 カリフラワーも殆ど虫害無しです(2012/10/20 撮影)。

Ha0612102111341019fuyuyasaitsuchiyo
↑ この畝は防虫ネットをかけないハクサイ(新理想)です(2012/10/21 撮影)。 2株がヨトウの被害を受け、葉がアオムシ(モンシロチョウの幼虫)で穴をあけられました。

Ha1412102016531008fuyuyasaitsuihi20
↑ 防虫ネットを張ったハクサイ(新理想)は殆ど虫害を受けませんでした。ハクサイも、結実し始めました(2012/10/20 撮影)。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/10/20

エナガ、ヤマガラ、オナガさん

気付かわれた台風21号は、大した被害もなく19日の夜半に熱帯低気圧となって本州東方を通過しました。菜園の作業に少しゆとりができたので、昨日少し遠い公園に鳥見に行きました。

公園では、お目当ての野鳥には会えなかったのですが、何時見ても可愛らしい姿のエナガちゃん、ひょうきん顔のヤマガラさん、そして何時もにぎやかなオナガさんに会うことができました。

Ha0012101913231004enaga01
↑ エナガちゃんが挨拶してくれました( 2012/10/19 撮影)。

Ha0012101913231005enaga01
↑ お腹がぷっくり、顔がユニークですね。

Ha0012101913591002yamagara011
↑ ヤマガラが地上に降り立って、何かを見つけました(2012/10/19 撮影)。

Ha0012101914001003yamagara011
↑ ドングリの実でした。

Ha0212101909011002onaga01
↑ 賑やかなオナガの群に会いました(2012/10/19 撮影)。

  「いいもの見~つけた~」

Ha0412101909011004onaga01
↑ 「サクランボ見つけたの? 私にもちょうだい!!」

Ha0812101909011008onaga01
↑ 「あげないよ~」   「じゃ~ 私帰る~(ノ_-。)」

Ha1112101909011011onaga01
↑「今度見つけたらあげるよ~ だから待って~ 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/18

菜園の冬野菜(2):ホウレンソウ、ミズナ、シュンギク

Ha0212101509261002yasaiokanobatake0
↑ 菜園を約1mX4mの畝に小分割して、冬野菜の種を播きました。

手前から①ホウレンソウ(日本ほうれん草)②ホウレンソウ(日本ほうれん草)③シュンギク(春菊)④ミズナ(サラダ水菜)です。

Ha0012101513201014yasailabel01
↑ 種は地元のJAで購入しました。 

ミズナは色々な品種がありますが、サラダとして美味しく食べられる「サラダ水菜」を選びました。ホウレンソウは「日本ほうれん草」で品種は「やまと」です。

Ha0312101509311014yasaiokanobatake0

↑    ①ホウレンソウ(やまと) 10月 4日播種(2012/10/17撮影)

西洋ホウレンソウの葉にはギザギザ(鋸歯)があるが、日本ほうれん草は葉が丸い(鋸歯がない)。

Ha0812101509291011yasaiokanobatake0
↑ ②ホウレンソウ(やまと) 10月10日播種(2012/10/17撮影)

  ホウレンソウは、時期をずらして種を撒きました。

Ha0612101509281009yasaiokanobatake0
↑ ③シュンギク(春菊)   9月29日播種(2012/10/17撮影)

ミズナと同じ日に播種したのですが、シュンギク(春菊)の発芽はミズナより遅く1週間くらいかかった。そして、発芽率も良くない(平均50%くらいと言われています)。成長もゆっくりで、ようやくいま本葉が出たところです。

Ha0412101509281024yasaiokanobatake0
↑ ④ミズナ(サラダ水菜)     9月29日播種(2012/10/17撮影)

サラダ水菜はホウレンソウと同じように成長が早い。

  
       
       

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/17

菜園の冬野菜(1)

夏・秋野菜の収穫が着々と進み、冬野菜への移行が進んでいます。サツマイモの収穫が済んで一息、あとの主な夏・秋野菜の収穫は、生姜、里芋、落花生、長ネギ、ヤマトイモを残すのみとなりました。

Ha0212101509331017yasaiokanobatake0

9月16日に植え付けたキャベツ、ブロッコリー、同じく9月20日に植え付けたハクサイ、カリフラーワーが活着して大きくなりました。

Ha0412101509331023yasaiokanobatak_2

↑ ハクサイ(新理想)が結球し始めました( 2012/10/15 撮影)。

気象庁発表の気象情報によると、台風21号は本日17日18時現在、南大東島の西南約260kmの地点におり、北進して本州に向かってきているという。台風21号は中心付近の最大風速は30m/sの大型台風なので、今後の動向が注目されます。キャベツや白菜は結球し始めたので、台風が去り、強風や豪雨の心配が無くなったら防虫ネット(寒冷紗トンネル)を外そうと思っています。

