« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月の記事

2013/01/20

シメ

シメが今年もA公園にやって来ました。何時見てもそのユニークな顔の表情は見ていて飽きません。

Ha0213011813210120shime01
↑ シメ:地表に落ちた餌を探して食べていました( 2012/01/18 撮影)。

Ha0413011813210121shime01
↑ 地面を突っついているため嘴の先が黒く汚れています。

Ha0613011813220123shime01
↑ 私に気がついたのでしょうか、ちょっと警戒しています。

Ha0813011813230124shime01
↑ しかしすぐ飛び立つような気配はありません。

Ha1013011813230126shime01
↑ 同じ場所に立ったままで、もう一度振り返りました。

Ha1213011813230125shime01
↑ 今度は正面から睨まれました。そして、おもむろに木の上に飛び上がりました。

続きを読む "シメ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/19

ジョウビタキ♀

キクイタダに会った翌日、また会いたいと思い同じ公園の同じ場所で待っのですが、キクイタダキちゃんは姿を見せてくれませんでした。

その代わり、近くの東屋の傍の丘に可愛い顔をしたジョウビタキの女の子が歓迎してくれました。

Ha0213011813080106jyohbitakimesu01
↑  ジョウビタキ♀:スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科 冬鳥

キクイタダキに会いたかったのですが、この日はなぜか、キクイタダキは一向に姿を見せてくれませんでした。

Ha0413011813070104jyohbitakimesu01
↑ それを知ったのでしょうか、可愛いジョウビタキの女の子が、盛んに愛嬌をふりまいて慰めてくれました。

Ha0613011813070105jyohbitakimesu01
↑ でも、正面から睨まれると、女の子でもちょっと怖いです。

Ha0813011813100119jyohbitakimesu01
↑ 翼の白斑がジヨウビタキのトレードマークですね。

Ha1013011813090114jyohbitakimesu01
↑ 最後に後姿を披露してくれて、サービス満点でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/17

キクイタダキ

1月14日に降った雪は、日蔭の部分が僅かに残っているが、大部分は融けて無くなりました。雪で混乱した道路事情も落ち着いてきたので、近くのA公園に鳥見に行きました。

鳥見・鳥撮のお目当てはキクイタダキです。朝方は寒かったのでゆっくり家を出て、公園に着いたときは11時頃でした。

園内を散歩して、鳥たちの様子を下見して、キクイタダキがきそうなポイントの近くでお弁当を食べながら待っていたら、予想どうり、キクイタダキが、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラの混群と一緒にやって来ました。そして、そのポイントで10分くらい採餌した後、またどことなく去って行きました。

Ha0213011712000112kikuitadakiakatsu
↑  キクイタダキ:スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科

日本で最小(全長約10cm)で、かつ最軽量(体重約6g)の野鳥です。

松の木の高いところを素早く飛びまわっていました。暫くは、下からお腹ばかりしか撮れませんでした。頭部が見られないので正確なことは言えませんが、この子はメスのように見えます。

Ha0413011711580104kikuitadakiakatsu
↑ 枝葉の間を素早く動き回るので、カメラがこれに即応して追従出来ません。ピンボケ、ピンずれの量産です。

Ha0613011711580105kikuitadakiakatsu
↑ そして、なかなか、頭頂部を見せてくれません。噂の通り、撮影の難易度一番の野鳥であるということが判りました。

Ha0813011711590106kikuitadakiakatsu
↑ 以下3枚は上の3枚とは別の個体です。この子も頭頂部を見せてくれませんでした。Ha1013011711590107kikuitadakiakatsu
↑ 表情が優しいので、この子も女の子かな~

Ha1213011711590108kikuitadakiakatsu
↑ 止まったと思ったら素早く飛び上がってしまいました。

Ha2013011712000113kikuitadakiakat_2
↑ やっと、翼の模様が確認出来ました。目の周囲も白いです。

Ha2213011712010114kikuitadakiakatsu
↑ 依然として、松の枝葉の中を素早く動きまわって採餌しています。

Ha2413011712010115kikuitadakiakatsu
↑ 念願の頭頂部は見せてくれませんが、キクイタダキさんの愛らしいいろいろな表情を楽しめたので大満足でした。 頭頂の菊様羽毛の撮影は次回の楽しみとして残しておきます。

