« ささげ(大角豆)を収穫しました | トップページ | 富士山奥庭の日帰り探鳥ツアー(2):ウソ »

2013/08/22

富士山奥庭の日帰り探鳥ツアー(1):キべりタテハ

YB社の日帰りバードウオッチング・ツーアに参加して、富士山五合目の奥庭自然公園で自然を愉しみ、野鳥たちに会ってきました。

今年は、西南日本や関東地方の平野・平地部は記録的な猛暑となりましたが、標高2400mもある富士山五合目の当日の気象情報(「富士山五合目観光協会」による)は、気温18℃前後の涼しさで下界と比べればまさに天国でした。 第1回はコースの景色と蝶々の画像を載せました。次回から野鳥を載せます。

Ta022013a_0820_092804r0031687fuji
↑ 朝8時、専用バスに乗り新宿西口を出発。中央道・富士スバルライン経由で富士山五合目奥庭へ直行。

Ta032013a_0820_093223r0031688fujire
↑ 9時32分 : 富士山が正面に見えはじめました。 少し雲がかかっています。でも、雨にはならないでしょう。

Ta042013a_0820_093836r00316931
↑ 9時38分: 富士急ハイランドのジェットコースターの脇を通過。

Ta062013a_0820_094341r00316951
↑ 9時43分 : 富士スバルラインに入る。チャリンコ・ライダーさん達が頑張っています。

Ta092013a_0820_094616r0031698tainai
↑ 9時46分16秒 : 「胎内洞窟入り口」につきました。

Ta102013a_0820_094646r00316991
↑ 9時46分46秒 : 8月2日から8月25日までは、マイカーは規制中なので、ここからはマイカーは入れません。バス、タクシーは通行できるが、通行料は高くなっています。

Ta112013a_0820_100243r00317082
↑ 10時2分 : 「樹海台駐車場」を通過。標高1663mで、少しガスがかかって来ました。 建物は新築ほやほやの公共トイレ(無料)です。

Ta122013a_0820_101014r00317131
↑ 10時10分 : 大沢駐車場。 標高2020m。

Ta142013a_0820_101034r00317141
↑ 10時10分34秒 : 大沢駐車場からの展望は残念ながら雲がかかって視界がききません。 マイカー規制で、駐車場には1台の車もありません。

ここにも樹海台駐車場と同じ形の新築のトイレがありました。

Ta182013a_0820_155035r0031734okuniw
↑ 11時5分 : 五合目 「奥庭 自然公園駐車場」に到着しました。

標高2400mで、森林限界に近い高度です。

Ta162013a_0820_154708r0031729fujisa
↑ 奥庭 自然公園駐車場から眺めた富士山頂。

Ta202013b_0820_155123r00317362re
↑ 奥庭荘入口。石畳の道300m(歩いて約5分)ほど行くと「奥庭荘」に着きます。

Ta222013a_0820_102525r0031717orgre
↑ 周囲は鬱蒼たる森林です。

Ta252013a_0820_113837img_0546mizuba
↑ 11時38分:奥庭荘に着きました。奥庭荘に面した森林の一角に水場があり、野鳥たちが水を飲んだり、水浴びをするために集まって来ます。この水場は奥庭荘のご主人が水が枯渇しないよう、給水したりして保護・管理しているとのことです。

Ta262013a_0820_140853r0031725tengui

↑ 奥庭荘のすぐ近くに、天狗岩と呼ばれている岩が祀られています。

Ta282013a_0820_141536r0031726tengui
↑ この辺一帯は、あまりにも景色が良いので天狗が遊んだ庭~奥庭~で、

大岩は天狗が天に登るとき、台石として使った岩であると言われています。

地名の「奥庭」はこの天狗の伝承に由来しています。

                         キベリタテハ(黄縁立翅)

2013a_0820_121210img_05841
↑ 水場にはキべりタテハも舞っていました。

キべりタテハは日本では中部地方の高山から福島県以北にかけての冷涼地域に分布する北方系の蝶です(Wikidpediaによる)。

2013a_0820_121234img_05861
↑ キべりタテハ:タテハチョウ科 開帳67cmでアゲハチョウよりは小さいがかなり大型の蝶です。

成虫は林道や湿地などに現れ、花に来ることは無い。もっぱら樹液や腐った果実などを訪れてその汁を吸う。

2013a_0820_112949r00317231
↑ コンクリ-トの道路にも止まってくれました。 

幼虫の食草はダケカンバ、ドロノキ、オオバヤナギなど。

|

« ささげ(大角豆)を収穫しました | トップページ | 富士山奥庭の日帰り探鳥ツアー(2):ウソ »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/58036404

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山奥庭の日帰り探鳥ツアー(1):キべりタテハ:

« ささげ(大角豆)を収穫しました | トップページ | 富士山奥庭の日帰り探鳥ツアー(2):ウソ »