続きを読む "菜園の冬野菜(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/16

サツマイモの収穫、完了です

5月13日に、菜園の「丘の畑」に植え付けたサツマイモ5品種すべての収穫を終えました。今年は8月に入って干天が続き、葉の色が少し黄色くなり、どうなるかと思っていたのですが、9月に入ってかなりの降雨に恵まれ、遅れた成長を挽回しました。収穫量はやはり、例年より少なくなりましたが、甘味はかえって増したようで、総合的に見て今年のイモ作りは合格点に達してのではないかと自己満足しています。

Ha0112060311210624satsumaimookanoha
↑ 5月13日に植え付けた「丘の畑」のサツマイモがが、5カ月の風雨を凌いで収穫にこぎつけました。写真は、ようやく活着した頃のサツマイモ( 2012/06/03  撮影)

Ha0212081910110825satsumaimookanoha
↑ 干天が続き、葉が少し萎れかけてきた頃のサツマイモ( 2012/08/19 撮影)。

Ha0012092516080926satsumaimookanoha
↑ 9月に入り、適度の雨の恵みを受けて、成長が挽回しました( 2012/09/25 撮影)。

 Ha0412101013461030satsumaimookanoha Ha0612101013421029satsumaimookanoha

↑ ベニアズマ(紅東):サツマイモの収穫1番手です。10月10日に収獲(2012/10/10 撮影)。40株で24.0kgの収穫がありました。

1株当たり600gの収量で、まあまあの成績かと思います。

 Ha0812101515061004satsumaimookanoha Ha1012101515071005satsumaimookanoha

↑ ムラサキイモ(紫芋)です。10月15日に収穫( 2012/10/15 撮影)。

10株植えて5.4kgの収穫で、1株当たり540gの収量となります。中身が紫色で、’お菓子ぽく’って、なんとなく楽しいですね。

 Ha1212101515081006satsumaimookanoha Ha1412101515081007satsumaimookanoha

↑ コトブキ(寿)。 今年初めて栽培しました。10月15日に収穫(2012/10/15 撮影)。

6株で2.4kgの収穫がありました。早生品種ですが、収量はあまりよくありません。しかし、「蒸かし芋」の甘味は、我が家で栽培した品種の中では一番良かったです。

 Ha1612101516201011satsumaimookanoha Ha1812101516211012satsumaimookanoha

↑ タマユタカ(玉豊): 干し芋用の品種です。10月15日に収穫(2012/10/15 撮影)。

20株で29.0kgの収穫がありました。1株当たり1450gの収穫量で、収量は抜群です。 今年も、このタマユタカで干し芋をつくる予定です。

 Ha2012101516471015satsumaimookanoha Ha2212101516481017satsumaimookanoha

↑ イズミ(泉): この品種も干し芋用です(2012/10/15 撮影)。

イズミも初めての栽培です。10株で13.2kgの収穫がありました。

どのような干し芋ができるか楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/10/15

ナガコガネグモとヨトウガ(?)

ナガコガネグモが菜園の落花生の畝に巣を張りました。結実した落花生を狙って野鼠が襲ってくるのを避けるために、周りを波板でで囲み、それを固定するために支柱を立てたのですが、その支柱を利用してナガコガネグモが網を張ったのです。ナガコガネの狙いは的中したようで、網には獲物がかかっていました。

Ha0212101216181005mushiyasaibatake0
↑ 落花生の畝に網を張ったナガコガネグモ( 2012/10/12 撮影)。

Ha0412101216161003mushiyasaibatake0
↑ 裏から見たら、獲物を捕えていました。かなり大物が捕れたようです。

ナガコガネグモは、日本では「人家周辺から山麓まで生息するが、明るい草原に多く見られ、水田にも頻出する(Wikipedia)」という。農作物を荒らす害虫を捕えてくれる益虫なので、高知県では「稲牛若」と呼んで親しまれているそうです。

                  大根の害虫

続きを読む "ナガコガネグモとヨトウガ(?)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/14

ヨトウムシとナカジロシタバの幼虫・・・サツマイモ畑の置き土産

菜園「丘の畑」に植え付けたサツマイモベニアズマ)を10月10日と14日の2日間かけて収穫しました。今年のベニアズマの収穫量は、苗40本で24kgの収穫です。今年は、夏の干天がたたり、思ったほどには採れなかったが、素人農法で、この程度の収量ならば、まあまあかなと思っています。

