« 菜園の耕事始め:野菜の収穫 | トップページ | 柿畑の餌場争奪戦:ツグミ、キジバト、アカハラ、ムクドリ »

2013/01/10

干し芋づくり

このところ、寒い日が続くので菜園の仕事はほどほどにして、今日は、暮からの宿題の’干し芋づくり’をしました。

干し芋づくりは、今年3年目で、まだまだ試行錯誤の段階で、なかなか思ったようにつくれないでいますが、サツマイモの栽培から最終の干し芋まで、すべて手作りなので、失敗作でも美味しくいただいています。

Ha0213011009310102hoshiimozukuri01
↑ 干し芋は、我が家の菜園で収穫したサツマイモで品種はタマユタカ(玉豊)です。

Ha0413011009340104hoshiimozukuri01
↑ 我が家では、大きな蒸かし器は持っていないので、大きなサツマイモだと3個しか入りません。

Ha0613011014100111hoshiimozukuri01
↑ そこで、今年は、もう1個蒸かし器を購入して2個の蒸かし器を使ってイモを蒸かしました。 それでも同時に6~7個のイモしか蒸かすことができません。

Ha0813011015340113hoshiimozukuri01
↑ 蒸かし方は、 1昨年(2011年12月19日 掲載) 昨年(2012年2月5日掲載) とほぼ同じで、蒸かし終わるのに、約1時間30分ほどかかりました。

2個の蒸かし器を使って、午前と午後の2回、合計12個のイモを蒸かしました。干し芋用のサツマイモはまだかなり残っているので、後日またつくる予定です。

Ha1013011012210110hoshiimozukuri01
↑ 蒸かしたイモは少し冷ましたあと、包丁で皮をむき、7~8mmくらいの厚さにして縦切にしました。

Ha1213011016260115hoshiimozukuri01
↑ イモの干し格子は100均ショップで購入し、周囲を鳥除けのネットで囲いました。

干し芋は、急いで食べたいときは2~3日で食べられますが、通常のお天気ならば1週間ほどで、できあがるかと思います。

|

« 菜園の耕事始め:野菜の収穫 | トップページ | 柿畑の餌場争奪戦:ツグミ、キジバト、アカハラ、ムクドリ »

家庭菜園」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

soccer
干しイモいいですネー!大好物なんです。
ただ値段がネックで、安いのは中国産なのが残念です。

投稿: takacci | 2013/01/10 23:04

こんにちは
干し芋の出来上がりが楽しみですね。
子供の頃、母がよく作ってくれたことを
思いました。

投稿: mico | 2013/01/11 11:03

★こんばんは★

たくさんの玉豊で干しイモ作りお疲れさまでした。
えっ、通常1週間位で出来あがりですかw(゚o゚)w

実は友達から玉豊をいただいて、作ってみたのですが、干し過ぎで、固くてなかなか歯が立ちませんcoldsweats01

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: よびばあ | 2013/01/12 21:15

takacci さん、今晩は
ご訪問&コメント有難うございます。
干しイモ大好物ですか、私も大好物で目がありません。
そこで、3年前から自家生産(ちょっと大げさでしょうか)することにしました。
まだ、綺麗な粉がふくまでにはいっていませんが、
愉しみながらつくって食べています。

投稿: ぴょんぴょん | 2013/01/14 23:05

mico さん、今晩は
干し芋、年配の方はよく食べられたかと思います。
私も、子供の頃食べた味が忘れられなくて、つくってみました。茨城県は干し芋の一大産地なので、干し芋づくりのお師匠さんに作り方を教わりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2013/01/14 23:10

よびばあ さん、今晩は
よび さまも玉豊でつくられましたか、
平干しの干し芋は3日くらいから1週間くらい干して、ねっとりとした程度の干し具合が一番食べ易いようですよ。
この記事を掲載した後、1月12日の読売新聞茨城版に「干し芋の季節」と題して、ひたちなか市、那珂市、東海村の干し芋づくりが紹介されていました。茨城県のこの3市で全国の干し芋生産の8割を占めているそうです。

投稿: ぴょんぴょん | 2013/01/14 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/56511882

この記事へのトラックバック一覧です: 干し芋づくり:

« 菜園の耕事始め:野菜の収穫 | トップページ | 柿畑の餌場争奪戦:ツグミ、キジバト、アカハラ、ムクドリ »