« 花芽:春の味覚を愉しむ | トップページ | おそ霜(晩霜)で冷やり / ネギを移植しました »

2013/03/25

トサミズキ / 手賀沼の春

トサミズキの花が、黄色い鈴をつけたように房状になって咲きだしました。四国高知県(土佐)の蛇紋岩地帯に野生種がみられ、葉がミズキの葉に似ている ところからトサミズキと名づけられたという。

Ha032013a_0320_163500r0020703tosami

↑ 今年も花を咲かせてくれた庭のトサミズキ(撮影 2013/04/20)。

 我が家では、トサミズキの開花がジャガイモの植え付けのメルクマールとなっています。昨年は、3月27日にジャガイモを植え付けるましたが、今年は3月17日にジャガイモを植え付けました。

Ha022013a_0320_093545r0020499tosami
↑ トサミズキは、名前に’ミズキ’とありますが、ミズキ科の仲間ではなく、マンサク科の仲間なのですね。

でも、一見するとマンサクの花とはちょっと違うように見えますが、果実を見ると、ミズキは核果(球形の集合果)であるのに対して、トサミズキやマンサクは朔果(中に2個の種子がある) なので、なるほどと納得出来ます。

Ha102013b_0323_135611r0020915tosami
↑ 花言葉;愛、優雅、清楚、伝言

     手賀沼公園・手賀の丘公園へ花見と鳥見に行きました

 

娘がサバティカルの休暇を得て、2歳の孫娘と遊びにきました。日曜日にはパパも来たので、揃ってお花見がてら手賀沼に行きました。手賀沼は何度か訪れたことは会ったが「我孫子市鳥の博物館」には入ったことがなかったので、これを機会に、孫娘と入りました。孫娘は沢山の鳥のはく製標本を眺めて大喜び、我が家によく来るヒヨドリやシジュウカラ、メジロを見つけて完成をあげていました。博物館を出たあと、「手賀沼公園」と遊歩道を散策した後、柏市の「手賀の丘公園」に行きました。この公園では孫娘は「恐竜のすべり台」が大分気に入ったようで、閉園近くまで遊んでいました。その間、私と妻君は鳥見を楽しみました。

To012013_0324a_152518dsc_7362kawaur
↑ 手賀沼の春:花よりはどうしても鳥に目が向いてしまいます。

To022013a_0324_153530dsc_7412kawase
↑ 岸辺の葦にカワセミが飛びまわっていました。

To032013a_0324_152135dsc_7340kamore
↑ カモが寄って来ました。

To03a2013a_0324_152050dsc_7325ohban
↑ 少し離れてオオバンが遊泳。

To042013a_0324_161817dsc_7457mejiro
↑ 「手賀の丘公園」の桜林ではメジロが桜の花の蜜を吸っていました。

To052013a_0324_161839dsc_7467yamaga
↑ ヤマガラも元気に飛びまわっていました。

お天気は花曇りでしたが、風が無くて花見・鳥見とお遊びが楽しめました。

 

|

« 花芽:春の味覚を愉しむ | トップページ | おそ霜(晩霜)で冷やり / ネギを移植しました »

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私のフィ-ルドの公園にトサミズキの花が咲いていて
そこにヒヨドリが花を摘んでいたのを写真に収め、
ブログにアップしましたが、ぴょんぴょんさんのように
綺麗に咲いていませんでした。

花や野菜を丹精こめて育てているのですね!
収穫した野菜はさぞかし美味しいでしょうね。

私も少し小さな庭で夏野菜を作っていましたが、、、
トマト、キュウリ、ナスぐらいですが・・・

投稿: でこっち | 2013/03/25 20:06

でこっち  さん、今晩は!
御来訪&コメント有難うございます。
黄色いトサミズキの花は、ちょっぴりオレンジ色のシベがチャーミングポイントとなっており、私の気に入っている花の一つです。
野菜も、新鮮なものを食べようということで、楽しみながら作っています。
ときどきお邪魔しますのでよろしくお願いします。

投稿: ぴょんぴょん | 2013/03/26 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/57030761

この記事へのトラックバック一覧です: トサミズキ / 手賀沼の春:

« 花芽:春の味覚を愉しむ | トップページ | おそ霜(晩霜)で冷やり / ネギを移植しました »