その、イモ畑で’おみやげ’を頂戴しました。一つは、大きく丸まると太った「ヨトウ」の幼虫と、もう一つは、白い筋の入った「青い芋虫」です。

Ha0012101012021001yotou101001
↑ ヨトウガの幼虫。サツマイモ畑の土の中に潜っていました。

Ha0012101012051003yotou101001
↑ 捕まえたときは丸くなって動かなかったが、しばらくすると動き出しました。

Ha0012101411081001nakajiroshitaba10
↑ ナカジロシタバの幼虫。やはり、サツマイモ畑の土の中に潜っており、捕まえたときは、丸くなっていました。

Ha0012101411091002nakajiroshitaba10
↑ 色鮮やかで綺麗です。しばらくすると、動き出しました。

Ha0012101411091003nakajiroshitaba10
↑ 動き出すとけっこう逃げ足は早いです。

続きを読む "ヨトウムシとナカジロシタバの幼虫・・・サツマイモ畑の置き土産"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/13

トラマルハナバチの顔

トラマルハナバチ(と思う)は働き者ですね。9月1杯は毎日のようにメドウセージに吸蜜に来ていましたが、タイワンホトトギスが咲きだすとタイワンホトトギスにも吸蜜にやってきました。しかし、相変わらずせわしく飛びまわり、すぐ花の中に顔を突っ込んでしまうので、じっくり顔を見ることができません。

Ha0212101215431011toramaruhanabachi
↑ トラマルハナバチは働きものです。咲いたばかりのタイワンホトトギスに早速、蜜を吸いに訪れてきました( 2012/10/11 撮影)。

Ha0412101113321002toramaruhanabachi
↑ いつもは、花の中に素早く頭を突っ込んでしまうので、なかなか顔を見ることができないでいたのですが、なんとしたことか、昨日、トラ丸ちゃんの1頭が、私の胸に飛び込んできました。

Ha0612101113351005toramaruhanabachi
↑ チクリと刺されて気がついたのですが、痛み止めにオロナインを塗って後はそのままにしましたが、何ともありませんでした。

Ha0812101113381009toramaruhanabachi
↑ そこで、そっと捕まえて、虫籠に入れて撮った画像がこの3枚のトラ丸ちゃんの姿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/12

タイワンホトトギスが開花しました

昨夜来の雨がすっかり止んで、今日は朝から青空が広がる爽やかなお天気となりました。この、秋の雨に誘われて庭のタイワンホトトギスが花を咲かせ始めました。

昨年は10月19日に開花しているので、今年のタイワンホトトギスは昨年より1週間ほど早い開花となりました。

Ha0212101215271004thototogisu01
↑ タイワンホトトギスのつぼみ(2012/10/12 撮影)。

Ha0412101215291006thototogisu01
↑ 昨夜の恵みの雨を受けて花をさかせました(2012/10/12 撮影)。

Ha0612101215341013thototogisu01
↑ 花は上を向いて咲く。

Ha0812101215331010thototogisu01
↑ 花弁の斑点が、鳥のホトトギスの胸の模様に似ているところから「ホトトギス」と名付けられた。

Ha1012101215321009thototogisu01
↑ まだまだつぼみが沢山ついています。これから、次々と花を咲かせてくれるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/11

クモ(蜘蛛)3種

我が家の庭や菜園に出没している蜘蛛たちです。

オニグモに軒下の雨樋から庭のメドウセージにかけて大きな丸網を張られ’通せんぼ’されてしまいました。これはご勘弁願いたいと、網を取り払ったら、翌日は、少し離れたところに網を張りました。それにしても、大きなオニグモです。突然、ここにやってきて網を張り始めたのでしょうか、それともここで育っていたのでしょうか。今まで気がつかなかったのが不思議です。

                    オニグモ

Ha0012100507151004kumo01

↑ オ二グモ:コガネグモ科オニグモ属(2012/10/05 撮影)。

Ha0012100507161005kumo01

↑ 通り道が邪魔になるので網を取り払ったら、軒下の雨樋の蔭に隠れました(2012/10/05 撮影)。

逃げ込んでも後脚でしっかり糸を手繰っていました。

Ha0012100807241009kumo01
↑ 2日ほど、続けて取り払ったが、朝になると網が張ってありました(2012/10/08 撮影)。

Ha0012100807261011kumo01
↑ 今日、網を張った後を見たら未だ1本糸が家の雨樋からメドウセージまで張られてありました。これを足掛かりにして夕方、また網を張るつもりでしょうか?