キクイタダキは私にとっては念願の野鳥で、初見・初撮りの鳥です。名前の由来の頭頂の黄色の紋様は肉眼では確認したが、写真では明瞭に撮ることが出来ず残念でした。しかし、色々な表情をした愛らしい姿が撮れたので大満足でした。今日は私のライファーが一つ増えた記念すべき日となりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/01/16

マンサクの花が咲きだしました

昨日(14日)は、関東地方に初雪が降りました。当地方は始めは雨でしたが気温が低くなるにつれて雪になり、結局3cmくらいの積雪深になりました。気象庁のアメダスつくば(舘野)地点の観測データでは14日の降水量は40.5mmでした。このデータから、雪の密度を0.3とすると、ざっと、全降水量の4分の1ほどが雪になったのかな~と思っています。

今日、雪が融けた庭に出て、マンサクの木を見たら、黄花のマンサクが咲きかけていました。寒さはまだまだ続くと思いますが、少しづつ春が近づいているようです。

Ha0213011510120105mansakukiiro01
↑ 春を告げる黄花のマンサクが咲きだしました( 2013/01/15 撮影)。

ここでは、単に「黄花のマンサク」と呼びましたが、「シナマンサク」かと思います。

Ha0413011510220109mansakukiiro01
↑ 紐のような黄色い花びらがユニークです。

Ha0613011510110103mansakukiiro01
↑ 葉は未だ落ちずに残っているものがかなりあります。手で引っ張ってもなかなか落ちません。

続きを読む "マンサクの花が咲きだしました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/14

ソシンロウバイ / 初雪の野鳥たち

今日は3連休の最後の日で成人の日。今年成人になられる皆様、新しき人生の門出に当たって、何か期することがありましたでしょうか。青年老い易く、学成り難しです。これから仲間入りするであろう、世界は一筋縄ではいきません、安逸に堕すことなく、高き目標に向かって、刻苦精励されることを期待しています。

Ha0013011314450107sosinroubai01
↑ ソシンロウバイ:春の訪れを知らせてくれるソシンロウバイの花が、例年初詣でお参りしている一の矢八坂神社の境内で、1輪だけでしたが咲いていました。

Ha0013011314420102sosinroubai01
↑ 後に続く蕾も春を待ちかまえています。冬来りなば春遠からじです。

今年は、寒い日が続いたせいか、例年より開花が遅れています。でもこの寒さの中で、健気にもロウバイが一輪、他の花に先駆けて、花を咲かせてくれました。 それは、いま日本が苦闘している様々な困苦に打ち勝っべく健闘している若人のごとく見えました。

続きを読む "ソシンロウバイ / 初雪の野鳥たち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/12

柿畑の餌場争奪戦:ツグミ、キジバト、アカハラ、ムクドリ

裏庭に続いたお隣の柿畑は、もう柿の実はすっかり無くなってしまいましたが、それでも何か食べるものがあるようで、野鳥たちが毎日のように餌を求めて訪ねてきます。

今朝もお食事タイムの柿畑はツグミ、キジバト、アカハラ、ムクドリ、ヒヨドリ、ハクセキレイなどが次々とやってきて食事場は大混雑で、ちょっとした諍いも生じていました。

             裏の柿畑に来た朝野鳥たち

Ha0213011210320113esabanotori01
↑ ツグミ : 去年の暮れから柿畑を縄張りとして採餌を続けているツグミさん。 柿畑の主ともいえる今冬の先住鳥です。

Ha0413011209580104esabanotori01
↑ キジバト : 近くで営巣して繁殖しているキジバトさん。数羽の群れでやって来ます。 

Ha0613011210310108esabanotori01
↑ アカハラ : 暮のうちから近くの庭木を塒にして、棲みついているようですが用心深くてなかなか写真を取らせてくれませんでした。朝夕の薄暗い時間帯、あるいは曇天日に出没しています。

