« ホオジロ | トップページ | 菜園の耕事始め:野菜の収穫 »

2013/01/04

ミツマタのつぼみ

今日は1月4日、お正月の三が日はあっという間に過ぎて仕事始めの日です。

日中は柔らかい陽ざしでおだやがでしたが、午後になって冷たい風が吹きだし、まだまだ当分厳しい寒さの日は続くような気配です。

そのような中で、ミツマタは、春の花を咲かせる準備を着々と進めているようで、蕾が大きく膨らんでいました。

Ha0213010414300106mitsumata01
↑  ミツマタのつぼみ( 2013/01/04 撮影 つくば市春日)。

ミツマタ:ジンチョウゲ科ミツマタ属 落葉低木 

枝が3本股状に分かれて分岐を繰り返して生長する。花も枝が三つに分かれてその先端に頭状花序をつける。

Ha0413010414290103mitsumata01
↑  もうすぐ花咲く春です。ミツマタは間もなく訪れるであろう春の準備を着々と進めています。

花は花弁が無く、花弁のように見えるのはガク(顎)片であるという。

Ha0613010414280102mitsumata01
↑ 樹皮の繊維質は強靭で、良質な紙の原料として使われ、日本の紙幣はミツマタを原料として使われていることで有名。

|

« ホオジロ | トップページ | 菜園の耕事始め:野菜の収穫 »

樹木」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/56468449

この記事へのトラックバック一覧です: ミツマタのつぼみ:

« ホオジロ | トップページ | 菜園の耕事始め:野菜の収穫 »