                 ハエトリグモ

続きを読む "クモ(蜘蛛)3種"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/09

オオベンケイソウ、 パッションフルーツ(クダモノトケイソウ)

オオベンケイソウの花が咲きだしました。昨年と開花の時期はほぼおなじで奇しくも、昨年と同じ日のUPとなりました。

Ha0212100807311003hana301
↑ 長いつぼみの期間を過ぎて、ようやく花を咲かせ始めました(2012/10/09 撮影)。

Ha0412100807301002hana301

↑ 早いものは、8月から花を咲かせますが、我が家のオオベンケイソウはのんびり屋で、今頃花を咲かせます。

Ha0612100807341005hana301
↑ オオベンケイソウ:ベンケイソウ科 耐寒性多年草 

続きを読む "オオベンケイソウ、 パッションフルーツ(クダモノトケイソウ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/08

シュウメイギクが咲き始めました

秋の訪れを知らせてくれるシュウメイギク(秋明菊)が咲きだしました。

Ha0212100216221002syuhmeigiku123011
↑ 今年の1番花は、10月2日に咲きました。

Ha0412100216221003syuhmeigiku123011
↑ しかし、9月30日に襲来した台風17号の強風によって、残念ながら花弁が擦れて少し傷んでしまいました。

Ha0612100512311005syuhmeigiku123011
↑ 2番花は10月5日に咲きましたが、この花もその前日に本州に接近して来た台風19号の強風に煽られて、花が少々傷んでしまいまいました。

今年のシュウメイギクは1,2番花は、自然の厳しい試練にさらされて、傷だらけ、こういう年もあるのですね。

3度目の正直、今日は穏やかな天気だったので、そろい踏みで花を咲かせました。

続きを読む "シュウメイギクが咲き始めました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/07

裏庭のお客さん:ヒヨドリとシジュウカラ

秋の進行とともにヒヨドリが裏庭に足繁く通ってくるようになりました。そして、シジュウカラも雨上がりの今日、群でやってきてしばらく遊んで帰って行きました。

                    ヒヨドリ

Ha0212091909500903hiyororiame01
↑  秋の訪れとともに、裏庭にヒヨドリが姿を見せるようになりました(2012/09/19 撮影)。

Ha0412091909500902hiyororiame01
↑ 雨に濡れながら梅の枝に止まって頑張っています(2012/09/19 撮影)。

Ha0512100708591015kaki01
↑ お目当ては、梅の木の隣の柿の実のようです(2012/10/07 撮影)。

Ha0612100708581006hiyokara01
↑ 今日もやってきました。柿の実がやわらかく熟すのはもうすぐです(2012/10/07 撮影)。

                            シジュウカラ

続きを読む "裏庭のお客さん:ヒヨドリとシジュウカラ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/06

サツマイモの収穫期となりました

TVの気象情報によると、当地方の今日のお天気は午前中は曇りがちの天気だが、午後からは雨が降るというので、午前中に菜園に行きサツマイモムラサキイモ)の試し掘りをしました。

Ha0212100611381016satsumaimo01

↑ 菜園「山中畑」のサツマイモの畝(2012/10/06 撮影)。

9月に入って降雨があり、それまで干天で喘いでいたサツマイモ畑が勢いを戻しました。

今年はサツマイモを2か所に植えました。一つは、「丘の畑」と呼ぶ、やや乾燥した土壌環境の畑(8月22日にベニアズマの試し掘りをしています)と、もう一つは「山中畑」と呼んでいるやや湿潤な土壌環境の畑です。上の画像は、後者のやや湿潤な土壌環境のイモ畑です。

この畑には「ムラサキイモ(紫芋)」、「ベニアズマ(紅東)」、「タマユタカ(玉豊)」の3種類のサツマイモを栽培し、今日はその内「ムラサキイモ」「ベニアズマ」の試し掘りをしました。

                  ムラサキイモ

Ha0412100611391017satsumaimo01
↑  芋の中身が紫色をしたムラサキイモです。

Ha0612100611511006satsumaimo01
↑ 1株で9個のイモがついていました。思いのほかの上出来でちょっとびっくりでした。

 Ha0812100612211008satsumaimo01 Ha1012100612171007satsumaimo01

↑ 綺麗に洗って計量したら4kgありました。この内最も大きいイモは900gで、1本当たりの平均重は444gです。

Ha1212100613261012satsumaimo01_3
↑ 早速電子レンジでチンして味見をしてみました。仄かな甘味はありましたが、もう少し追熟した方がよいようです。蒸かし芋のほかに色々なレシピが考えられます。 そのレシピを、あれやこれやと考えるのがたのしみなんですね~

