« ヒガンバナ | トップページ | 浮島・妙岐の鼻の鳥見(1):ミサゴ »

2013/09/25

チェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ・ホットリプス)

チェリーセージが咲きだしました。チェリーセージの開花期は5月から11月までと非常に長く、条件さえよければ、この期間中いつでも花を咲かせるようです。そして、我が家のチェリーセージは年に2回、初夏の6月と初秋の9月に花を咲かせて、楽しませてくれます。

Ha022013a_0924_151335r0033483cherry
↑ チェリーセージが咲きだしました(撮影 2013/09/24)。

初夏の6月頃に咲きだし、暑い夏の時期は一休みして、9月に入ってまた咲いてくれます。

注:チェリーセージは通称で、「サルビア・ミクロフィラ」、「同・グレッギー」、「同・ヤメンシス」など、いくつかの種類の総称として用いられています。本種は、その内の「サルビア・ミクロフィラ・ホットリプス」と呼ばれている品種です。

Ha042013a_0924_151818r0033512aka
↑ 同じ株に赤、白と赤白の2色が混合した花が咲きます。

Ha062013a_0924_151832r0033513shiro

↑ 赤色になったり、白色になったりする花色の変化は温度環境に支配されて変わる といわれています。

Ha082013a_0924_151859r0033519akashi
↑ 赤と白のツートーンカラーの花も咲いています。

花の色や、花の形を一つ一つ確かめながら眺めていると時間の経つのを忘れてしまいます。

 

|

« ヒガンバナ | トップページ | 浮島・妙岐の鼻の鳥見(1):ミサゴ »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
3種類の中で紅白のが好きですが、時々赤になったり変化すること無いですか?
近所のも毎年咲くのですが毎年比率が変わりますが?

投稿: 花の伝道師 | 2013/09/26 14:25

花の伝道師 さん、今晩は!
同じ株に、赤花、白花、赤白ミックスの花が咲くのが面白いです。
温度が高い時は赤花の割合が多く、温度が低い環境の時は白花が卓越するようです。
今年は赤花の割合が80%くらいで、暑い今年の夏を反映しているのかも知れません。でも、これは感覚的・主観的なもので、厳密に検証している訳ではありません。もう少し、観察を続けたいと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2013/09/26 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/58263852

この記事へのトラックバック一覧です: チェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ・ホットリプス):

« ヒガンバナ | トップページ | 浮島・妙岐の鼻の鳥見(1):ミサゴ »