Ha0813011209580102esabanotori01
↑ ムクドリ : 夏から秋にかけて大群集を形成して、都市公園の森や街路樹などに塒を構えたりするので、夜間の騒音や糞害に悩まされたりする人もおります。現在は、家族単位程度の小群に分散して採餌しているようで比較的おとなしいです。

続きを読む "柿畑の餌場争奪戦:ツグミ、キジバト、アカハラ、ムクドリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/10

干し芋づくり

このところ、寒い日が続くので菜園の仕事はほどほどにして、今日は、暮からの宿題の’干し芋づくり’をしました。

干し芋づくりは、今年3年目で、まだまだ試行錯誤の段階で、なかなか思ったようにつくれないでいますが、サツマイモの栽培から最終の干し芋まで、すべて手作りなので、失敗作でも美味しくいただいています。

Ha0213011009310102hoshiimozukuri01
↑ 干し芋は、我が家の菜園で収穫したサツマイモで品種はタマユタカ(玉豊)です。

Ha0413011009340104hoshiimozukuri01
↑ 我が家では、大きな蒸かし器は持っていないので、大きなサツマイモだと3個しか入りません。

Ha0613011014100111hoshiimozukuri01
↑ そこで、今年は、もう1個蒸かし器を購入して2個の蒸かし器を使ってイモを蒸かしました。 それでも同時に6~7個のイモしか蒸かすことができません。

Ha0813011015340113hoshiimozukuri01
↑ 蒸かし方は、 1昨年(2011年12月19日 掲載) 昨年(2012年2月5日掲載) とほぼ同じで、蒸かし終わるのに、約1時間30分ほどかかりました。

2個の蒸かし器を使って、午前と午後の2回、合計12個のイモを蒸かしました。干し芋用のサツマイモはまだかなり残っているので、後日またつくる予定です。

Ha1013011012210110hoshiimozukuri01
↑ 蒸かしたイモは少し冷ましたあと、包丁で皮をむき、7~8mmくらいの厚さにして縦切にしました。

Ha1213011016260115hoshiimozukuri01
↑ イモの干し格子は100均ショップで購入し、周囲を鳥除けのネットで囲いました。

干し芋は、急いで食べたいときは2~3日で食べられますが、通常のお天気ならば1週間ほどで、できあがるかと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/01/07

菜園の耕事始め:野菜の収穫

3日は地区の新年宴会、4日は仕事始め、5日は小寒で寒の入り、6日は消防の出初め式、7日は七草で、瞬く間にお正月の1週間が過ぎてしまいました。

昨日は、寒さは厳しかったのですが風が穏やかだったので、菜園の耕事始めとして、畑の野菜の生長の点検と、野菜~キャベツ、芽キャベツ、ブロッコリー~を収穫してきました。

Ha0213010615050120yasaiokanohatake0
↑  我が家の菜園の最後のキャベツです。

Ha0413010614580111yasaiokanohatake0
↑ 芽キャベツはこれから収穫が始まります。

Ha0613010712180135yasaiokanohatake0
↑ キャベツはまだ数個新聞紙に包んで物置に保存しているので、まだ当分の間は食べられるでしょう。

Ha0813010615050121yasaiokanohatake0
↑ ブロッコリーは2個収穫しました。まだ1個残っており、小さな脇芽ももう少し生長すれば食べられます。

Ha0913010720390136yasaiokanohatake0
↑ 七草粥は材料不足で食べることは出来なかったのですが、この冬野菜を七草粥の代わりにして食べました。