                   ベニアズマ

続きを読む "サツマイモの収穫期となりました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/10/05

冬野菜(キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、ハクサイ)の第1回追肥と中耕・土寄せをしました

本州上陸を心配された台風19号は、4日午前は伊豆諸島の東海上を北上し、4日夜には三陸沖を東北に進んで温帯低気圧となりました。このため、当地域の菜園は、殆ど被害をこうむらずに済み、ほっとしました。

台風通過後の今日は爽やかな菜園日和、予定をしていた冬野菜(キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、ハクサイ)の第1回追肥と中耕・土寄せを無事済ますことができました。

Ha0012100516411015yasaitsuihi01
↑ 左より右へ①寒冷紗防虫ネットを張ったキャベツの畝 ②同ネットを張ったブロッコリー・カリフラワーの畝③露地植えのハクサイ④寒冷紗防虫ネットを張ったハクサイ

 Ha0012100516321002yasaitsuihi01 Ha0012100516331003yasaitsuihi01

↑ キャベツ:9月16日植え付け。19日後、本葉10枚。

 Ha0012100516341004yasaitsuihi01 Ha0012100516351005yasaitsuihi01

↑ ブロッコリー:9月16日植え付け。19日後、本葉8枚。

 Ha0012100516351006yasaitsuihi01_2 Ha0012100516361007yasaitsuihi01

↑ カリフラワー:9月20日植え付け。15日後、本葉13~15枚。

 Ha0012100516381013yasaitsuihi01 Ha0012100516381010yasaitsuihi01

↑ ハクサイ(1): 9月20日植え付け。15日後、本葉10枚。

この畝はネットをかけないで作りました。葉がちょっと虫に食べられています。

 Ha0012100516361008yasaitsuihi01 Ha0012100516371009yasaitsuihi01

↑ ハクサイ(2): 9月20日植え付け。15日後、本葉10枚。

こちらは寒冷紗防虫ネットを張りました。殆ど虫害を受けていません。

追肥はすべて1株当たり化成肥料(14,14,14)を半握りを、畝間や株間に播いたあと、ハンディ・シャベルで中耕し、土が葉にかからないように、かつ葉を痛めないように注意しながら株元に土寄せしました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/04

フジバカマ(藤袴)

フジバカマ藤袴)が咲きだしました。つぼみは赤紫色ですが、花が咲くと薄いピンク色になり、さらに咲き進むと白っぽくなります。地植えですが、草丈は150cmくらいまで伸びます。

Ha0212100408321003fujibakama01
↑ 藤袴 :つぼみの頃は赤紫色です(2012/10/04 撮影)。

 フジバカマ:キク科ヒヨドリバナ属 多年草 

Ha0412100408321004fujibakama01
↑  フジバカマ(藤袴)は、山上憶良によって詠われた「秋の七草」(万葉集巻八)や、源氏物語の「藤袴」の巻など古くから文芸に登場し、日本ではよく知られている植物ですが 、花は地味で控え目に咲きます。花言葉は「ためらい」です。

Ha0812100413171005fujibakama01

↑ この花が「藤袴」と呼ばれるようになったのは、花の色が藤色で、花弁が袴に似ていることに由来しているそうです。でも、昨今は”袴”なと滅多にお目にかかれないので、そのイメージがわきませんね。


 Ha0612100408291002fujibakama01

↑ ためらいながら花を咲かせますが、咲き進むと、白髪の乱れ髪となります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/03

庭のマンジュシャゲ(曼珠沙華)が咲きだしました

昨日まで蕾の状態であったマンジュシャゲ曼珠沙華)が今朝咲きだしました。

埼玉県日高市巾着田のマンジュシャゲは広大な敷地に100万本もの花を咲かせるということで有名ですが、今年は(今年も?)厳しい暑さが続いて、開花が大幅に遅れ、今(10月3日現在)満開とのことです。

我が家のマンジュシャゲも、昨年、今年と2年続きの夏の酷暑が影響したのでしょう、例年は”お彼岸”(9月23日)の頃に花を咲かせるのが、10月に入っての開花となってしまいました。

Ha0112100308011002manjyusyagehana11
↑  マンジュシャゲ(A) (2012/10/03 08:11 撮影)。

Ha0512100308041005manjyusyagehana12
↑ マンジュシャゲ(B)(2012/10/03 08:04 撮影)。

Ha0612100308041006manjyusyagehana01
↑ マンジュシャゲ(C)(2012/10/03 08:04 撮影)。

正式和名は「ヒガンバナ(彼岸花)」ですが、マンジュシャゲ(曼珠沙華)の呼び名もよく使われています。 

英語名:Red spider lily 

球根(鱗茎)にはアルカロイドの一種のリコリンと呼ばれる有毒成分が含まれており、誤食すると吐き気や下痢を起こすので注意が必要。

続きを読む "庭のマンジュシャゲ(曼珠沙華)が咲きだしました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/02

ゴボウ掘り

台風17号が北上して今日は朝から爽やかな秋晴れの良いお天気となりました。6月5日に播種した菜園のゴボウが収穫の頃となったので、朝10時からゴボウ掘りをしました。

Ha0212100211061002gobou01
↑ 今年は台風の当たり年ですね。次の台風19号が明日、小笠原諸島に到達し、明後日は関東地方に接近し、天気が大荒れになるという。菜園の作業はお天気に左右されます。今日は、絶好の菜園日和です。

Ha0412100211141006gobou01
↑ ゴボウを掘り易いように、葉を刈り取りました。

Ha0612100215461010gobou01
↑ スコップを使って掘りましたが、ちょっとした土木工事並みです(A;´・ω・)アセアセ

40cm掘っても未だ下の方に伸びています。手持ちシャベルで先端を探りながら掘り進めたが、完全に掘るのは断念して、手で引っ張って抜きました。当然、先端は切れてしまいましたが仕方がありません。今日は、5本を掘って終了しました。残りは明日、掘ろうと思っています。

Ha0812100212251007gobou01

↑ 一番長いのは50cm(途中で折れなければもっと長い)で、枝別れをしたものが1本ありました。

「早太りの短いゴボウ(35~40cm)」とラベル「トーホク」には書いたあったが、結構長くなっていて、掘るのに苦労しました。

Ha1012100215251008gobou01
↑ 専業農家の方が作っておられるような立派な姿のゴボウにならなかったが、ここまで出来たので(o^-^o)です。

Ha1212100220241012gobou02_2
↑ 早速、夕飯のおかずに”きんぴらごぼう”が出ました。ゴボウの仄かな香りとしゃきとした歯触りが、何とも言えません。美味しくいただきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/01

台風一過、菜園は如何に!

今回の台風17号の動きにはやきもきさせられました。沖縄方面にのろのろと進んでいるうちに、後発の台風18号が本州沿いに北上して先に行ってしまいました。

18号に追い越された台風17号は、そのまま朝鮮半島方面に突っ込むかと思いきや、急に進路を東北にとり、速度を上げて本州へ向かってきました。

台風17号は風台風で、強風が吹き荒れて各地に被害をもたらしたが、大洪水や大規模な山崩れなどをともなわなかったのは、ラッキーだったと言うべきでしょうか。

Ha0012100116331010okanohatake100102
↑ 昨夜通過した台風17号、強風が吹き荒れたので菜園の防虫ネットが吹き飛ばされてはいないかと心配したが、無事だったので一安心(10月1日撮影)。

トンネル内のキャベツ、ブロッコリー、カルフラワー、ハクサイの苗は無事でした。 ネギ(画像左端)も被害軽微です。

でも、ヤマトイモの支柱(画像右端)の一部が倒れ、サトイモ(画像手前)は葉が大分傷んでしまいました。

 Ha0612100116271002okanohatake100101 Ha0812100116301003okanohatake100101

↑ キャベツの苗(左)、ブロッコリー(右)ともに無事でした。

 Ha0912092910560903okanohatake0930_4 Ha1012100116341006okanohatake100101

↑ 防虫ネットをかけないハクサイの苗も、風により葉が少し擦れた程度で、台風による大きな被害は受けませんでした。

左:台風前(9月29日撮影) 右:台風後(10月1日撮影)

Ha1212100116451009okanohatake100101

↑ 一番被害の大きかったのはピーマン(京波)です。枝がぽっきり折れてしまいました(10月1日撮影)。

Ha1412100118181012okanohatake1001_2
↑ 枝の折れたピーマン1株で約1kgの収穫がありました(10月1日撮影)。

まだ、小さいピーマンが残っているので、折れた枝を整理してもう少し育てることにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »