« イソギク(磯菊)とハナアブ(花虻) | トップページ | 里芋の収穫(第1回)、モズ(百舌鳥)裏庭を覗く »

2012/11/11

落花生の収穫をしました

今年の夏の乾燥で生育がやや遅れ気味だった落花生千葉半立ち:5月16日に播種)を昨日(11月10日)ようやく収穫し、「地干し」にしました。

Ha0212100417111003rakkaseiget01
↑ 今年の落花生は8月の干天で生育が遅れ、9月の降雨によって生育の遅れを取り戻した(2012/10/04 撮影)。

Ha0412111012291104rakkaseiget01
↑ 昨日(11月10日)、晴れ間を狙って掘り上げ、逆さにはざがけにして「地干し」をしました。

Ha0612111012301108rakkaseiget01
↑ 莢の付き方は、多いものはこれくらい。

Ha0012111012291107rakkaseiget01
↑ 少ないものは、この程度でした(最終的な計量は鞘取りのあとする予定)。

Ha0812111012311109rakkaseiget01
↑ ちょっとお勉強:粒々が付いた根が見られます。落花生の根に寄生した根粒(瘤)菌のしわざによるもので、根粒菌は大気中の窒素を固定する作用をもっていることで知られていますね。

Ha1012111112441112rakkaseiget01
↑ カラスが収穫した落花生を狙っていたので、今日、鳥除けネットを張りました。

落花生の産地として知られる茨城県では、掘り上げた落花生を干す場合、農家の方は「ボッチ積み」と呼ばれる方法で野積みすることが多いのですが、我が家のような家庭菜園規模では、「ボッチ積み」にするほど沢山の落花生はつくっていないので、小規模な「地干し」にしました。高さ1mのプランター用スタンドを間隔をあけて4個並べ、その上に干し竿(竹竿)を2列おいて紐で固定し、掘り上げた落花生を、それぞれの竿におだがけにしています。

このまま1週間くらい乾燥(茎葉水分50%以下が目安)させた後、茎から鞘を外して水洗い、選別をしたあと、かごケースに入れて天日干しをする予定にしています。

|

« イソギク(磯菊)とハナアブ(花虻) | トップページ | 里芋の収穫(第1回)、モズ(百舌鳥)裏庭を覗く »

家庭菜園」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
落花生の収穫、何よりでしたね。
小学生のときに学校の菜園で育てたことを
思い出しました。

投稿: mico | 2012/11/12 14:02

mico さん、今晩は!
コメントあるがとうございます。
落花生の収穫の時期となりました。
何はともあれ、一生懸命育てたものが収穫までこぎつけたことは、嬉しいですね。天地の恵みに感謝です。

投稿: ぴょんぴょん | 2012/11/12 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/56091859

この記事へのトラックバック一覧です: 落花生の収穫をしました:

« イソギク(磯菊)とハナアブ(花虻) | トップページ | 里芋の収穫(第1回)、モズ(百舌鳥)裏庭を覗く »