« チロリアンランプ | トップページ | モミジアオイ »

2013/09/02

シコンノボタンとクレマチス

今年もシコンノボタンが、忘れることなく花を咲かせてくれました。クレマチスは四季咲きのマルチブルーが初夏の一番花よりも一回り小さな花で初秋を飾ってくれました。一方、ドクターラッペルは仙人の髭を丸めた様な種子の玉を作りました。

Ha042013a_0902_093957r0031998snobot

↑ シコンノボタンが元気に咲きだしました(撮影 2013/09/02)。

オシベがクモ(蜘蛛)の足のように見えることから、スパイダー・フラワーとも呼ばれる。

              シコンノボタン(紫紺野牡丹)

Ha062013a_0902_065035img_1272snobot
↑ 1個の花は1~2日で散ってしまうが、蕾が沢山ついており、次から次えと咲いてくれるのでながく花を楽しめて嬉しいですね。

シコンノボタン:ノボタン科シコンノボタン属 常緑低木 原産地:中南米

          クレマチス・マルチブルー/ドクターラッペル

Ha022013a_0902_064340img_1230clema
↑ クレマチス・マルチブルーも開花しました(撮影 2013/09/02)。

秋の花は、夏の一番花よりも一回り小さいです。

Ha042013a_0902_144150r0032049clemad
↑ クレマチス・ドクターラッペルは花は咲かいが、種子を結びました。挿芽で増やすのもよろしいですが、実生で増やすのも楽しみです。

 

|

« チロリアンランプ | トップページ | モミジアオイ »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/58116582

この記事へのトラックバック一覧です: シコンノボタンとクレマチス:

« チロリアンランプ | トップページ | モミジアオイ »