                菜園の現況

続きを読む "菜園の耕事始め:野菜の収穫"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/01/04

ミツマタのつぼみ

今日は1月4日、お正月の三が日はあっという間に過ぎて仕事始めの日です。

日中は柔らかい陽ざしでおだやがでしたが、午後になって冷たい風が吹きだし、まだまだ当分厳しい寒さの日は続くような気配です。

そのような中で、ミツマタは、春の花を咲かせる準備を着々と進めているようで、蕾が大きく膨らんでいました。

Ha0213010414300106mitsumata01
↑  ミツマタのつぼみ( 2013/01/04 撮影 つくば市春日)。

ミツマタ:ジンチョウゲ科ミツマタ属 落葉低木 

枝が3本股状に分かれて分岐を繰り返して生長する。花も枝が三つに分かれてその先端に頭状花序をつける。

Ha0413010414290103mitsumata01
↑  もうすぐ花咲く春です。ミツマタは間もなく訪れるであろう春の準備を着々と進めています。

花は花弁が無く、花弁のように見えるのはガク(顎)片であるという。

Ha0613010414280102mitsumata01
↑ 樹皮の繊維質は強靭で、良質な紙の原料として使われ、日本の紙幣はミツマタを原料として使われていることで有名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/02

ホオジロ

午後2時30分、鳥見の時間帯としては少し遅いが、お正月のご馳走を食べて家にばかりいたのでは身体が鈍ってしまうと思い、近くの蓮田川までカメラを持って散歩にでかけました。久しぶりの散歩道には、ホオジロ、モズ、セグロセキレイ、ツグミなどが出迎えてくれました。

ホオジロは、数羽の群でいましたが、未だ警戒心が強く、すぐ草むらの中に隠れてしまいます。それでも、リーダー格と思しき1羽が枝上に止まって留まりました。さっさと逃げないで、途中で留まったりしているのは、侵入者の目をそらして仲間を逃げさせる為の行動なのでしょうか。そして、このリーダと思しきホオジロは侵入者がどのように行動するのか注意深く観視しているようにも見えました。

Ha0213010214520106hohjiro02
↑ 川辺の散歩道でホオジロの群に会いました(2013/01/02 撮影)

ホオジロさん、今年初見・初撮りです。でも、はにかみ屋で人の姿を見るとすく草原の中に隠れてしまいます。

Ha0313010214520117hohjiro02
↑ この個体は群のなかのリーダー格らしきホオジロで、群(家族?)の仲間が、草叢の奥深くに隠れも、目立つところに止まって周囲を見廻していました。

こちらを向いた顔は少々’強面’ですね。睨まれるとちょっと怖い。

Ha0613010214520109hohjiro02
↑ 周囲をぐるりと見回しています。

Ha0813010214520112hohjiro02
↑ そして、肩越しにこちらの様子を窺いました。そして、姿勢は何時でも逃げ出せる態勢です。

深追いは禁物です。また合う機会はいくらでもあります。今日は、これでお別れをしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/01/01

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

昨年はブログへの沢山のご訪問とコメントを頂き有難うございました。本年もどうぞよろしくお願い致します。

Ha0013010107370106hatsuhinode01
↑ 我が家の2階から拝んだ初日の出(2014年元旦)

暮に2歳の孫と娘が来て、一緒にお正月を迎えました。恒例のお宮参りは今年はパスしましたが、その代わりショッピングセンター・イーアスに行きました。イーアスは、お正月の大売り出しなどもあって、どの店も大変混みあっていました。私はといえば、N電気店でIODATAの2TB外付けHD(USB3.0/2.0対応)が7980円でしたので、即購入しました。

Ha0013010114060105tsukubane01
↑ 常陸の谷津田と台地の森越しに遠望した元旦の筑波山。

Ha0013010115100106tsukubane01
↑ つくば研究学園駅付近から眺めた元旦の筑波山。

左の峰が男体山、右の峰が女体山。両峰の間を男女川が流下する。

筑波山は豊穣に山、男女の縁結びの山として昔から親しまれています。今年も作物が豊穣で、若き人達が良き縁で結ばれるようお祈りいたします。

   「筑波嶺の峰より落つる男女川 恋ぞつもりて淵となりぬる。

                        陽成院 「後撰集」

男女川は下流で桜川と名を変え、土浦市内を貫流して霞が浦に注ぎます。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »